ニュースリリース

プレスリリース2019年7月23日 10:44

ブロックチェーンを活用した音楽投資システムの特許出願のお知らせ

/data/blog/archive/original/45355.png               /data/blog/archive/original/45047.jpg      
                           

                        
2019年7月23日 
ミュージックセキュリティーズ株式会社

                                 

ブロックチェーンを活用した音楽投資システムの特許出願のお知らせ 


     
この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:小松真実/以下「当社」)は、ブロックチェーンを活用した音楽投資システムについての特許を出願いたしました。
 
当社は創業2000年以降、音楽家が自由な音楽を生み出せる環境を作る為に、オンラインでの小口投資を実現するクラウドファンディングなど、新しい資金調達の仕組みを開発・提供して参りました。 
 
近年、収益分配を受ける権利が付与されたトークン(セキュリティ・トークン)に関わる規制の明確化やルール整備が進んできたことを踏まえ、当社ではブロックチェーンの技術を活用し、楽曲毎の著作権及び著作隣接権に係る権利者情報の台帳記述、スマートコントラクトに基づく収益の分配などを内容とする特許の出願を致しました。
  
今後、この仕組みを、音楽事業以外の分野で応用することも検討しており、海外事業での活用等、技術の実用化へと進めて参ります。
  

【ミュージックセキュリティーズの概要】
 
 1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し、事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号) 
 
【本プレスリリースのお問い合わせ先】
 
ミュージックセキュリティーズ株式会社
TEL:03-5948-7301
e-mail:広報部 pr@musicsecurities.com
                     

 
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.