ニュースリリース

プレスリリース2018年9月27日 16:00

【外務省「JAPAN SDGs Action Platform」に掲載】ミュージックセキュリティーズのSDGs達成に向けた取組みが外務省から認められました

ミュージックセキュリティーズのSDGs達成に向けた取組みが外務省から認められました
~外務省「JAPAN SDGs Action Platform」に掲載~
 
 
ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:小松真実/以下「ミュージックセキュリティーズ」)は、国連の持続可能な開発目標(SDGs※1)の達成に貢献する取組みを行っている企業として、 外務省より国内取組事例企業として認められましたので、お知らせいたします。
/data/blog/archive/original/43956.png
SDGsジャパンロゴマーク

ミュージックセキュリティーズは、一口数万円の少額から出資可能なインパクト投資※2プラットフォーム「セキュリテ」を運営しています。
セキュリテでは、ファンドの審査において、地球を守るためのグローバル指標「持続可能な開発目標(SDGs) 」を評価軸の一つとして採用しております。2018年4月からは、各ファンドが17ある目標のうちどのカテゴリーに分類されるのかを出資者の皆様に分かりやすく示した、「SDGsによるファンド検索」が可能となりました。これにより、自分の出資したお金がどういった分野で社会に貢献し未来を作っていくのかが分かるようになりました。

 
/data/blog/archive/original/43958.png
※「セキュリテ」上での、SDGsによる検索イメージ

【概要】
■登録日    2018年9月27日
■掲載について
ミュージックセキュリティーズが、外務省が運営するプラットフォーム「JAPAN SDGs Action Platform」にて、SDGs達成に向けた国内の取組事例企業として掲載されました。このプラットフォームでは、SDGs関連の取組みを広く紹介しています。
■掲載先URL 外務省「JAPAN SDGs Action Platform」
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html
 
※1:SDGs とは

/data/blog/archive/original/43959.png
SDGs とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットで決められた国際社会共通の目標です。世界が抱える貧困や差別など様々な問題を解決し、地球を保護し、誰一人取り残さずすべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目的として、持続可能な社会をつくるために世界各国が合意した17の目標と169のターゲットです。国際的に企業の積極的な参画・貢献が期待されています。

※2:インパクト投資とは、投資を通じて社会的課題の解決を図りながら、経済的利益を追求する新しい投資の考え方で、今後高い成長が見込まれているものです。

【お問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報
pr@musicsecurities.com