プレスリリース2022年2月1日 14:00

「インパクト志向金融宣言」署名のお知らせ

/data/blog/archive/original/50894.jpg 令和4年2月1日
ミュージックセキュリティーズ株式会社
 
 
「インパクト志向金融宣言」署名のお知らせ
 
この度、当社ミュージックセキュリティーズ株式会社(代表取締役:小松真実、東京都港区)は、令和4年2月1日付けで、「インパクト志向金融宣言」に署名し、参加企業として登録されましたのでお知らせ致します。
 
「インパクト志向金融宣言」とは、「金融機関の存在目的は包括的にインパクト(企業のもたらす環境・社会への変化)を捉え、環境・社会課題解決に導くことである」という想いを持つ複数の金融機関が協同し、インパクト志向の投融資の実践を進めて行くイニシアティブです。
 
 当社は、環境・社会課題解決に取り組んでいる事業に対し、個人から法人までの意志ある資金を届けるという役割を担う上で、本宣言の考えに賛同し、日本の金融業界がインパクト志向の投融資を自律的・持続的に発展させることができるよう、他の署名機関と連携して活動して参ります。
 
署名にあたり、当社代表の小松より、ご挨拶申し上げます。
『この度当宣言に署名させていただき、心より感謝申し上げます。
他の署名機関の皆様と連携し、金融を通じて社会をより良くできるよう今後も活動して参ります。
当社は2000年の創業以来、既存の金融アクセスが難しい領域への資金提供を心がけてきました。多くの日本の個人投資家の皆様が、共感を通じた社会課題解決に資金を投じてくださる姿を目の当たりにし、感謝と驚きと感動の20年間でした。
当宣言により、より多くの投資家や資金が必要な事業者に、当社の取組を正しく伝えることができるようになると確信しています。
日本の投資家の皆様の力を結集し、世界中のインパクト創出に貢献できるよう邁進いたします。』
 
                                         以上
 
【参照】
「インパクト志向金融宣言」
https://www.impact-driven-finance-initiative.com/
 
【ミュージックセキュリティーズ会社概要】
1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し、事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
 
 
【本件に関するお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報 
TEL:03-5948-7301 
E-mail:mspr@musicsecurities.com
 
 
 
 
ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2022 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.