ニュースリリース

プレスリリース2021年11月30日 21:00

「THINK COFFEE 初出店ファンド」募集開始のお知らせ

/data/blog/archive/original/52943.png          /data/blog/archive/original/52949.gif                             
2021年11月30日
ミュージックセキュリティーズ株式会社

サステナビリティを極めた米NYの人気カフェが日本上陸
~セキュリテの社会的リターン指標設定ファンドでまずは2,000万円を募集~

米ニューヨーク(NY)で大注目のカフェTHINK COFFEEが2022年7月、日本に上陸します。Think Coffee Japan株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田瀬和夫)(以下、TCJ社)は、この度、米国THINK COFFEE LLCと日本出店に関するライセンス契約を締結し、透明性が確保された原材料調達を実践し、居心地の良さが人気のカフェの日本1号店を出店するための費用を、ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小松真実)が運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」で募集します。TCJ社は、開業資金を当社のファンドを通じて調達する予定であり、今回募集する総額2,000万円の個人向けのファンドを第1号ファンドとして、今後、法人向けのファンド等を順次募集する予定です。

/data/blog/archive/original/52946.jpg
(2006年にNYU近くのMercer通りにオープンした1号店。賑わいが絶えない。)  

/data/blog/archive/original/52947.png
(NYの店舗の様子。伸び伸びとした天井高。大きな窓からはたっぷりの陽光がさす。)

2006年にNYで創業したTHINK COFFEEは、仕入れ先が明記された良質な豆だけを使ったコーヒーや居心地の良さが人気のカフェです。東京の神田錦町に開業予定のTHINK COFFEE日本1号店は、ビルの1階と2階を吹き抜けでつなぎ、伸びやかな天井高が特徴のTHINK COFFEE NY店舗の空気感ごと味わえる店内空間を目指して開店準備が進められています。
THINK COFFEEの真のコンセプトは、美味しいコーヒーを味わいながら、コーヒートレードをめぐる社会的責任や世界の持続可能性への思い(THINK)を深め、日常の行いの中で「考えて」行動に移すこと、それこそがより良い世界づくりにつながっているという気づきが自然に促されるような場をつくることです。

THINK COFFEEが考えるコーヒー事業者にとって最も重要なことは、生産者の方々への責任を果たし、ポジティブな社会インパクトを創出することです。同店では、透明性高く公正にコーヒー豆の取引を行うことを徹底するのはもちろんのこと、コーヒー農園の生産者達に確実に利益が届くような仕組みを構築しています。またリサイクルに関しても、「ハスキー・スワップ(※1)」という仕組みをNYでいち早く導入しプラスチックごみの削減を牽引してきました。利用者に「サステナブルなコーヒーを提供し社会的責任に配慮(THINK)するカフェ」という評判を得ている理由です。

TCJ社の代表で、日本でのビジネス誘致に成功した日本におけるSDGs推進の第一人者の一人、田瀬和夫さんは、外務省、国連、そして民間大手コンサルティング企業でSDGsに関するプロジェクトを数多く手がけたのち起業し、多くの著名な日本企業にサステナビリティ経営のコンサルティングを提供しています。日本1号店では、再生可能エネルギーのみで店の運営を計画するなど、NYでも、まだ実現できていない施策にも取り組む予定で、THINK COFFEE日本1号店を、世界最先端のSDGs拠点としたい考えです。以下のように、今回のファンドは、セキュリテの「社会的リターン指標設定ファンド(※2)」として、17項目全てのSDGsを事業と紐づけ、プラスチック使用量、農園労働者などの人権のデューデリジェンス、従業員の男女比率などを指標としてモニタリングして定期的に進捗を公表していきます。
/data/blog/archive/original/52948.png
「生産者の顔が見える美味しいスペシャリティコーヒーを、本場NYの空気ごと楽しめて、知らない間に社会インパクトの創出にも貢献ができてしまう、そんな素敵な体験をお届けしながら、持続可能な未来への思いやり(THINK)を育む優しい空間、そしてSDGs達成に向けた強力な発信拠点を、一人でも多くの皆さんと共につくっていきたい」と田瀬さんは話します。日本での出店は、韓国に次ぎ、世界3か国目となります。本ファンドの資金は、開業に向けた準備費用にあてられます。
 
(※1)ハスキー・スワップとは、コーヒー豆を脱穀する時に生じる殻(ハスク)で作った
再利用可能なハスキー・カップを、THINK COFFEEで一度購入すれば、店を訪問するたびにきれいなカップに交換してくれるサービスのこと。
(※2)「社会的リターン指標設定ファンド」とは、ファンド対象事業が地域・社会・環境にもたらすインパクトを定量的に示す「社会的リターン」指標を設定したセキュリテのファンドのこと。セキュリテでは、設定ファンドを増やしていくことを予定している。

 
「THINK COFFEE 初出店ファンド」
一口      27,000円(取扱手数料2,000円を含む) 
募集総額    20,000,000円
事業者     Think Coffee Japan株式会社
募集期間    2021年11月30日~2022年5月31日
分野      飲食業
特典      1口につき1枚、1年間コーヒーが半額になる「TCJ Founding Member’s Card」をご送付。また、4口以上の方については神田錦町店舗に常設掲示する「Founders’ Wall」にお名前を刻印します。
https://www.securite.jp/fund/detail/7430
 
 
「セキュリテ」とは
ミュージックセキュリティーズ株式会社が運営する、1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォームです。
経済的なリターンを求めるだけではなく、それぞれの地域で抱える課題や貧困や環境などの社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組みです。
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
 
 
【本プレスリリースのお問い合わせ先】                     
ミュージックセキュリティーズ株式会社  広報
TEL:03-5948-7301 
E-mail:mspr@musicsecurities.com 
 
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2022 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.