ニュースリリース

プレスリリース2021年10月26日 14:16

静岡県浜松市との「SDGs推進に関する包括連携協定」締結のお知らせ


令和3年10月26日
ミュージックセキュリティーズ株式会社


 
 

静岡県浜松市との「SDGs推進に関する包括連携協定」締結のお知らせ


この度、インパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営するミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小松真実)は、静岡県浜松市と「SDGs推進に関する包括連携協定」を締結しましたのでお知らせ致します。
浜松市は、「浜松市SDGs推進プラットフォーム」を設置し、浜松市におけるSDGs の達成に向けた幅広い活動の推進のため、SDGsに関連する活動に取り組んでいる、又は関心を持っている企業・団体・個人を会員として登録し、各々の交流や情報交換の活発化を目指しています。

本連携により、上記「浜松市SDGs推進プラットフォーム」に所属する会員のSDGs関連の活動における社会的貢献を可視化し、その事業へのインパクト投資を促進します。

なお、当社では、これまで40を超える自治体と連携し、SDGs達成に貢献するファンドの組成を推進してきました。直近では、神奈川県と「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を結び、神奈川県が登録する「かながわSDGsパートナー」向けのインパクト投資を推進。自社運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」でファンドを組成し、資金調達を開始しています。

今後も、当社は各地域と連携し、インパクト投資という具体的なアクションによりSDGsに携わることができる社会的投資システムを提供して参ります。


ミュージックセキュリティーズ会社概要
1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営。 「セキュリテ」は経済的なリターンを求めるだけではなく、創業や中小企業支援による産業振興・地域創生、インディペンデントな創作活動と研究開発、環境問題の解決、そして、震災からの復興など、それぞれの地域で抱える社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組み。 個人の共感をベースにした新しい金融の枠組みを作り出し、世の中に新たな価値を提供することを目指し、事業を展開しています。(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)

/data/blog/archive/original/52750.png

本件に関するお問い合わせ先
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報
TEL:03-5948-7301
E-mail:mspr@musicsecurities.com
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.