ニュースリリース

メディア掲載2021年10月14日 21:18

【中国新聞】広島県の三原日本語学校の開校準備が進んでいること、地元の方々も歓迎してくださっていることをご紹介いただきました。

「広島 三原と世界を結ぶ日本語学校ファンド」で資金募集中の三原日本語学校について、中国新聞が記事で取り上げてくださいました。

三原市本郷町上北方の旧北方小で、校舎の一部を活用した留学生対象の日本語学校の開設準備が進んでいる。医療機器販売などの「みらいコンサルティング」(兵庫県尼崎市)が運営母体になり、来春の開校を目指す。地元の住民団体も校舎を活動拠点やカフェとして利用し、活性化の相乗効果を図る。(続き)

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=800225&comment_sub_id=0&category_id=112
*本記事は中国新聞の有料コンテンツとなっております。
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.