ニュースリリース

メディア掲載2021年10月1日 18:59

【国際開発ジャーナル】10月号に社長の小松がインパクト投資をテーマに寄稿いたしました。

社会的利潤を明確化し共感を高める(日本でインパクト投資が活発になるためのダイバーシティ&インクルージョン)

という表題のもとで、ミュージックセキュリティーズが創業来手がけてきたインパクト投資について書かせていただきました。
具体的には、新興国のマイクロファイナンス機関への融資、神奈川県とのSDGsアクションファンド、AvexとのMUSIC UP!といった事例を挙げています。

国際開発ジャーナル10月号は有料です。詳細はこちらからご覧いただくことができます。

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.