ニュースリリース

プレスリリース2021年6月28日 19:15

ミュージックセキュリティーズのファンドの募集総額が100億円に達しました。

/data/blog/archive/original/50894.jpg

令和3年6月28日
ミュージックセキュリティーズ株式会社 

ミュージックセキュリティーズのファンドの募集総額が100億円に達しました。 

―共感をキーワードに、事業者と出資者を繋ぐ― 



当社ミュージックセキュリティーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小松真実)は、より良い社会実現を目指す事業を応援するためのファンドを作り、個人や法人からお金を集めてきました。
この度、これまでに作った約907本のファンドの募集総額が、100億円に達しましたので、お知らせいたします。 

 
当社のファンドは、もともと、アーティストの自由な音楽制作を実現するために作られたのが始まりですが、その後、応援対象を広げて参りました。


一次産品、加工品や工業製品の設備投資・研究開発・販売促進費用、酒蔵や飲食店の運営費用、再生可能エネルギー発電所の建設費用など、社会性の高い一つ一つのテーマにあわせて、数百万円から数億円規模のファンドの資金募集を行ってきました。 


例えば、2011年の東日本大震災で被災した企業を応援する「被災地応援ファンド」では、のべ2万9,200人の出資者から約11億円の資金を集め、被災から立ち上がろうとする38社の事業者にお届けしました。また、日本国内だけでなく、カンボジア、ペルーなどの海外へも資金を届け、これまでに応援してきた企業は、583社となっています。 

これら583社に届けられたお金が、どのような効果をもたらしたのか試算しました。 

募集総額100億円のファンドが貢献した、対象事業による売上高は、約424億円となりました。(※1) 


事業者の方々は、出資者の皆さまから預かった資金を使って、工場や製造機械を導入したり、販売促進活動をして、生産や販売の能力を高め、売上げを伸ばしていきました。
償還済ファンド の平均償還率は96.4%、平均特典割合は20%。平均償還額と特典をあわせたファンド償還率は116.06%となりました。(※2) 


また、出資金を受けた事業者は、事業の拡大だけでなく様々な形で社会への還元(社会的リターン)も行ってきました。雇用を創出する事業者も生まれました。
従来の火力発電所に比べて、CO2発生を抑制することができる再生可能エネルギーを作った事業者もあります。
間伐材を使った木材販売によって、森林や森林が育んだ水が注ぐ海の環境保全に貢献できた事業者もあります。 


国連で開かれたサミットの中でSDGs「持続可能な開発目標」が決められ、「貧困をなくそう」、「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」、「海の豊かさを守ろう」など17の目標が掲げられていますが、当社では、事業者の方々の志が、世界全体が目指すべき目標と重なっているかどうかを、ファンドを作る際の評価軸の一つとさせていただいています。 

/data/blog/archive/original/51784.png


当社の出資者数は、47都道府県から個人中心に、のべ約16万人です。
インターネットを使って一口数万円の小額から出資することができます。
投資の動機は、様々ですが、当社調べでは、「経済的リターン(出資から得られる金銭的な利益)」よりも、「事業内容への共感」を出資理由にあげる方の割合が高くなっています。
当社では、こうした出資者の皆さまと事業者の方々が交流することができるよう、現地訪問ツアーや投資家説明会などの機会を作ってきました。 

 

このように、経済的リターンだけでなく社会的リターンを求めるインパクト投資と呼ばれる投資資金を、個人からの共感を基に集めている当社については、2017年、IDB(米州開発銀行)及びJICA(独立行政法人国際協力機構)の論文で、「共感性に支えられた金融手法:中小零細企業向け金融支援の新たな地平」(※3)というタイトルでとりあげられました。

そして、2020年、ADBI(アジア開発銀行研究所)の論文で、「Crowdfunding with Music Securities: A New Approach to Impact Investing (インパクト投資の新手法となるミュージックセキュリティーズのクラウドファンディング)」(※4)というタイトルで、取り上げられています。 


募集総額100億円にいたる、当社の20年の歩みは、共感をテーマに、数々の人と人との出会いをもたらしてきました。
改めまして、ご愛顧いただきました事業者と出資者の皆様に、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。 


ミュージックセキュリティーズは、これからも、様々なファンドを作ることで、社会や地域にとって守るべき事業を展開する事業者を応援していきます。
変わらぬご支援をお願いいたします。 

 

(※1) (募集総額100億円)÷(2021年3月1日時点での償還済ならびに運用中の 
ファンドの損益分岐前の売上における分配比率平均23.57%)で算出 

(※2)  2021年5月26日時点での償還済ファンド562本の償還単純平均 

(※3) 「共感性に支えられた金融手法:中小零細企業向け金融支援の新たな地平」 

https://openjicareport.jica.go.jp/pdf/12306445.pdf   

(※4) 「Crowdfunding with Music Securities: A New Approach to Impact Investing」 
https://www.adb.org/publications/crowdfunding-music-securities-new-approach-impact-investing 

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】 

ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム 
TEL:03-5948-7301       
 E-mail: mspr@musicsecurities.com 

 

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.