ニュースリリース

メディア掲載2021年6月4日 12:15

【日本経済新聞】当社とエイベックスの新サービス「MUSIC UP!」が紹介されました。

楽曲制作費、ネットで調達 エイベックス

エイベックスはアーティストが楽曲の制作費用をインターネットで調達できるサービスを始める。クラウドファンディング大手と組み、1口1000円から出資を募って制作した楽曲を配信し、売り上げに応じた配当を払う。若手のアーティストの活動費用を投資という形で支援する仕組みを通じて、音楽ファンの拡大にもつなげる。

ミュージックセキュリティーズ(MS、東京・港)と組み、「MUSIC UP!」というサービスを近く始める。エイベックスの所属アーティスト以外も利用できる。(続きは下記リンクからご覧いただけます。)

楽曲制作費、ネットで調達 エイベックス: 日本経済新聞 (nikkei.com)
※本記事は日本経済新聞の有料コンテンツとなっております。
 

「MUSIC UP!」とは

「MUSIC UP!」は、エイベックスの子会社TWHが運営するエンタメ特化型クラウドファンディングサービス「Bridge」を通じた新サービスとして6月4日より提供を開始。 

本サービスは、楽曲単位でエントリーすることが出来、審査を通過した後、ファンドによる資金調達を通じてアーティストは制作資金を獲得することが出来ます。 

投資家は、1口1,000円から出資をすることが出来(今回の2曲の楽曲ファンドについては1口10,000円で設定しています)、商品ページよりアーティストや楽曲情報をもとに支援したいファンドを選びます。投資家専用ページから、出資楽曲の日々の再生回数を見たり、自らが媒介(メディア)となり楽曲の宣伝活動を行うなど、これまでのファン活動の枠を超えて、応援するアーティストと共に、楽曲を世の中に届ける体験を共有出来ます。 

https://www.musicup.jp/
/data/blog/archive/original/51775.png

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.