ニュースリリース

プレスリリース2021年1月6日 10:00

しなの鉄道 SDGs配慮の車両更新ファンド組成へ

/data/blog/archive/original/50893.gif/data/blog/archive/original/50894.jpg


 
令和3年1月6日
                                 しなの鉄道株式会社
ミュージックセキュリティーズ株式会社
 
                               しなの鉄道 SDGs配慮の車両更新ファンド組成へ
            ―第三セクター鉄道会社における新型車両設備投資へのファンド活用は日本初―
 
この度、しなの鉄道株式会社(以下、「しなの鉄道」)とミュージックセキュリティーズ株式会社(以下、「MS社」)は、しなの鉄道の車両更新(新型車両の導入)に必要となる資金の一部を、インパクト投資(※1)を活用したブレンド・ファイナンス(※2)にて募集することで合意にいたりました。2021年1月14日から募集を開始します。
 
しなの鉄道の新型車両の導入は、長野県が推進する『脱炭素化社会づくり』にも沿った消費電力の大幅な削減とともに、沿線地域の様々な地域活性化の取り組みにも連動させることで地域経済の活性化にも寄与するSDGsに貢献するESG投資(※3)です。また、第三セクター鉄道会社の新型車両としての設備投資へのファンド活用は、日本で初めてです。(※4)
 
現行の115系と比較して、新型車両SR1系の導入による消費電力の削減効果は2両編成1kmあたり消費電力量が、115系が5.03kWhに対してSR1系が3.02kWhとなり、約40%の削減につながります。今回の2両導入により、年間で約273,130kWhの消費電力が削減され、年間で約160tのCO2が削減されることにつながると考えられます。予定している46両すべてが新型車両となった場合は、年間で約3,600t以上のCO2の削減が予想されます。
 
募集金額は5,000万円で、個人から3,000万円、機関投資家等の法人から2,000万円集めることを目指します。個人法人いずれも前述のCO2削減等の社会的リターンと金銭的リターンを設計しております。個人と機関投資家等の法人では、投資の動機が異なると考え、個人は、投資の楽しみと体験する楽しみ、また鉄道ファンにとっても楽しめるような設計、法人は投資すること自体がSDGsへの貢献につながるような設計と致しました。
 
個人投資家は、決済頂く金額のうち、半分が投資、半分が体験や沿線の特産品などの購入に充てられます。購入分に関しては、個人投資家が投資後に選択できるようになっており、観光列車の食事付き乗車券と沿線の日本酒・ワインや特産品の提供、沿線温泉地の宿泊券がセットになったプランや、旧型車両115系部品取り体験とオリジナルグッズがセットになったプラン(応募多数の場合抽選)も用意しております。
個人投資家の参加は、しなの鉄道の新たなファンの獲得や沿線地域の魅力発信など「関係人口」(※5)の増加につながるため、地域活性化への貢献が期待されます。
 
また、今回の車両更新がSDGs目標7の「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」、目標11の「住み続けられるまちづくりを」、目標17の「パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献され、法人投資家にとっては、投資することそのものがSDGsへの貢献につながると考えております。CSRの観点でも、本ファンドへの投資メリットを提供できると考えております。
 
今回のファイナンスは、第三セクター鉄道会社であるしなの鉄道にとって、自治体にかかる損失補償のリスク軽減につながる新たなリスクマネーの調達で、県民や市民の皆様の負担軽減にもつながると考えております。
 
なお、今回のファンド組成にあたっては、MS社と長年連携関係にあり、しなの鉄道とも沿線活性化について協定を締結し取り組みを進めている三菱地所株式会社が両者の仲介をしました。
 
※1:インパクト投資とは、リターンだけでなく社会や環境にインパクトを生み出す組織やファンドへ投資することです。
※2:ブレンド・ファイナンスとは、個人と法人、官と民など、期待リターンが異なる投資家に対して、異なる条件を提示することで、事業者側に有利な資金募集を可能とする方法です。
※3:ESG投資とは、従来の財務情報だけでなく、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)要素も考慮した投資のことを指します。(経済産業省ウェブサイトより)
※4:MS社調べ
※5:「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域と多様に関わる人々を指す言葉です。地方圏は、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面していますが、地域によっては若者を中心に、変化を生み出す人材が地域に入り始めており、「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手になることが期待されています。(総務省ウェブサイトより)


ファンド詳細
  • 一口:個人¥50,000 法人\1,000,000
  • 募集総額:¥50,000,000(個人\30,000,000 法人\20,000,000)
  • 募集期間:2021年1月14日―2021年6月30日
  • 会計期間:2021年7月1日~2031年6月30日(10年間)
  • 事業計画達成時の償還率:個人107.2% 法人108.8%(いずれも源泉徴収前)
  • 事業者:しなの鉄道株式会社
 
 
【本リリースの取り組みが貢献する主なSDGs】
/data/blog/archive/original/50895.png/data/blog/archive/original/50896.png/data/blog/archive/original/50897.png

【本件に関するお問い合わせ先】
しなの鉄道株式会社 経営戦略部営業課
TEL:0268-21-4702
ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム
TEL:03-5948-7301        E-mail: mspr@musicsecurities.com
 
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.