藤田商店わかめウニファンド ファンドニュース 2013年03月

被災地からのレポート2013年3月20日 10:51

祝300人

藤田商店です。久々の更新となります。
おかげさまで応援団、祝300人を超えました。
本当にありがとうございます。
投資家特典のしゃぶしゃぶ用ワカメの発送も一段落しました。

毎日ワカメと格闘中です。
皆様方の応援のおかげで、毎日充実した日を過ごすことが出来ております。

スタートは色落ちなどが見られたものの、今は外洋物のワカメが
最高の生育状況で、最高の色つやで、収穫が追われております。

朝から晩までワカメを見つめ、気が付けば夜。
そんな生活が1か月半続いております。
休みなどと言っている暇はありません。

海で成長していても、収穫してこなくてはお金になりませんし、
海が荒れて、ワカメが飛ばされてしまう可能性があるためです。
成長してくると、養殖いかだにも負荷がかかってしまうためもあります。

とにかく残り一か月全力で走り続けたいと思います。

更新が少し遅れたりもしますが、頑張っている証拠と思ってください。

とにかく藤田商店がんばります。



--
今なら、4月の特典発送に間に合います!
藤田商店わかめウニファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら:
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=327

この記事だけを表示

被災地からのレポート2013年3月14日 23:23

藤田商店さんのわかめボイル作業の様子

被災地応援ファンド応援団の山田です。

ちょっとレポートするのが遅くなってしまいましたが
2月17日(日)に気仙沼・階上でワカメ養殖をしている
藤田商店さんのボイル作業の様子を見てきましたので
このブログをご覧の皆さんにもご紹介します!



通常、わかめのボイル作業は午前中いっぱいとのことで
この日は、現地に着いたのが11時半近くになってしまったものの
なんとかボイル作業の最後の方にギリギリ間に合いました。

場所は、お伊勢浜という海水浴場があったところの
すぐ脇の漁港になっています。
(藤田さんはこの海水浴場で海の家もやられていました)


ここは、震災前も藤田商店さんがボイル作業をしていた場所で
昨年はここでの作業ができませんでしたが、今年は
岸壁の仮設補修もされたため、作業ができるようになりました。









当たり前ですが、すぐ目の前が海で、海からホースで
海水を引っ張ってきて、その海水でワカメをボイルします。

画像では穏やかでキレイな海に見えますが、
実際は外洋に面しているので、波は荒く、
風が強い日は、本当に凍えるように寒いんです(><)
(同じ気仙沼でも内湾とは全く違います)


朝に水揚げしたワカメをこの作業場で部位ごとにカットして、
葉の部分は、沸騰した海水でボイルします。





こんなカンジで、ボイルされたワカメは
そのまま冷たい海水の槽に移され、一気に冷まされます。
その後、カゴに上げて、しばらく水気を切っておきます。


そして、次はこちらの行程。
撹拌機にワカメと食塩を投入し、グルグル混ぜます。







この撹拌機や、この作業場を囲っている資材などに
被災地応援ファンドの資金が使われているそうです。


あ、そうそう、こちらの仮設トイレにも
ファンドのお金を使わせてもらっているとのことでした。



当たり前にあるはずのトイレも、一から準備が必要になります。
何もなくなったところで、再開するというのは大変なことですね。


さて、作業の方に戻りますが、撹拌機で塩を混ぜたワカメは
こちらの大きな槽に入れて、一晩さらに水抜きをします。





その後、ワカメの葉から真ん中の芯を抜く作業をして
さらに葉を圧縮して水気を抜いて、箱詰めして、、、という作業が
あるのですが、それはまた今度レポートしますね。

※昨年の仮設での作業の様子はこちらをご覧ください。
 
http://yamada.da-te.jp/e478830.html
 http://yamada.da-te.jp/e479004.html


芯抜きの作業も試しに見せてもらいました。

※↓に一緒に写っているのは、同じ気仙沼でお菓子屋を営む、
 僕の友人・コヤマくん。藤田さんの同級生でもあります。
 (ワカメのボイル作業を見たことがないというので連れてきました)



するするするっと器用に真ん中の芯を抜くのは
職人さんの技を見てるかのようです。
機械でなく、すべて手作業で行われているんですよね。


こちらは葉でなく、メカブになります。





メカブは最初のカットの際に切り分けておいて
主には加工メーカーにそのまま卸すんだそうです。

これを生のまま、ボイルしたてを食べるのが
ものすごく美味しいのですが、その様子は
また追ってレポートしたいと思います(*^^*)


以上、ワカメのボイル作業の様子をお伝えしました。
今年は高温の影響でワカメの種まきが遅れたために
例年より1ヶ月以上遅れての収穫開始でした。
(この日、2月17日で、収穫6日目)



この時は内湾のワカメを収穫していましたが、
3月くらいから外洋のワカメの収穫も始まり、
今は一番作業が本格化している頃じゃないでしょうか。

ということで、藤田商店さんのレポートでした。
また改めて詳しくレポートしたいと思いますので、
どうぞお楽しみに!


--
今なら、4月の特典発送に間に合います!
藤田商店わかめウニファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら:
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=327

この記事だけを表示

被災地からのレポート2013年3月12日 13:43

嬉しい声が続々と届いています!

先週末、藤田商店の投資家特典をお送りしたところ、続々と感想をいただいていおりますので、ご紹介します!写真付きでブログにご紹介くださった方もいます。



「お送り頂いた生ワカメと芽かぶを早速しゃぶしゃぶでいただきました。本当に美味で堪能しました。有り難うございました。
Facebookに:『3月11日を前に東北応援として3社の応援ファンドに参加しているうちの1社から採れたて生わかめと芽かぶをの直送を受けました。しゃぶしゃぶが美味だという情報でしたので、早速いただいてみました。瞬間に緑に変色し、柔らかで本当に美味しいものでした。芽かぶも全く新しい食感で堪能しました。両方ともポン酢が合います。まだまだ復興には程遠いという情報もある中で、このような嬉しい復興の動きに接することが出来るのは多少なりともホッとします。 』とコメントしまた。」

「本日朝、とっても立派な新鮮なわかめが届きました。ありがとうございました。
早速、今晩はしゃぶしゃぶにしていただきました。さーっと面白いように鮮やかな緑になって、それがとっても柔らかくておいしい!こんな美味しい生わかめは、初めてです。あまりにおいしいので、弟のところにもお裾分けしました。
だんだんと復旧しているとのことですが、まだまだご苦労が続くことでしょう。でも、これからも頑張ってください。いつか、気仙沼に行ってみたいと思います。」  

「生わかめを3月8日に配達され、確かに受け取りました。さっそく当日の夕ご飯のおかずにとやわらかい葉っぱ?の部分はシャブシャブと 酢のあえ物にして、茎?の固い部分は細切りにして佃煮風に味付けして熱々のごはんの上に載せてお いしく頂きました。
70歳にして取り立ての生わかめを初めて美味しく食べました。この企画 真に有難うございました。これからも 無理をせず、マイペースで前へ進んでください。(先は長いですから) 」

「生ワカメ昨夜受け取りました。今日どうやって食べようかと楽しみにしています。お裾分けもしようと思います。有り難うございました。」

「週末にかけて,たいへんおいしくいただきました。湯通しでさっと色が変わること,スーパー品では得られない肉厚な食感とも,子どもたちも驚いておりました。先日仕事で気仙沼を訪れ,まだまだ何もない中心部の光景には驚きました。藤田商店様の復興もまだまだ途中だとは思いますが,頑張っていただきたいと思っています。」

「さっそく、いただきました。実は生めかぶは初めてだったのですが、大変おいしくて、2株ぐらいぺろりとたいらげました。近所にもおすそ分けして、喜んでいただきました。
現地はまだまだ大変な状況でしょうに、ささやかなことしかしていないのに、大量にお送りくださって感謝しています。」

--
今なら、4月の特典発送に間に合います!
藤田商店わかめウニファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/327

この記事だけを表示

被災地からのレポート2013年3月12日 10:25

新丸ビルで藤田商店のホタテとタコが食べられるお店(15日まで)

現在、新丸ビルで行われている「被災地応援ウィークス」も3月15日、今週の金曜日までとなりました。
今日はあらためて、藤田商店の食材が使われているお店をご紹介します。


HENRY GOOD SEVEN
(夜のみ)
-三陸産 帆立とタコのカルパッチョ(1,000円) (藤田商店の帆立とタコ使用)



自由ヶ丘グリル(夜のみ)
-帆立貝とわかめのブルゴーニュバター焼き(950円) (藤田商店の帆立と鵜の助のわかめ使用)
-タコと水菜のサラダ  ユズ風味(950円) (藤田商店のタコとさんいちファームの水菜使用)


TOKYO SOUL STATION(夜のみ)
-タコのジェノバ風(500円) (藤田商店のタコ使用)



沢村(夜のみ)
-殻付きホタテ 香草パン粉焼き(950円)  (藤田商店の帆立使用)


私は、すべて食べましたが、どれもすごく美味しい!
食材も、メニューも、素晴らしいので、ぜひ機会をつくって、お立ち寄りください。


(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

--
今なら、4月の特典発送に間に合います!
藤田商店わかめウニファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/327

この記事だけを表示

被災地からのレポート2013年3月8日 12:28

いよいよ特典のわかめとめかぶを発送します!

先日ご案内しました通り、2月26日までにご契約成立となった方を対象に、投資家特典の発送を開始いたします。

普段なかなか手に入らない逸品、どのようにいただくのか、ちょっとご紹介します!

まず、届いた時はこんな感じです。手前がわかめ、奥がめかぶです。
こんな色をしています。

藤田商店

めかぶを拡大すると、こんな感じです。
私、初めて手に取りましたが、あまりにもしっかりしていて、大きくてびっくりしました。

藤田商店

めかぶはこのひだひだしている部分を食べるのですが、このひだひだの根本には、棒状の硬い茎があります。その茎から、ひだひだだけを切り離す必要があります。

藤田商店

包丁で切って分離させたところこちらです。(私も初めてなので、やり方が合っていたのか実はよく分かっていませんが、取り敢えず、藤田さんから電話でアドバイスをいただきながら、やりました・・・)

切り離した食べる部分が写真上のざるの中に入っています。これを1口サイズに切り分けて、しゃぶしゃぶにしたり、細かく刻んで、茹でて、そのまま、だしやしょうゆをかけて、ご飯やお蕎麦にいれたりしていただきます。

最初の写真にあった、わかめは、適当な長さに短くきって、あとは湯通ししていただきます。
このようにしゃぶしゃぶにして、いただく他、味噌汁や、おしょうゆと生姜で食べたり、サラダにしたりおこのみで召し上がって頂けます。

藤田商店

めかぶをしゃぶしゃぶにするとこのようになります。
鮮やかな緑色に変化します。つるつるです。

藤田商店

まずは、何とか食べられる状態まで持って行き、
とにかく1口食べて見て下さい!美味しい!!!
ぽん酢など、お好みの味付けでお楽しみ下さい。

今まだ食べたことのない味や触感にびっくりしちゃうかもしれません。
旬の味、ぜひご堪能下さい。

(ミュージックセキュリティーズ・杉山)


※ 今月中にご契約が成立した方には、来月お送りする予定でおります。それ以降にお申込の方には、来年になりますので、お早めにお申込下さい。

--
藤田商店わかめウニファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/327

この記事だけを表示

被災地からのレポート2013年3月2日 14:54

ワカメの芯抜き作業

気仙沼の藤田商店です。
毎日寒い日が続きますが、当店では、ワカメの収穫作業に追われております。

今日は、強風の為、久々の収穫休みなので、お休みかと思いきや
海での作業の休みのときは、室内での加工作業があります。

ワカメが始まると、4月末まではほとんど休みをとりません。



おばちゃんたちや、家族総勢7人で芯抜き作業をしております。

私は、隣の部屋で、脱水、箱詰め作業をしております。

海で、塩漬けを一昼夜したワカメを工場に運んできて、
一本一本手作業で、元葉、中芯、葉の三種類に分けます。
とにかく手間のかかる作業です。

近いうちに、塩蔵ワカメが出来るまでの一通りの工程を説明したいと思います。

--
藤田商店わかめウニファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/327

この記事だけを表示