藤田商店わかめウニファンド ファンドニュース 2013年05月

被災地からのレポート2013年5月19日 13:20

ワカメの養殖いかだ掃除

ご無沙汰しております。藤田商店です。
ワカメの収穫、メカブの収穫作業が終了し、
毎日、養殖いかだのロープやいかり綱の掃除をしておりました。
かなり地味な作業が毎日続いているためUPが少な目ですいません。
しかし、掃除風景でも良いかなと思いちょっとだけ載せてみます。

ワカメを収穫し終えると、ロープにこのように株が残ります。


これだと、陸にあげる時に、かなりの量となってしまうし、大変なため、機械で
掃除をします。



写真が小さくてすいません。
このカッパを来た人の隣にある機械です。
当店も昨年に注文はしているのですが、
業者も被災したため、注文に対応できず、
出来るのが6月になると言われた為に、友人に手伝って貰いました。



この状態が、機械で掃除をすると。



これだと、あげるのも楽です。

あと二日位で終了予定です。
後は、待ちに待ったウニの開口が開くのを
待つばかりです。

この記事だけを表示

被災地からのレポート2013年5月10日 17:06

5月11日、川越のシンポジウムに参加します!

直前のご案内ですが、藤田さんが東京国際大学(埼玉県川越市)で開催される
シンポジウムにゲストスピーカーとして参加されるそうです!

明日、5月11日(土)です!
大変貴重な機会ですので、お近くの方は、ぜひご参加ください。

-----------------------------------------------

気仙沼と津波 2011.3.11
~当時と現在の比較・復興への課題~

今年で震災から2年経ちました。
今でもまだ復興の目処が立たないところ、震災当時と比べ大きく変容していったところ、さまざまな場所があります。
3.11以降私たちの価値観や住んでいる環境は変わってしまいました。
被災地の変化や現状、復興への課題について、気仙沼から3人のゲストスピーカーをお招きし、漁業・ボランティア・福祉の3つの視点からシンポジウムを行います。

・ゲストスピーカー
「気仙沼復興協会(KRA)ボランティア受け入れ部」
リーダー 三浦清和 氏

「気仙沼市社会福祉協議会ボランティアセンター」
センター長 鈴木美紀 氏

「宮城県漁業共同組合気仙沼総合支所支部/藤田商店」
支部長 藤田純一 氏



(左が収穫したわかめをみせる藤田純一さん)


日時: 2013年5月11日(土) 13:00-15:00(12:30 開場)
場所:東京国際大学 第二キャンパス 2011教室
http://www.tiu.ac.jp/n_about_tiu/about/access.html
主催 WITH
参考https://www.facebook.com/events/322000881259855/


--------------------------------
【セキュリテ被災地応援ファンド】
現在も9社が募集中です。

応援ファンド

この記事だけを表示