藤田商店わかめウニファンド ファンドニュース 2012年12月

被災地からのレポート2012年12月24日 11:08

アワビの初開口

21日、2年ぶりとなるアワビの開口が開きました。

気温2℃、3°の中、6時過ぎに船を出し、自分の漁をする場所を目指します。
7時開始ですが、20分前くらいに到着し、スタートのサイレンを待ちます。
気持ちは、子供のころの遠足のような感覚です。

スタートのサイレンと同時に、竿が立ちます。
アワビの開口は、箱メガネで海の底を覗き込み、
2メートルから4メートルの竿の先にカギを付けたもので一個一個採る作業を繰り返します。

震災で、アワビの稚貝が流されてしまったと、報道でありましたが、
思ったより、あります。
私が行った場所は、震災前と同じくらいありました。



これで、30キロくらいあります。
これに、15キロを足したものが私の水揚げです。まずまずです。

それを、陸で一個一個検査します。



刺身で、食べましたが、やはり美味い。
鮮度が良いので、こりこりです。

是非一度ご賞味下さい。

藤田商店わかめウニファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/327



この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年12月20日 22:22

藤田さんの様子を見に行ってきました!

被災地応援ファンド応援団の山田です!

ちょっと前のことですが、12月9日に気仙沼に行き、
久しぶりに藤田さんに会ってきました。



というのも、その前々日の7日に大きな地震があり
数10cmから1mくらいの津波が宮城県沿岸部にも
押し寄せたということだったので、陸上は被害がなくても、
養殖いかだに被害が出ているのではと心配だったんです。

セキュリテのブログでも、藤田さんがワカメの種まきを
ようやく終えたばかりと書いていた、その直後だったので
このタイミングで、、、と思っていたのですが、
今回は全く被害がなかったとのことで、ほっと一安心。。。

斉吉商店の和枝さんのツイッターで、唐桑の盛屋水産さんの
牡蠣もほとんと被害なしと書いていましたし、
地元紙・河北新報でも、大きな被害なしと報道されていたので
今回は全域的に大丈夫だったようですね。本当に良かった!
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/12/20121209t13015.htm


年明け、1月末くらいからワカメ収穫がはじまるので
ワカメのボイル作業を行う漁港の作業場所の状況を
藤田さんに案内してもらいました。



お伊勢浜という、気仙沼では有名な海水浴場の
すぐ脇の漁港になのですが、お伊勢浜の砂浜は
地盤沈下により、全く砂浜が見えない状況が続いています。
(海の下には砂が残っているそうです)


こちらがワカメのボイル作業を行うところになります。







震災前の2010年、2011年とボイル作業の様子を
見せてもらっていたのですが、その以前と同じ場所で
今年は作業をすることができるそうです。

※2010年、2011年のワカメ作業の様子
 
http://yamada.da-te.jp/e286466.html
 http://yamada.da-te.jp/e405258.html
 (↑の画像と同じアングルの風景が載っています)


当然ながら1m近い地盤沈下の影響で、
全く同じ位置では海水が押し寄せてできませんので
少し陸側にバックしてやることになるとのこと。





船が岸壁につけられるように、応急工事によって
部分的に嵩上げして直した様子がわかるでしょうか?

でも、これでも満潮時には水面に沈んでしまうとのとこで
もう少し上げなくてはいけないとのとこです。大変ですね。

ワカメの生育状況も、夏の猛暑の影響でまだ海水の温度が高く
内湾では芽落ちしたりしているところも多いということで
まだ心配の要素は多いみたいです。

とはいえ、年明け1月下旬からは収穫が始まりますので
旬の生わかめ・めかぶを楽しみに待ちたいと思います!(^^





ちなみに、↑がワカメを海水でボイルする設備の一部です。
(上の画像の手前は、わかめの種をまきつけるロープとブイです)

種まきの作業の様子については、藤田さんのブログ記事をご覧ください。
また年明けに作業が始まったら、様子をレポートしたいと思いますので
どうぞお楽しみに!!


さて、せっかく来たので、工場の中にも寄られてもらって
最近扱っている商品も見せてもらいました。

藤田さんが先日もブログ記事に書いてましたが
海藻関係のセットが贈答用などにも人気のようです(^^







イクラの醤油漬けが気になっていたので一つ買ってみました☆
大きい容器の方で1000円です。
無添加で薄く味付ているだけとのことで、食べるのが楽しみ(*^^*)


まだまだ大変なことは多いのが現状ですが
藤田さんは気仙沼のワカメを引っ張っていく存在なので
ぜひがんばってほしいです!!



藤田商店さんのファンドはまだ募集中ですので、
ぜひ応援をお願いします!
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=327


この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年12月13日 14:58

けあらし

こんにちは、藤田商店です。
最近気温がずいぶん下がってきて、
当地方では、けあらしが頻繁にみられるようになってきました。

みなさん、けあらしって知ってます???

水温と外気の温度差によって、海から蒸気が上がっているような状態の事を、
気仙沼では「けあらし」と言います。



携帯のカメラだったので、わかりにくいかな?

肉眼で見ると、すごい光景です。
左側で某新聞社さんが写真を撮っていました。

いよいよ寒さも本格化、寒くなってくると、アワビ漁やタコ漁の季節だなーと
感じます。
早く開口開かないかなー。

藤田商店わかめウニファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/327

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年12月6日 16:08

お歳暮シーズンです。

お歳暮シーズンに入り、当店の海草セットが好評です。




ワカメ、昆布、クキワカメ、ヒジキ、ふのりで税込2200円です。
これに私の写真入りのワカメの食べ方や震災後のいきさつの書いたA4の紙が入ります。
このパンフが結構好評です。
他の乾物などと入れ替えて、自分好みのセットにしてもいいかも。
あくまでも、参考です。
乾物はこのほか、焼き海苔、焼き海苔トロロ、うまづくりという海草のタレなどと
組み合わせられます。
冷凍便になりますが、いくらのしょうゆ漬けや塩サケの切り身、シラスやボイルメカブ
などと組み合わせもいいですね。

今までのメインは

ホタテに。

アワビに

いくらに。

煮タコ。

これに、カキのむき身などが主でした。

カキは、来年から出荷出来るとのことだったので、
今年は、海草セットと、
タコ、いくら、ワカメ、アワビ、ホタテを
お好みのセットにして発送いたします。
料金は内容にもよりますが、
3000円位~できますので、相談に応じます。

よろしくおねがいしまーす。

藤田商店わかめウニファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/327

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年12月2日 15:58

種まき終盤。


スタートが遅れたワカメの種まき作業も、やっと終盤を迎えました。

朝から晩まで海の上でなかなかアップできませんでした。

後残すところわずか、明日には終了する予定です。

ちなみに先日巻いた、内湾のワカメはすでにこれぐらいです。



2、3センチだったワカメが、長いもので40~50センチに成長しています。
ワカメの成長速度にはびっくりします。

震災で養殖施設がすべて流され、がれきを取り除いた時には、
何もなくなった海が、今はこうです。



丸い球が、全てワカメのいかだです。

今年度は8割くらい復旧できそうです。

気温が下がり、海の上は寒くなってきたので、今日も鼻水を垂らしながら
の作業でした。

ラストスパート頑張ります。



藤田商店わかめウニファンド(1口1万500円)の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/327

この記事だけを表示