三陸とれたて市場ファンド ファンドニュース 2011年11月

被災地からのレポート2011年11月24日 19:45

【三陸とれたて市場】 恐るべき実力にみんなで絶句

これ、何かわかりますか?? ご存知の方はかなりの食通。


三陸でこの時期になるとスーパーなどに当たり前に並ぶ旬の味覚、答えは「としる」としろとも呼ぶ「あわびの肝」なのです。


三陸はあわびの水揚げが日本一。そして、中華の最高級食材「乾あわび」の最高級ブランド「吉浜鮑」の生産地です。


そんなこんなんで、あわびの肝が売られる訳ですが、今年、これを扱うことが出来るなんて夢にも思いませんでした。


さらに興奮するのが、写真のとしるは解凍したもの。そう、CAS処理をしてカチコチに凍ったとしるを解凍した物なのです。


こんなものを凍らせれば、すぐに生臭くなり、梅干みたいに身はしわくちゃに萎みヨタヨタになるのですが、CASの実力には恐れ入りました。食べても生と全く違いがわからずなのです。


おめぇ、これがあれば、一年中としるの刺身が食えるって事じぁねぇか。漁師が大興奮な仕上がり。早速製造開始です。


(以上、三陸とれたて市場HPより引用 http://www.sanrikutoretate.com/tayori/?num=1031


三陸とれたて市場ファンドお申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/194

 

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年11月17日 12:00

【三陸とれたて市場】 三陸だより~幻と最高傑作の技術がガチンコ~

 

トレーに並んでいるのは、きれいに解体された鮭。ご丁寧にも、普段はポイする鰭まで、大切に並べられています。

 

現在、三陸とれたて市場あばら家チームは、社屋の外見にそぐわない最新鋭の凍結機CASを導入し、生産者と一緒に未来作りの為の冒険を日々しております。(要約すると試験運転中)

 

食産業の再生が絶望的なほどに壊れ果てた大槌地区に、とれたて高鮮度の生いくらをCASで固めて送り出すなど、その機械の可能性を検証するために、連日運転を行っております。

 

そこに飛び入りで割り込んできたのは、魚介の王様食材「幻の鮭、鮭児」大船渡でも例年この時期に水揚げされるのです。

 

今朝、突然仕入れ担当から電話があり、「鮭児揚がったから」の報告が・・・。鮭が大不漁である中、あがるとは思わなかった幻が揚がってきたので、社内は突然の大騒ぎ。

 

(三陸とれたて市場HPより引用 http://www.sanrikutoretate.com/ )

 

三陸とれたて市場ファンドへのご参加はこちら

https://www.securite.jp/fund/detail/194

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年11月11日 16:15

【三陸とれたて市場】CASは試運転中

ミュージックセキュリティーズの神谷です。


ご報告させていただいておりますとおり、無事にCAS冷凍庫の搬入も終わり、八木社長は「可能性が広がっているのを実感している」そうです。


というのも、通常ですと、鮮魚と、冷凍して解凍した魚の味は違うのが分かるそうなのですが、CAS冷凍して解凍した魚を鮮魚のなかに入れてしまうと、もう分からないそうです。


サンマやイクラ、タコなどなど、いろいろな種目で練習をしているそうです。


鮮魚に加えて、加工品も準備中とのこと。


年内に建物の修繕も終えて、来年なるべく早い時期から商品の販売を行えるようにしたいとのことでした。


個人的には、ファンドの特典になっている「毛蟹の漁師料理 カニばっとう」など、一日も早く食べてみたいです。


三陸とれたて市場ファンドへのお申込はこちらから
https://www.securite.jp/fund/detail/194

 

この記事だけを表示