三陸とれたて市場ファンド ファンドニュース 2013年03月

被災地からのレポート2013年3月12日 10:00

気まぐれで開店する鉄工場

 

玉乗りしながら計算して、笛を吹きながら皿回しをするようなくらいに、年度末でいろんな事にいっぱいいっぱいです。


復興途上だから、設備も整わないからとかいっても、年度末は分け隔てなく襲ってきます。まして、この様な環境だからこそ、平時以上に年度末が大変な状態になっていたりします。


4時にギブアップ。頭がこんがらがって限界です。


これまでであれば、ギブアップしても頭の中がぐるぐるまわりで眠れない夜に突入でしたが、この頃は次の仕事場へ避難します。


製作中の物は、沖でロープをひっかける時に使う漁具。


ステンパイプを機械でまげて、溶接機でバチバチ!!って


頭の整理をするために、あいつには黙々と作業をさせる時間が必要だという優しさ(?)も手伝って、この作業場には部材とリストが置かれていたりします。(笑
思い通りにならない作業を通して、脳の興奮が静まります。


(三陸とれたて市場のホームページより引用)

この記事だけを表示

被災地からのレポート2013年3月11日 10:00

2年目の今日を迎えて

 

どれだけ文明が進んでも、どれだけ技術が進歩しても、どれだけの富を蓄えたとしても。


人はどこまでも生き物でしかなく、牙を剥いた自然を前にしては、赤子にも及ばない小さくてか弱い、儚い生き物であることを身体で教えられた経験でした。


だからこそ、その儚い命の中で、せめても、みんなが笑顔で生活できるそんな社会を作っていきたいと、この場所を離れずに願うのかも知れません。


3月11日をひっそりと迎え、今、この場所で立ち上がろうとしている仲間を抱きしめたいくらいに感慨深く思うと同時に、あの日、握りしめた冷たくなった70体もの御仏に、泥をぬぐって旅支度をさせたあの場所での、唇を噛みちぎるほどに感じた人間のか弱さとみじめさを背負って、3年目に入る自らの仕事を、ライフワークとして進めていければと思っています。


この春には、新しい未来に向かってとれたて市場離陸します。


(三陸とれたて市場のホームページより引用)

 

 

この記事だけを表示