ゆっくり、いそげ?~セキュリテ自由帳~

ゆっくり、いそげ?~セキュリテ自由帳~

sugi2017年11月13日 09:35

投資家の笑顔と励まし(とサバ愛)が力になる

現在、福井県小浜市と連携して「SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド1・2」を募集しているSABARですが、先日、銀座店リニューアルにあたり、投資家向けのお披露目イベントを開催しました。
その翌日、SABAR広報の田中さんから頂いたメールのメッセージを皆さんにもご紹介したいと思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
昨日の投資家パーティーではまことにありがとうございました!
社長もとても喜んでおりました!
「みんなさばの話してくれるから、めっちゃ話あう!」と…

今日、プレオープンを迎える銀座店。
ひとえに投資家の皆様の、熱い応援あってのこと、
今ひとたび、投資いただく皆様のお気持ちに応え続けられるよう
身を引き締めて、お客様とさばに向き合っていく所存です。

私たちスタッフはあまり投資家様と触れ合う機会がないので、
昨夜
投資家の皆様の笑顔と、 励ましと、さば愛に触れさせていただき、
たくさんのはげましをいただきました。
パーティーを開催することができて本当によかったです。

投資家の方も
漁業者も
小浜も
そして私たちも、
みんが笑顔になれる、
そんなファンドの魅力を、

本日のプレスプレビュー、レセプションでお伝えできるよう
本日のみならず、この先も伝え続けられるよう、勤めてまいります。

/data/blog/archive/original/39532.JPG
(SABARのスタッフの皆さん。後列左から2番目が田中さん)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

セキュリテの投資は、「顔の見える投資」を目指しています。
投資家の方にとっては、プロジェクト概要のページを見れば、その投資が、誰に何のために使ってもらうのかがある程度、分かるようになっています。
しかし、投資家の方も、経営者さんまでは分かっても、なかなかスタッフの方まで見える機会がありません。
事業者さんにとっては、投資家の方の「個人情報」は共有されても、なかなか「顔」まで分かりません。また、経営者さんだけでなく、従業員の方々にまで、ファンドのことをよく理解して頂くのも、普段は結構難しいのです。
しかし、こうしたリアルに会える場があると、絆がぐっと強くなります。

SABARでは、銀座店に続き、次は関西の投資家の皆さまともお会いしたいと、特別なイベントを企画しています。
お申込は16日(木)10時までです。出資して、会いに行って、一緒に事業に参加する感覚をぜひ多くの方に味わって頂ければと思います。

【イベント】ワークショップ付き!京都烏丸店 サバ博士主催のシークレットパーティー(11/21)