お知らせ 「日本の食を守りたい」ろのわファンド

お知らせ2017年10月27日 13:55

コンバインの掃除

まるでF-1のピット作業みたいです。
Lonowaの収穫作業は、お米に限らず品種が多いので、ひとつの品種を刈り終えるとコンバイン(収獲機械)の掃除をしなければなりません。お米に関しては、赤米、黒米、赤米、緑米、ヒノヒカリ、森のくまさん、ヒヨクモチの7品種、つまり7回のコンバイン掃除が必要となるのです。それも1日で3品種刈る時などは1日に2回の短時間掃除が求められることになります。田んぼから作業場(ピットイン)へ運び、各作業部分をオープンして、残留している粒をエアーで吹き飛ばしたりわらクズを取り、刈り取り部など多くのチェーンにオイルをさしオープンしていた各部を閉じ最終点検し、燃料を給油。ふたたび田んぼへ送り出します。この一連の作業がまるでフォーミュラーのピット作業のように思えるのは私だけでしょうか?


/data/blog/archive/original/39288.jpg

/data/blog/archive/original/39289.jpg

この記事だけを表示

お知らせ2017年9月14日 15:10

「接待の手土産」品評会in品川

ぐるなび 主催の「接待の手土産」セレクション2018 第6回品評会が12日品川で開催

        /data/blog/archive/original/38417.png

Lonowaも出展いたしました。
出展商品はLonowaのうるち米2合(森のくまさん)をベースに十穀をブレンド、押し麦、黒米、緑米、赤米
をそれぞれにブレンドした五つのパックを贈答用に作りました。
都内の企業の秘書108名の方々が、Aブロック、Bブロック合計30社の出展品を吟味され採点されるのですが、秘書の方々も終業後の限られた時間ですからさすがに全ては回れないので二つのブロック分けをして1人15社程度評価されるように調整されていました。各出展企業が試食の準備をしており、Lonowaも十穀ブレンドを炊き上げました。結果は試食が70食分出たので、ブロックを超え来ていただけたようです。
秘書の方々も雑穀の事はよくご存知で「毎日食べています。」と言われた方も数名おられました。今では雑穀をブレンドした商品は近くのスーパーなどでも手軽に買う事が出来ますが、ブレンドするすべてが1戸の農家で有機栽培された物は日本全国探してもLonowaだけ、「オンリーワンの商品となります。」大切な方へのご贈答としてベストの商品とお勧めいたします。って語っていましたが結果はいかがなんでしょうか?商品に対する評価もさることながら、実際に注文がどれだけ入るかが結果だと思います。
   /data/blog/archive/original/38414.JPG
具体的に価格や送料などを聞かれる秘書の方もおられたので多少は期待してもいいのかな?
とにかく初めての出展だったので後は結果を待つのみです。











































































































































































































































































































































































































































































 

この記事だけを表示

お知らせ2017年9月11日 18:20

テレビ取材を受けました。

/data/blog/archive/original/38335.jpg
くまもと県民テレビで もち麦の取材がありました。(熊本ローカル番組)
kktテレビタミン水曜日の17:20分くらいの「チョイコレ」(choice&collection)のコーナーでLonowaの「もち麦」が紹介されます。小生もセリフ有りで収録されましたが、間違いなくほんの一瞬なのでまばたきしてると見逃しますよ。まだまだもち麦のブームは続いているようですね。水溶性の食物繊維が多いので腸内環境を改善する効果だったり満腹感だったり、女性にはうれしい食べてダイエット効果が期待できるスーパーフードなんです。今でも本屋さんにはもち麦のダイエット本を目にしますね。Lonowaではもうかれこれ15年以上前から栽培してどちらかというと地味に販売していました。しかしメディアで取り上げられると一気に火が付きブームとなるのですね。問い合わせや予約など増えています。お求めになりたい方はネットショップからご注文下さい。Lonowaのネットショップには十分な在庫を確保しております。

この記事だけを表示

お知らせ2017年8月24日 08:30

連日、草抜をしています。

九州は連日猛暑が続いています。
それでもいい塩梅で夕方から明け方にかけて雨は降っているので、作物にしてみれば良いことではありますが・・
それよりも雑草の方がもっと喜んでいるようです。この前草抜きをした大豆の畑がウソのように雑草だらけになり、あの辛い草抜き作業は何だったんだろうと思えるほどの勢いで雑草がはびこっていたのです。だから男性陣はアルバイトを従えて連日草抜き作業を行っています。
今年は初期段階での機械除草が意外とうまく出来たようでしたが、どうしたものか急に雑草が勢いよく伸びてきました。
田んぼの畦草も、また伸びてきました。どうしてもこの時期は人的資源が不足気味となるのですね。みんな夏バテ気味だから旨いもんでも食べに行って元気を出してもらうことにしようと思います。
画像は、柳原製の製粉機です。歳は小生と同じくらいですね。
/data/blog/archive/original/37366.png

この記事だけを表示

お知らせ2017年8月8日 10:45

ひまわり

台風5号の熊本への被害はそれほどありませんでした。
台風と言えば、九州は「その通り道」だったのですが、どうも最近はそれは違うような感じですね。今回の台風5号も日本海側から北陸へと進んでいるし、昨年は北海道などが台風の被害にあっていますから、台風の進路も定まっていないと考えなければなりませんね。まさに「無常」"つねはない”ということです。台風シーズンはこれから、"備えあれば患いなし”色んな災害がありますが、台風は発生から進路に至っては予報進路が円で示されるのでその予報円に入っているならば、台風対策は事前にしておくべきですね。Lonowaも今回、作業場の機械類や収穫した麦など濡れたりしないように対策をしていました。"備えあれば憂いなし”
夏の花と言えば、やはり「ひまわり」ですよね。近くの畑いっぱいにひまわりが咲き誇っていました。ミニ太陽が畑一面に広がっている様子は、小生の頭の中を、夏休みにやんちゃしてた小学生の頃にタイムスリップしていました。ひまわり、夕立ち、セミの声、風鈴、西瓜、かき氷、流しそうめん、夏を感じましょう。
今日の画像はひまわりです/data/blog/archive/original/36901.jpg

この記事だけを表示

お知らせ2017年8月7日 17:40

草取り作業のようす

大豆の草取り作業です。
炎天下での草取り作業は、中々ハードなために出来れば朝夕の涼しいうちに行いたいのですが、それが行えない理由があるのです。それはなぜかというと、朝夕の涼しいうちだけでは取りこなせないから終日行っているのです。簡単にいうと畑一枚だけでは終わらないから、この時期は大学生などのバイトを投入して行わなければ取り終えることが出来ないのです。
いくら技術が進んだとはいえ農業機械にも限界があるのですね。根元の雑草まで除草できる機械はまだまだ開発できていません。現実的にいうとそれらの機械の開発に大きな開発費を投じ作った所で、数十万~数百万円する機械と、除草剤という数百円~数千円の化学薬品、同じ結果を得るのにそれだけの違いがあるのですね。というか機械は開発されていませんね。比較するなら10a当たりの草取りに要した手作業のコストとなりますが、単にコストだけではなく疲労などコストでは計算できない部分がありますよね。
もうしばらく草取り作業は続きます。

/data/blog/archive/original/36862.jpg

この記事だけを表示

お知らせ2017年7月31日 19:40

Lonowaのコーナーが出来ました。

Lonowaも応援いたします。
熊本地震により大きな被害を受けた「サンリブ健軍店」がいよいよ8月3日からリニューアルオープン!
特に被害が大きかった所にあったので営業再開まで時間がかかりましたね。地域に密着したお店だけに、皆さんもずいぶんと待ち望んだことでしょう。 その「サンリブ健軍店」さんとご縁あってLonowaのコーナーが誕生しました。健軍地域に元気と活力がこれまで以上にあふれることをお祈りして行きたいと思います。

/data/blog/archive/original/36643.JPG

この記事だけを表示

お知らせ2017年7月24日 12:50

除草剤を使わない除草とは

除草剤を使わない除草とは
Lonowaでは、特に夏作の除草が最も手がかかり、しかも重労働な農作業なんですが、毎年苦労している作業だからこそ、もっと楽になる方法はないだろうか?・・・と辛い作業をしながら考えているのです。
今日、作業場へ行ってみると乗用管理機に見慣れないアタッチメントが装着されていました。「3人寄れば文殊の知恵」とはよく言ったもので、農場長、スタッフら3人で試行錯誤して「除草装置」を制作していたのでした。まだまだ試作機ですが、うまく行くことを見守りながら成果を見て、またブログにアップしたいとおもいます。さてその除草剤を使わない除草とは? ストレートにいうと「人海戦術」手作業なんですねこれが。もちろん管理機でも使いますが、株間と根本にけっこう草が生えるので夏の炎天下の中で手作業で草を抜くしか方法がないのです。開発中の除草装置はいかに根本の草まで除草できるのかがぽいんとですね。うまくいったらいいのですが・・・・
東 博己
/data/blog/archive/original/36370.png

この記事だけを表示

お知らせ2017年7月14日 11:45

雑穀シリーズ ひえ

雑穀シリーズ 「ヒエ」のお話し
"ひえ” と言えば、稲の中に潜む厄介な雑草というネガティブなイメージです。でもこれは、あくまでもお百姓さんに限ったことでしょう。田植えをしてしばらくするといつの間にか稲の株間にひえが一緒に育っているのです。しかも初期から中期は、稲とまったく区別できないのです。だから生育の後半でやっとその違いが判断できるようになつた頃には穂が出ていて種が田んぼに落ちてしまうのです。こうやって少しずつ田んぼにひえが広がって行くのです。お百姓さんにとっては厄介な事ですが、植物が種を残すメカニズムは凄いですね。最後まで稲にカモフラージュしているのですから、不可思議ですねまるで意識があるかの如く、というかありますよね。稲は人工的に品種改良を行って人間の食料としては優秀ですが自ら種を残す能力は雑草には及びませんね。そんな"ひえ”ですが実は稲よりもビタミンミネラルが豊富に含まれている優れものなんです。画像は一昨年前の"ひえ”です。快晴の秋の空に羽ばたかんばかりの逞しいひえです。

/data/blog/archive/original/36039.jpg

この記事だけを表示

お知らせ2017年7月10日 16:30

きび 雑穀シリーズ

Lonowaの生産物のご紹介「もちきび」
自分の体は自分が食べるもので出来ている。何も気にすることなく毎日食べている食事ですが、「これは体に良いのか悪いのか?」なんて考えている人は、まだまだ少ないようですね。最近でこそ少し増えているようですが、それは体に何らかのアレルギーの症状が出たり、異常を感じたりする人に限ったことで、まだまだ特別なことのように思えます。そこでお勧めのLonowaいち押しが「十穀豊穣」ですね。我々東洋民族の主食である、お米、ご飯ですが、大半の方が白米を食べていますよね。これは精米して食べたほうが美味しいからです。でも本来は玄米ほどパーフェクトの食べ物はありません。精米によりヌカとして取り除いた部分にこそ、人間が生きて行くための大切な栄養素が含まれているのです。それでも人間の口は、一度美味しいものを食べたら次からは美味しくない物はなかなか食べたくはないものです。そこでお勧めがLonowaの雑穀です。白米の炊飯時にほんの少量を入れるだけ、面倒な手間がかかるわけもなく、白ご飯がもっとおいしくなり、白ご飯に不足しているビタミンミネラルが摂取できる優れもの、それがLonowaの「十穀豊穣」なんです。今日はその中にブレンドされている雑穀「もちきび」の画像です。
/data/blog/archive/original/35889.jpg

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.