お知らせ 「日本の食を守りたい」ろのわファンド2017年06月

お知らせ2017年6月30日 10:30

暗渠排水工事は終わったけれど

Lonowaでは、今週から田植えが始まりました。
昨年の震災により、液状化した水田の暗渠排水工事を、多くの皆様の支援を頂いて行いましたが、想像以上に事態は深刻でした。水田の排水は、工事により元の状態以上に良くなったのですが、岩盤層を突き破って地下水が噴出している部分が数か所あり、そこは周りの岩盤層が破壊されて底なしの状態になっているのです。工事の段階でそんな所が数か所あることは確認できていたのですが、工事完了時にはその部分の水もひいたので安心していたのでしたが、水田に水を張り代掻きをしているとトラクターの車輪がその部分に落ち込み脱出不能となるのです。田植えをする前の代掻きは、田植えには欠かせない作業工程だけに避けて通ることは出来ません、大型のトラクターで牽引して幾度となく救出しながらやっと代掻きが終わりました。

/data/blog/archive/original/35543.jpg
 

この記事だけを表示

お知らせ2017年6月22日 02:00

家庭菜園だより「ミニトマト」

家庭菜園だより「ミニトマト」
母の愛情菜園の今の旬は、きゅりとミニトマトなんですね。農業の技術が進み、ハウス栽培、水光栽培などが常識となっている今日、いつが旬なのか分かりずらいですよね。貯蔵の技術なども重なると更に旬が分かりませんよね。そう言えば、
もうずいぶん前にドイツでベストセラーになった「月の癒し」って言う本が面白くて、夢中で読んだのでした。チロル地方のある集落において、月暦で暮らしている所があり、その仕組みを紹介したものでした。そこには、農業から医学、物理学、など人間が生きて行くために必要なすべての基本を月暦にしたがっているのです。例えば、新月から満月に向かっている時、満月から新月に向かうとき、さらに月の位置が12星座のどの位置にあるかで、種を蒔くのに最適な日、収穫する日、身体の治療する部位など、すべてそれにしたがって成り立っているのです。これは慣行栽培で、農薬や化学肥料を使っている農家の方などでは感じることは出来ないかと思いますが、有機農業をしをしているからでしょうか、わかりますよ。目には見えませんが・・・今日の画像は、ミニトマトです。
東 博己
https://pat.securite.jp/data/blog/archive/original/35301.JP

この記事だけを表示

2017年6月19日 11:40

イチゴ狩り?

誰よりも早く「いちご狩り」を楽しんでいました。
我が家の平和な一日のいちページです。自宅一角にある家庭菜園は、母の楽しみのひとつで、色んな野菜が季節ごとにいただくことの出来る愛情いっぱいの菜園。その中のプランターにいちごをそだてているのですが、あと2・3日で食べられるなぁ~と思っていて、3日後にはありません。また2日後にたべられそうないちごを見つけて、その2日後にはありません。母は育てることが好きで食べることにそれほど執着はありません。「う~ん。これはおかしい、きっと嫁の仕業かな?」嫁は果物が大好きで、よく子供たちに「あなたたちより早く死ぬんだからお母さんに譲りなさい」と言って食べているのです。父は、母のことをよく嬶と言い、なんで嬶なのか考えたことが無かったけれど、そういえば嫁とやり合うといつも「俺は婿養子だったっけ。」と嫁の地位が上であるような気がするのです。あの一休禅師が歌った歌にもありました。「世の中の娘が嫁と花さいて嬶としぼんで婆と散り行く」(うちの嫁も環境に順応する能力が長けていて、嬶の領域に突入されたのは早かったと思うのですね。)・・・犯人はその嫁と思っていたのですが・・・現行犯を見つけてしまいました。まさか君だとは。ぽかぽか陽気のなか、お散歩の途中でもぞもぞといちご狩りをしていたのはペットのM・シュナウザー「れお」だったのです。このブログを嫁(嬶)が見ないことを祈りながら・・・・
東博己 

/data/blog/archive/original/35179.JPG
 

この記事だけを表示

2017年6月16日 12:00

小麦粉のお話し

梅雨入りしたものの快晴の日が続いております。
そのおかげで麦の収穫は順調に終了することができてひと安心しています。近年は、国産小麦のブームが到来していて、全国的にパン屋さんが国産にこだわりを求められる傾向にありますね。Lonowaの小麦粉は有機JASの小麦粉。普通にパン屋さんがオーガニック(有機)の業務用を入手しようと思ったなら輸入の小麦粉となってしまいます。その理由は、国内の小麦の生産から小麦粉になる過程に原因があるのです。そもそも国土の狭い日本の農業で麦を生産するとコスト的に海外の麦に太刀打ち出来ないのは想像できますよね。だから輸入の麦には高い関税をかけ国内の農家にその分を助成金として支払い、農家を保護する仕組みが存在しています。つまりその仕組みが無かったなら農家は採算が取れないのです。次に収穫した麦は水分を調整して選別をしなければなりません。この工程は地域のJA等が運営する大規模なカントリーエレベーターを利用して行うのが今は一般的で、複数の農家の麦が一度に調整されるので、麦の赤かび病の防除をしないとカントリーエレベーターが受入してくれません。つまり農薬の散布が必須となっているのです。だから国産小麦の生産調整の工程で有機が成立することがありません。もう一つは製粉する工程が有機JASの認証を持っているかどうかですが、国内の生産物に有機が存在しないから流通されていないのが現状なのです。ならなぜLonowaは有機小麦粉でパン屋さんにお届けできるのかと言うと、独自に調整から製粉まで行っているからなのです。今は、まだパン屋さんが国産小麦であることにこだわりを求めていますが、さらにオーガニック(有機)を求めるようになればLonowaだけではまかなえないのが目に見えているのですね。それだけ希少価値を持っているのがLonowaの有機小麦粉なんです。
東 博己

この記事だけを表示

お知らせ2017年6月7日 09:10

水稲苗床完了です。

水稲用の苗床苗出しが終わりました。
/data/blog/archive/original/34808.JPG
液状化した水田の暗渠排水工事がなんとか終わり、今年計画したすべての田植えが出来そうで一安心しています。皆様方からの支援付ファンドの方も着々と集まってきており感謝の気持ちでいっぱいです。ろのわでは穀物のブレンドを行うために水稲は3種類、6品種、つまり3種類とはうるち米(ヒノヒカリと森のくまさん)色米(赤、黒、緑)もち米(ヒヨクモチ)と言う内容です。これらの種をポット用苗箱に1枚につき約70gまいて専用の苗育成圃場に並べ保護シートで芽が出そろうまで保護します。その後はシートをはがし苗は1日1日目に見えて成長して行き25日以降田んぼに移植、つまり田植えが出来るのです。この種を蒔いた箱を苗床に出す作業こそがけっこうしんどい作業で、基本全員参加での作業なんですが今年は菜種の収穫と重なり小生は参加しませんでした。
東 博己

この記事だけを表示

お知らせ2017年6月6日 11:30

今年はすずなりです。

"びわ”がすずなりになっています。
よく表年と裏年なんて言われますが、確かにそうかもしれませんね。販売するために植えている"ビワ”では無いので一年おきに多い少ないが起こるのでしょう。商売となると人間が剪定して粒を大きくしたり成る数を安定させたりするので、こんな現象は起こらないのですね。今年はたくさん実がつきましたが問題は甘いかどうかが重要なんですが、まぁ~合格点です。/data/blog/archive/original/34776.jpg
甘くするテクニックもあるのですが甘くしすぎると鳥にやられてしまいますよね。そんな事も含めて考えると今年は「ええ塩梅」でしょう。果実を甘くするテクニックって言うのは、やはり根にそれなりの栄養を届ける事なんですね。毎年植えるて収穫を繰り返す単年の作物と違い、樹木はずっと同じと所なので実は根のお世話をすることがとてもていせつなんです。幹から上は目に見えますがその目に見える部分に変化(病害虫の影響)が起きてからでは対応できません。ふだんから目に見えない根の事を思う事が立派な実を結ぶことになるのです。これは例えば"お家”も同じです。土の中の根がご先祖様、幹が両親、枝葉が自分たち、実が子供と言った具合で、ご先祖様方が残してくれた徳に感謝する行為つまり供養をきちんと行ってこそ繁栄があるのですね。今年の夏は祖母の3回忌、しっかり供養させて頂きます。
東 博己

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.