お知らせ 「日本の食を守りたい」ろのわファンド2017年05月

2017年5月31日 09:45

鹿の角が麦畑に落ちていました。

鹿の角が麦畑に落ちていました。
5月29日、熊本県の南、球磨郡錦町(菊池から高速を使って1時間半)にはだか麦の収穫に行ってきました。この辺りには農作物を食い荒らす鹿の被害が多く発生していることは聞いていました。麦の収穫で畑に入ったら何やら下に怪しいげな茶色いものが・・「マムシ」かと思って一瞬飛び上がり1mくらいぶっとんだと思いますが、こっちのactionに反してあちらのactionはおきません。(蛇が何よりも苦手な小生)それもそのはず、よくよく見ると「鹿の角」だったのでひと安心でした。
/data/blog/archive/original/34649.JPG
そうそう、なんで錦まで麦の収穫に行ったのかと言いますと、実は有機栽培仲間が4月に亡くなられ残された奥さんが困られておられたので小生が収穫を手伝ったのでした。経営規模が10haほどの農家さんで麦は5haくらい作られていたのです。まだ60代前半の若さでしたが癌の病に勝てず逝ってしまわれました。生前はこれからの農業について良く語り合い、現在高校2年生のご長男の進学について心配しておられました。東京農業大学が良いのか、農業経営者大学校が良いのかと、入院中でもその事ばかり話されていました。農業に対してたくさんの情熱をもって多くの研修生なども受け入れられ、農業の発展に尽力されていた方でした。どんなに良い行いをしたかと言って長生き出来るとは限りませんね。そのような方が亡くなるなんて本当に残念な事です。この世は無常、あす命があると言う保証なんかないにもかかわらず「死」について普段から何も考えていないのが私たち。人の死をもって自分の死について考えるべきではないのでしょうか。人間として生まれてきた目的を知り、後生の一大事の解決を遂げ、「我が人生に悔いはなし」と言って死を迎えたいものです。
東博己

この記事だけを表示

お知らせ2017年5月25日 13:15

お得意様が農場に来られました。

5月23日(株)千惣 様がLonowaに視察に来られました。
渡辺社長はじめ6名のスタッフの皆さんありがとうございました。千惣様とのお取引はもう10年以上になりますね。その経緯は話せば長いことになりますので、また機会を見て書き込ませて頂くとして今回の視察は、弊社の商品に小石の混入があり、その改善防止策を先々月渡辺社長が視察に来られ、生産の現場をスタッフの皆さんにも見せたいと言う事で実現しました。あまり良いきっかけでは無いのですが・・・千惣(ちそう)様は、おいしさ、安心安全、健康をモットーにイトーヨーカドーやイオンJR駅などで惣菜作り販売されている会社です。小石混入防止対策はピックストーン(石抜機)を追加してラインに入れる事で、実際にライン上に故意に入れてた小石を全てはじける事を前回、渡辺社長に確認して頂いていたので今回は、スタッフの皆さんに現場を見てもらい、調理の食材をどんな管理のもとにどんな思いがあって生産しているか、さらにプチ生産体験をして頂く事が目的でした。調理するうえで生産者の顔が見え、どんな環境で生産された物かが分かっているのといないのではお客様にお勧めする時の自信に大きな差が出るのですね。

                    /data/blog/archive/original/34470.JPG
昼食は我が家で、熊本の郷土料理"だご汁”を食べながらLonowaの若手スタッフも一緒に色んなお話が出来ました。


/data/blog/archive/original/34471.JPG
麦刈りの体験もして頂きました。この体験を生かし(株)千惣様の益々のご発展をお祈りします。
東 博己

この記事だけを表示

お知らせ2017年5月24日 15:50

はだか麦の収穫が始まりました。

裸麦の収穫が始まりました。
この麦は、主にみその原料になったりするのですが、Lonowaでは丸麦と押し麦に加工され雑穀と一緒にブレンドされています。もちろん単品としても販売もしています。今年は天候にも恵まれ今の所順調に収穫も進んでおります。そんな中、新たな命が誕生していました。納屋の梁につばめの巣があり少し前から親つばめが卵を抱いていたのですね。うぶ毛におおわれたヒナは黄色で縁取られたクチバシが体の半分を占めているようでかなりの不格好なんですね。その昔のまだ古い家には土間があり、その入口は大きなスライド式になっていて、その大きなドアに小さな人が出入りするドアがあり、またその上につばめが出入りするさらに小さなドア(小窓)がありました。小生が小学3年生頃まではつばめも我が家で共に暮らしていたものでしたね。ヒナは親つばめがエサをくわえて小窓から土間に入ると"ピーピーピーピーッ”と我にちょうだいと鳴くのです。暮らしの中につばめの鳴き声があったのです。今は納屋でこそ聞けますが農家が減少して行く中で近代的な家が増えて行き、実際につばめたちも巣をつくる所が無くなって行ってるのでしょうか?
/data/blog/archive/original/34452.JPG

/data/blog/archive/original/34453.JPG
日に日に成長と共に巣の占有率が高まり限界に達する頃には良くしたもので飛べるようになって行くのですね。自然って、動物ってすごいですよね。不思議ですよね。
数えてみると5羽ふ化していました。
東 博己

この記事だけを表示

お知らせ2017年5月17日 11:00

熊本パン日和イベント

熊本パン日和イベントに行ってきました。
さる 5月13日土曜日、阿蘇女学校跡で開催された「熊本パン日和」のイベントでしたが、前日から当日未明までは大雨で開催が困難な状況かと思っていましたが、大雨もイベントを知っていたのか朝には止み、絶好のイベント日和となったのでした。
/data/blog/archive/original/33936.JPG
Lonowaでは今回、有機野菜、有機小麦を使って焼いたパン、有機の小麦それに、フルーツドリンクを販売いたしました。当日はやはりパン愛好家が多く、お目当てのパン屋さんのパンは終了時間前に完売していたとのことでした。
/data/blog/archive/original/33927.JPG
Lonowaがパンを焼き始めたのはつい先日の事、愛好家さんたちに知ってもらえるまでまだ少し時間がかかりそうですね。
/data/blog/archive/original/33929.JPG
東 博己

 

この記事だけを表示

お知らせ2017年5月11日 12:20

感謝状を頂きました。

感謝する方が感謝状を頂きました。
/data/blog/archive/original/33722.JPG
5月8日九州東海大学農学部の学生さん40人がLonowaの農場に実習に来ました。一年前の熊本地震で東海大学農学部は甚大な被害が発生し、一年経った今でも水道も復旧していない状況なのです。したがって学生は熊本市内にある東海大学の熊本校舎で授業を受けていますが、農業実習が出来ない状況なんですね。Lonowaは東海大学のモニター農家として登録しており、松浦先生の研究室とは父の代からの長いお付き合いがあるのです。しかし今回は研究室の皆さんではなく、全体の農業実習と言う事でお話を頂き、「麦畑の草取り作業で良ければどうぞお越し下さい。」と快諾していたのです。
/data/blog/archive/original/33723.JPG
Lonowaの農場長は「早志亮平」と申しますが、実は早志農場長は九州東海大学農学部、松浦先生の研究室だったのです。ですから彼は学生の頃からLonowaに来て雑穀の根の研究をしていたのです。当日は彼に任せ作業の説明など行っていました。
                    /data/blog/archive/original/33724.JPG
20aほどの小麦畑ですが、毎年「カラスノエンドウ」がこの時期からどんどん伸びて来て圃場全体に広がるのですね。これを退治するのは人海戦術しかなすすべがなくLonowaのスタッフだけで行うと20aでも1週間程度を要するのです。今回はその作業が約2時間で終了。有り難い事です。本当はLonowaが感謝状を贈るがわなんですよね。

                                       /data/blog/archive/original/33725.JPG
皆さん大変ご苦労様でした。
感謝!
東 博己

 

この記事だけを表示

お知らせ2017年5月3日 12:00

暗渠排水工事が始まりました。

やっと始まりました。
震災で液状化した田んぼの暗渠排水工事は、施工業者さんの都合でなかなか始まらなかったので焦っていたところでしたが、今日から着工です。着工前に自分たちで重機を入れて工事が早く進むように排水工事は済ませていたので施工が始まると工事は早いと思いますが、最初の画像は着工前でその後は施工中の画像です。/data/blog/archive/original/33558.JPG
まだ水が下から湧いて排水が出来ない所が数か所確認できましたが、この程度なら施工に支障はないかと思われます。
/data/blog/archive/original/33559.JPG 
さすが本職、人数も多いけれど動きが早い。若い職人さんがてきぱきと要領よく重機で掘った後を鍬で均一にレベルを見ながら均して行きます。
/data/blog/archive/original/33560.JPG 
この様子だとあまり時間はかからないこもしれませんね。
工事のようすこれからもアップして行きます。Lonowaのホムページhttp://www.organic-lonowa.co.jp/index.html  Lonowaの直販サイト http://lonowa.shop-pro.jp/  
 ものぞいて見て下さい。
Lonowa 東 博己




 

この記事だけを表示

2017年5月2日 13:00

「新緑はエネルギーがいっぱい」

新緑はエネルギーがいっぱいですね。
先日まで麦踏をしていた麦が、新緑の時期を迎えたとたんに一気に穂を出し急成長するのです。勢いをつけるために一度しゃがみこんでいたかの如くその姿の変化は、畑を巡回する私にも力をあたえてくれますね。何と言っても空気がおいしい。大きく深呼吸をするとからだ全体、隅々までの細胞にそのエネルギーが行き渡る感覚を実感します。/data/blog/archive/original/33504.jpg
自然界は平等な慈悲によって麦も勢いよく育ちますが、色んな雑草も同じなんですね。有機栽培のLonowaでは除草剤などの農薬は一切使用しないためこの時期から伸びた雑草は手作業で取り除くのです。写真はもち麦の畑のカラスノエンドウを除草している細君です。もち麦は最近特にブームで、もち麦でダイエットが出来る事が話題で何処の書店でもそのダイエット本をよく見ますね。Lonowaではそのブームに関係なく15年ほど前からもち麦も栽培していますが、このところブームによるニーズが増えています。日本マクドナルドの創始者、藤田田さんが「女性と口」をターゲットにしていたのが分かりますね。
Lonowa  東 博己

この記事だけを表示

催事情報2017年5月2日 11:35

「熊本パン日和」阿蘇でイベント開催します。

「熊本パン日和」/data/blog/archive/original/33488.jpg
Lonowa は「熊本パン日和」に参加します。
このイベントは、パン好きの本屋さん、印刷屋さん、イラストレーターさんが、昨年宮崎で「宮崎パン日和」の出版イベントを行って好評だったので熊本を元気にしようと「熊本パン日和」の発刊を企画し阿蘇でイベントを行う事になりました。Lonowa も有機の小麦粉を作っているのでこの本に紹介されています。当日は本の販売も行われますが、パン屋さんや色んなお店が出展し飲んだり食べたりも出来るイベントです。Lonowaはパンと焼き菓子それにスペシャルフルーツドリンクなど販売いたします。このブログを見て来られた方にフルーツドリンクをサービスいたします。16:00~は音楽イベントも予定されています。どうぞご来場ください。
株式会社 Lonowa  東 博己         

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.