藤田商店わかめウニファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年12月20日 22:22

藤田さんの様子を見に行ってきました!

被災地応援ファンド応援団の山田です!

ちょっと前のことですが、12月9日に気仙沼に行き、
久しぶりに藤田さんに会ってきました。



というのも、その前々日の7日に大きな地震があり
数10cmから1mくらいの津波が宮城県沿岸部にも
押し寄せたということだったので、陸上は被害がなくても、
養殖いかだに被害が出ているのではと心配だったんです。

セキュリテのブログでも、藤田さんがワカメの種まきを
ようやく終えたばかりと書いていた、その直後だったので
このタイミングで、、、と思っていたのですが、
今回は全く被害がなかったとのことで、ほっと一安心。。。

斉吉商店の和枝さんのツイッターで、唐桑の盛屋水産さんの
牡蠣もほとんと被害なしと書いていましたし、
地元紙・河北新報でも、大きな被害なしと報道されていたので
今回は全域的に大丈夫だったようですね。本当に良かった!
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/12/20121209t13015.htm


年明け、1月末くらいからワカメ収穫がはじまるので
ワカメのボイル作業を行う漁港の作業場所の状況を
藤田さんに案内してもらいました。



お伊勢浜という、気仙沼では有名な海水浴場の
すぐ脇の漁港になのですが、お伊勢浜の砂浜は
地盤沈下により、全く砂浜が見えない状況が続いています。
(海の下には砂が残っているそうです)


こちらがワカメのボイル作業を行うところになります。







震災前の2010年、2011年とボイル作業の様子を
見せてもらっていたのですが、その以前と同じ場所で
今年は作業をすることができるそうです。

※2010年、2011年のワカメ作業の様子
 
http://yamada.da-te.jp/e286466.html
 http://yamada.da-te.jp/e405258.html
 (↑の画像と同じアングルの風景が載っています)


当然ながら1m近い地盤沈下の影響で、
全く同じ位置では海水が押し寄せてできませんので
少し陸側にバックしてやることになるとのこと。





船が岸壁につけられるように、応急工事によって
部分的に嵩上げして直した様子がわかるでしょうか?

でも、これでも満潮時には水面に沈んでしまうとのとこで
もう少し上げなくてはいけないとのとこです。大変ですね。

ワカメの生育状況も、夏の猛暑の影響でまだ海水の温度が高く
内湾では芽落ちしたりしているところも多いということで
まだ心配の要素は多いみたいです。

とはいえ、年明け1月下旬からは収穫が始まりますので
旬の生わかめ・めかぶを楽しみに待ちたいと思います!(^^





ちなみに、↑がワカメを海水でボイルする設備の一部です。
(上の画像の手前は、わかめの種をまきつけるロープとブイです)

種まきの作業の様子については、藤田さんのブログ記事をご覧ください。
また年明けに作業が始まったら、様子をレポートしたいと思いますので
どうぞお楽しみに!!


さて、せっかく来たので、工場の中にも寄られてもらって
最近扱っている商品も見せてもらいました。

藤田さんが先日もブログ記事に書いてましたが
海藻関係のセットが贈答用などにも人気のようです(^^







イクラの醤油漬けが気になっていたので一つ買ってみました☆
大きい容器の方で1000円です。
無添加で薄く味付ているだけとのことで、食べるのが楽しみ(*^^*)


まだまだ大変なことは多いのが現状ですが
藤田さんは気仙沼のワカメを引っ張っていく存在なので
ぜひがんばってほしいです!!



藤田商店さんのファンドはまだ募集中ですので、
ぜひ応援をお願いします!
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=327