マルトヨ食品さんまファンド ファンドニュース 2012年06月

被災地からのレポート2012年6月24日 09:33

天皇杯受賞商品『さんまくん』

震災前は、『さんまくん』 頭から尻尾の先まで食べられるさんまの燻製を作っていました。

実はこの商品。

農林水産祭の『天皇杯』を受賞した、商品なんです。

その写真が事務所整理の際出て来ました。

天皇杯受賞商品『さんまくん』

埃をかぶってましたが、当時の一本一本手作りで桜の木で燻製にしていたことを思い出しました。

工場再建まではまだまだ遠い道のりです。

確か!受賞カップも有った気がします。そのうちお見せいたしますね



--------------------------------------

気仙沼のマルトヨ食品を応援するファンドは、1口1万500円です。

皆様の資金は、

みりん干し等を製造する乾燥機械や、燻製機械などの購入費用等に充てられます。

 

マルトヨ食品

 

 

 

 

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年6月20日 12:02

ご心配おかけいたしました

昨夜の季節はずれの台風で気仙沼地区の避難勧告が発動されて、問い合わせのメールやFBでの励まし、ありがとうございました。

幸い、当社においては被害はありませんでした。

皆様にご心配頂いたことに感謝です。

とは言っても、この地区はご覧の通り、沼地か出来てます。 本当に 気仙・沼 になっちゃいました。

地盤沈下が進んでいるのでしょうか。

従業員(5人ほどですが)も、その家族も無事でした。

鹿折地区

 

まだまだ、工場の復旧はかかります。  それ以上に 街の再生も。

今後とも被災地を応援ください!!!!!

 

--------------------------------------

気仙沼のマルトヨ食品を応援するファンドは、1口1万500円です。

皆様の資金は、

みりん干し等を製造する乾燥機械や、燻製機械などの購入費用等に充てられます。

 

マルトヨ食品

 

 

 

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年6月16日 14:33

お時間を頂き、『被災地の事業を語らう!』

先日の新宿伊勢丹さんの販売会では多くの方にいらしていただけました。

ありがとうございます。

実はその期間中に被災地の業者さんとの語らいの会が行われました。

私も、30分という短い時間を頂き、お買い物で賑う午後にお話をさせていただきました。

行き交う人も多く、時間が迫ってくるにしたがい、だんだん落ち着きが無く、舞い上がっている自分に気づき、

そわそわしだしてると ミュージックセキュリティーの方が

『ファンドの事もしゃべって下さいね』 の プレッシャー

無論、わかっているのですが、

『忘れちゃいけない!!忘れちゃいけない!!!!』 と思えば思うほど

力が入り、せっかく少しは考えていたことが、飛んじゃいました!!

『なんか、目が泳いでますよね、この写真。』

写真はありませんが、8日の夜にミュージックセキュリティーさんのオフィスでファンドに参加されている方々、

これから参加しようと考えられてる方々 との懇談会も行われました。

こちらも大変、私にとって勉強になりました。

ファンドに参加されてる方々のお顔が見えるお付き合いが実感できました。

ありがとうございます。


--------------------------------------

気仙沼のマルトヨ食品を応援するファンドは、1口1万500円です。

皆様の資金は、

みりん干し等を製造する乾燥機械や、燻製機械などの購入費用等に充てられます。

 

マルトヨ食品

 

 

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年6月14日 10:23

お礼。

皆様へ

今回、新宿伊勢丹さんにおける物販の販売会にお越し頂いたみなさま、

さらにフェイスブック等でに『いいね』をおしていただいたみなさま、

ミュージックセキュリティーズページを見ていただいた皆様に感謝いたします。

本当に初めての出店で右も左も分からず6日間販売させていただきましたが、

最終日に商品が無くなり、せっかくお越しいただいたのに申し訳ありません。


私自身、フェイスブックやミュージックセキュリティーズさんのこのファンドをしていなかったら、

皆様にお会いすることも無かったし、ましてや、

マルトヨ食品㈱の商品も購入していただけない思うと怖いくらいです。

新たな『出会い』ができ、さらに、励ましのお言葉をいただき感謝申しあげます。



昨日の夜、気仙沼に戻りました。駅に降り立ち、会社のある鹿折地区に戻ると、

今までいた新宿と正反対の世界が広がっていたのに愕然としました。

そこには八時だと言うのに人っ子一人もおらず

時折通りすぎる車のヘッドライトが遠くを一直線に照らし、

あたかも『船』へ導くかのように電信柱が異様なほど等間隔で並んでいました。

幻想と現実の世界、どちらが幻想で、どちらが現実の世界なのか混同します。

いや、どちらも現実なのです。

改めて、いろいろ発信できればと思うようになりました。

みなさま、ありがとうございました。

またこのような機会を与えてくださった方々に感謝申しあげます。

マルトヨ食品㈱ 清水 浩司

 

 

 

 

 

--------------------------------------

気仙沼のマルトヨ食品を応援するファンドは、1口1万500円です。

皆様の資金は、

みりん干し等を製造する乾燥機械や、燻製機械などの購入費用等に充てられます。

 

マルトヨ食品

 

 

この記事だけを表示