KFアテイン雪滑り塗料ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2014年12月22日 19:05

雪国の方々に私たちができること。

こんばんは!雪滑り塗料ファンドのKFアテイン㈱佐藤です!

今月も残すところ10日ですね。

昨日のニュースで長野と新潟で除雪作業中の事故が相次いでいるという報道を耳にしました。特に屋根から転倒したという報道はとても辛い気持ちになりました(;-;)

「雪で困っている方々の一助になりたい!」という想いでおります弊社ですが、こういったニュースを耳にするととても悔しい想いでいっぱいです。

豪雪地域では屋根に2メートル程の雪が積もります。2メートルも屋根に雪が積もると、悪天候であれどうしても屋根に登らなければならないという状況になります。

豪雪地域にお住いの方はご存知かと思いますが、皆さま、雪が屋根に積もるとドアが開かなくなるのをご存知ですか?雪の重みというのはものすごい重さになるんですよね。

屋根の雪が温かい日にとけ、氷柱(つらら)となることもあります。

氷柱はとても危険なんです!!!屋根の下や道を歩いていて、落雪とともに尖った氷柱(つらら)が落ちてきて、怪我をしかねないです。

雪は常に危険と隣り合わせです・・・(><)

改めて、雪の恐ろしさを実感するとともに、もっともっと弊社の雪滑り塗料「雪王」と屋根用塗料「陸王」を広めて一人でも多くの方を救いたい!屋根に登らなくてもいいようなお手伝いがしたい!!と強く思うばかりです。

秋田出身のわたしからしてみると当たり前のことでも、雪のあまり降らない地域に住んでいる友人に雪の話をすると「え!そうなの!知らなかった!」と驚かれることが多々あります。

弊社から全国の皆様へ、雪の恐ろしさや除雪作業の大変さを少しでも伝え、雪に対しての理解を深めていただけるような発信をしていかなければ、と思う瞬間でもあります。

ところで、除雪作業中の事故で、屋根からの転落による事故が特に多いそうです(><)

下記は内閣府政策統括官(防災担当)が掲げる除雪中の事故防止のための10か条です。

(リンク:内閣府http://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/h21/05/news_01.html

心がけましょう!除雪中の事故防止のための10か条

  • 作業は家族、となり近所にも声掛けて2人以上で!
  • 低い屋根でも油断は禁物!
  • 建物のまわりに雪を残して雪下ろし!
  • 作業開始直後と疲れたころは特に慎重に!
  • 晴れの日ほど要注意、屋根の雪がゆるんでる!
  • 忘れずに!命綱とヘルメット
  • はしごの固定を忘れずに!
  • 除雪道具はこまめに手入れ、点検を!
  • エンジンを切ってから!除雪機の雪詰まりの取り除き
  • 携帯電話の携行を忘れずに

除雪作業中は上記を心得て作業していきたいですね。

弊社代表川又から「雪国の除雪作業は命懸けだ」という言葉を聞いておりました。

ここ数日、この言葉の重みを感じております。

私どもが雪国の方々のためにできること。

それは雪滑り塗料「雪王」「陸王」を広めていくことだと思います!!

社員一同、気を引き締めて雪で困っている方々のお役にたつべく、これからも頑張っていきます。

除雪作業に携わる方、積雪のある地域にお住まいの方の安全をお祈りいたしております。