KFアテイン雪滑り塗料ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2014年11月18日 18:50

感動の日々です。。。

お久しぶりでございます。
KFアテイン 林です。

いつも弊社ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

前回の更新後、佐藤より★KFアテイン『想い』のバトン★を渡されました!!


これから社員一人ひとりの想いをこのバトンで繋いでいきたいと思います。
トップバッターで緊張しますが・・・頑張ります(^_^)


今年度も、官公庁様、整備業者様、除雪委託業者様へ、私は営業という立場で
たくさんご訪問またはお電話をさせて頂きました。
この場をお借りして、お忙しい中ご対応頂いた皆さまへ心からお礼申し上げます。
いつもほんとうにありがとうございます。



本日は、東北のある市町村の除雪御担当者様から頂いたお言葉を皆さまへお伝えしたいと思います。


「少しでも除雪委託業者様のご負担を減らしたい・・・それが地域の安全に繋がるんだ!」


東北地方の中でも雪の多いこちらの市町村様では、除雪車の除雪装置への雪詰まりや着雪、重機に積もる雪の除去作業を、
除雪作業中や作業後に毎回約30~40分かけて行わなければいけません。

地域により異なりますが、除雪車のオペレーター様(運転手様)は、深夜や早朝に除雪、昼に拡幅作業をしているため、とても不規則な生活を強いられます。

また、どんなに雪が降ったとしても通勤・通学時間までに作業を終わらせなければいけないため、日々時間との闘いです。

その上、先程ご説明した除去作業もするため、その苦渋性は計り知れません。

そんな除雪作業中や作業後、車体にくっついた雪を除去しなければいけないのはあまりにも大変で
この現状をなんとかしたいというお話がございました。

もし着雪を減らすことができれば除雪作業が軽減し、作業時間の短縮にも繋がります。
作業時間が短縮できれば、オペレーター様が短い時間のなかでもより正確な除雪作業を行うことができるようになります。

そして、道路の安全が守られ、「雪国の方が安心して生活できるようになる」とお話頂きました。


このようなお考えを直接お聞きすることができたことに感動し、着雪防止塗料のメーカーとして改めて身の引き締まる思いがしました。





弊社佐藤もお話しておりましたが、

「雪で困っている人の一助になること」

私も、自分の使命であると考えております。


千葉県生まれ千葉県育ち、しかも家の目の前が海という環境で育った私は、
雪とは無縁の生活をしてきました。

そんな私もKFアテインに入社して、雪国で生活することの大変さや、弊社の商品が雪害を予防・防止できることを勉強していくうちに、1人でも多くの方を雪害からお守りしたいと思うようになりました。

まだまだ未熟者ですが、
雪害での事故0件を目指して、これからも皆さまへ弊社の商品と想いを全力でお伝えしていきたいと思います。



さて、
次は技術部の小野寺へバトンを渡しますね。

弊社の事務所と技術部は離れているので・・・行儀が悪いですが・・・投げます!





とどけ~!!!