マルトヨ食品さんまファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年4月17日 15:06

震災時写真です。

フェイスブックを観ていただいた方より、『震災時どうでしたか』なんて問合せがありました。

写真画面右上部に『マルトヨ食品』の文字が読み取れます。

この写真一枚でそのときの現状が想像出来ると思います。

炎の迫る中、三階で一次避難、迫ってくる炎を避け、夜、腰まで水に浸かり移動し無事救助されました。

黄色いものが消火ホースです。ここから先は瓦礫が行き先を遮り、延焼を抑えるのが精一杯なのを物語っています。

 

(会社前)

 会社前

 

(乾燥機)

マルトヨ食品

 

 

--------------------------------------

気仙沼のマルトヨ食品を応援するファンドは、1口1万500円です。

皆様の資金は、

みりん干し等を製造する乾燥機械や、燻製機械などの購入費用等に充てられます。

 

マルトヨ食品

 

 

 

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年4月11日 16:43

建屋状況

午後から降り出した雨がどんよりと肌寒く感じます。桜はまだまだみたいです。

雨が降ると、屋上での干し作業は中止!!!なかなか厳しいです。

こんな感じ!!! 寒々しい!!!

 

作業の建屋は順調とまでは行かないものの、こんな様子です。

作業してくれてる方も1・2人で集中で作業が出来ない様子です。

まだまだ っと云うのが本音でしょうか!

13ヶ月ですよ!!!あの当時、今頃の時間、あちこちで炎が上がり、

会社の3階でただ呆然としていたのを思い出しました。

 

あれから13ヶ月、被災地の方々、日常を取り戻すために一歩踏み出しましょう!!!

 

 

 

------------------------------------------------

マルトヨ食品さんまファンドの詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/263

 

 

 

 

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年4月9日 21:23

桜祭り報告

皆さまこんにちは。 
ミュージックセキュリティーズの森田です。

昨日、東京の中目黒の桜祭りにて、
桜の下でマルトヨ食品が 物産展に参加していることを聞きつけ、
様子を見に行きました。

この方が清水さんです。
マルトヨ食品
「自分の会社だけが良くなればいいのではない。
気仙沼にはまだまだたくさんの方々や企業が
大変な環境の中苦労をしている。それを皆さんに伝えたい。」と何度もおっしゃっていました。


ブースの様子はこんなかんじ。

マルトヨ食品
「がんばれ日本」という旗が春の風になびいていました。

マルトヨ食品
マルトヨ食品のさんまのみりん干し。
買ってしまいました!焼くだけ簡単!

マルトヨ食品

マルトヨ食品

マルトヨ食品

最近はずっと雨が降り続いていましたが、
春が来たことを感じました。
マルトヨ食品

------------------------------------------------

マルトヨ食品さんまファンドの詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/263

 


この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年4月9日 09:20

中目黒 桜祭り 参加。

4月7・8日の両日。 中目黒駅 そばの 販売イベントに参加いたしました。

目黒川沿いの桜がほぼ満開のロケーション。

東京の気仙沼を支援してくれている方々に支えられて、2日間でしたが、参加できてよかったです。

参加の案内が有ったのは、2週間前で、先方も急遽のご様子でした。

気仙沼市は目黒区と秋にさんま祭りを17年間もやってきた経緯もあり、本陣とは別の参加でした。

目黒区の青木区長さんもおこしいただいて、記念撮影。

ありがとうございます。 

そしてこんな方とも記念撮影。

会場特設ステージにて 学大FM の生中継。

『さんまマン』ことKEYBOW 伊藤さんとも パチリ!!!

実は彼、れっきとした ミュージシャン らしいです。

訂正です ミュージシャンらしい →→ ミュージシャンです!!!

失礼致しました。

 

まだまだ、多くの事業者さんが ヤレテナイ 現実があることを、お客様には伝えてきました。

やれてる所とやれてない所の格差が生まれようとしています。自社においても、まだまだ屋上の天日干し。

格差を感じます。

大勢の方に気仙沼だけではなく、被災地全体の現状を伝えたいです。

 

 

------------------------------------------------

マルトヨ食品さんまファンドの詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/263

 

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年4月2日 16:26

道半ば!!!

気仙沼のこの地区は、炎の海に包まれました、鹿折地区です。

辺りはもうすっかり片付き、家の土台がそこに建物があった痕跡

を残しているだけです。

干物を作る乾燥施設がありませんので、ご覧のように建物の屋上

ではじめております。

まだ、東北の春は遠く、朝晩は氷が張ることもしばしば。

その日の天候しだいで、乾き具合を調整しており、目が離せません

 

 

 屋上で天日干し さんまみりん干

 

 

------------------------------------------------

マルトヨ食品さんまファンドの詳細はこちら:

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=263

この記事だけを表示

被災地からのレポート2012年3月27日 22:53

「天皇杯」受賞 気仙沼「マルトヨ食品さんまファンド」募集開始!

セキュリテ被災地応援ファンドとしては30本目、気仙沼市から
6社目となるマルトヨ食品のさんまファンドの募集を開始しました。

マルトヨ食品は、さんま加工のスペシャリスト。

「さんまみりん干し」「さんま開き干し」「さんまくん(燻製)」
「さんま丼(蒲焼風)」など、気仙沼に水揚げされた
さんまの旬のおいしさを生かし、
さまざまな形に加工してきました。

さんまの燻製「さんまくん」では、
平成5年に農林水産祭において、
水産加工品としては初めて「天皇杯」を受賞するなど、
品質の高さにも定評があります。

東日本大震災で、マルトヨ食品のあった地域一帯は津波に襲われ、

マルトヨ食品も、各種加工施設10ヶ所が全壊し、
資材を含めた被害総額は2億円を超す被害を受けました。

しかし、奇跡的に、工場の建物が残ったのです。


マルトヨ食品の清水社長は、震災直後、
まだオイルの臭いが鼻につく、
焼け野原の中で、まだ煙が白く漂うその中に、
工場の姿が見えたときには思わず涙が出てきたそうです。

工場が残っていたことに「運命」を感じ、

より深く会社への思いが芽生えました。

震災以降、残された工場の修復と加工施設の一部を修復し、

何とかお金をかき集め、さんまの仕入れを行い、
乾燥施設の復旧を待たずに、屋外(天日干し)での
開き干し及びみりん干しの製造を再開しました。

この1年、自己資金や銀行借入を行いながら、
何とかここまで来ました。

今回、ファンドの募集にあたっては、

乾燥機械や燻製機械を買うための費用を集めさせて頂きます。

乾燥機械があれば、生産量は現在の4-5倍に、そして、

燻製機械があれば、「さんまくん」
の製造を再開することができます。

生産拡大のため、そして、今後の商品開発のため、

是非、皆さまの応援を宜しくお願いします!

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=263

この記事だけを表示