三陸とれたて市場ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年5月8日 10:55

ミサンガから漁師料理へ!

 

先週から、とれたて市場の駐車場には重機やミキサー車が持ち込まれ、建物基礎作りが忙しげに始まっていました。


浜のミサンガ「環」三陸チームは、この春から自立へむけて漁師料理の加工販売に着手する計画で進んでいます。


でも、設備がまだまだ被災地には足りません。多くの方々のご支援を頂きながら、産業再生・雇用機会の創出という命題を解決するために、みんなで一緒に一歩ずつ時を刻みます。


さぁ、突貫工事で基礎が打たれたと思ったら、もうプレハブ設置工事が始まります。大型トラックに半分ずつ積み込まれた部屋は、あれよあれよと言う間に下ろされ、接続作業に移ります。


8坪の小さな仮設加工場。これから機材の設置工事を終えて、5月下旬頃にはようやく製造試験が始まりそうです。


景色が少しずつ変わっていく姿に、みんなで未来に繋がる道を再確認し、仲良く喧嘩しながら、共に歩む日々が続きます。


(三陸とれたて市場HPより引用)