菱屋酒造ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年12月4日 11:34

東北清酒鑑評会

菱屋酒造の専務です。

11月15日に仙台で東北清酒鑑評会の表彰式があり、
菱屋酒造店は純米酒の部で優等賞に入りました。



純米酒といっても純米大吟醸で山田錦の精米歩合40%の酒です。
しかし、優等賞はうれしいが売る酒がなくなります。
見通しでは11月中に純米大吟醸は完売の見込です。
大吟醸「鴻」も全国新酒鑑評会で金賞受賞のときにほぼ完売でした。
今年は例年と出荷状態が異なるので見込み違いが色々出てきます。



これは仕込一号の留を蒸しています。
通常の仕込では留は580キロです。
蒸すのも時間が掛かります。



放冷機に蒸した米を入れます。
580キロの米を蒸すと水分が加わるので700キロくらいになります。
それを順繰りに放冷機に投げ入れます。
それを放冷機でほぐしてホースを通して仕込タンクに入れます。
大体20日弱でしぼるので12月6日ごろに仕込一号ができます。

hishiya