お知らせ 神奈川発 ゴミの見える化革命DXファンド2022年05月

お知らせ2022年5月25日 13:00

「かながわ経済新聞」2022年5月号に掲載していただきました!

皆さんこんにちは、ケイ・システムの小島です。
本日は、KANAKEI(かながわ経済新聞)2022年5月号に「企業の体重計®」を掲載していただきましたのでご報告をさせていただきます。

かながわ経済新聞とは
日本初!の中小・小規模企業に支えられた中小・小規模企業のための新聞です!
KANAKEI(かながわ経済新聞)

勿論、当社も購読しておりますが、とにかく勇気がでる記事が多いです。
中小・小規模・ベンチャー企業」に特化しており、当社みたいな中小零細企業でも身近に感じられます。
また、「そうか、他の経営者様はこのような挑戦をしているのか」といった経営のヒントにも繋がり
とても励みになります。

今回は「廃棄物計量システム、サブスクで ~ケイ・システム、中小企業のSDGs経営向けに提案」と題しまして
工場や事業所から排出される産業廃棄物情報をリアルタイムで確認できるIoTシステム「企業の体重計」のサブスクリプション(定額制課金)サービスをご紹介していただきました。
今回のサブスクサービスは、中小・小規模企業でも導入しやすいように始めたものです。

千葉社長、いつも応援していただき誠にありがとうございます。

/data/blog/archive/original/54040.png
▲KANAKEI(かながわ経済新聞)2022年5月号から抜粋

この記事だけを表示

お知らせ2022年5月17日 13:00

「補助金でSDGs啓発」タウンニュース大和版に掲載していただきました!

皆さんこんにちは、ケイ・システムの小島です。
先日に、私が所属する大和商工会議所青年部で日本商工会議所の「ビジネスコミュニティ型補助金」の採択を受けたことをご報告させていただきましたが、今回もタウンニュース大和版2022年5月13日号にご紹介していただきました!
 
昨年度は、SDGsの取り組みを「一部の企業や団体だけでなく、広く市民に浸透させよう」と、専門家を招いての会員向け勉強会などを実施しました。
今年度は補助金50万円を活用して、市民を対象にした啓発セミナーや「産・官・民」によるSDGsの広報動画の公開などを予定です。
 
「産・官・民」が連携してSDGsの輪を広げていければ、もっと大和が住みよい地域となり活性化していくはずです。
熱い思いを持って事業を進めていきたいと思います。

/data/blog/archive/original/54016.jpg
▲大和商工会議所前で撮影(写真をクリックすると記事が表示されます)
 

この記事だけを表示

お知らせ2022年5月12日 13:00

月刊「石垣」最新号(2022年5月号)に掲載していただきました!

皆さんこんにちは、ケイ・システムの小島です。
早速ですが、日本商工会議所発行のビジネス情報誌、月刊「石垣」最新号(2022年5月号)に企業の体重計をご紹介していただきました。
日本商工会議所(にほんしょうこうかいぎしょ、略称:日商)は、日本各地の商工会議所を会員として組織される団体で日本経済団体連合会、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つです。
 
今回の掲載も、大和商工会議所事務局によるご尽力のお陰で実現しました。
いつも応援していただき有難うございます。
 
ちなみに、i-BOX 今月の情報宅配便!!今月の情報宅急便~各地商工会議所の会員企業には、こんな商品・サービスも~というページで、先日の「中小企業SDGs ACTION! AWARDS」DX特別賞を受賞した内容を掲載していただいております。
 
日本商工会議所様、大和商工会議所様、ご掲載いただき誠にありがとうございました。

/data/blog/archive/original/53982.png
月刊「石垣」最新号(2022年5月号)の掲載内容

この記事だけを表示

お知らせ2022年5月6日 14:00

4月から新しい仲間が加わりました!

皆さんこんにちは、ケイ・システムの小島です。
ゴールデンウィークも後半に入りました。3年ぶりに緊急事態宣言などの制限が出ていない今回の連休。各地で、コロナ禍前のようなにぎわいが戻ってきているようです。
 
早速ですが、先月の中旬から当社に新しい仲間が加わりました!
名前は太田さんです。
前職ではカスタマーサービス業務に10年間従事されていたそうです。
今後は、データの入力業務を中心に幅広い業務に携わっていただきます。
面接に来られた際に当社のHPを見て「SDGsの取り組みに共感した!」と言っていただきました!
SDGs活動を自社のHPで公表しているということは、企業イメージ・ブランド力の向上に繋がるばかりか、「ブラック企業」か否かの判断材料にもなると思います。
これから当社でいろんな経験と失敗を積みかさねて、共に成長し合える仲間として歩んでいきたいと思います。

/data/blog/archive/original/53963.jpg
▲仕事風景(左は太田さんで右は幸田さん)

/data/blog/archive/original/53962.jpg
▲新しく仲間に加わった太田さん

この記事だけを表示

お知らせ2022年5月5日 13:00

【全国で1団体のみ!】「ビジネスコミュニティ型補助金」に採択されました!

皆さんこんにちは、ケイ・システムの小島です。
早いもので、もう5月に突入しましたが、当社は依然として一進一退の攻防戦を繰り返しております。
そんな中、思いもよらず朗報が飛び込んで来ました。

私が所属している大和商工会議所青年部では、ビジネスコミュニティ型補助金の第3回公募分に申請しておりましたが、外部有識者による厳正な審査を行った結果、無事に採択されることができました!!!
そして、何と全国で1件のみの採択者(大和商工会議所青年部のみ)という結果です!
ビジネスコミュニティ型補助金の採択審査結果について(第3回公募分)

ビジネスコミュニティ型補助金とは?
セミナーや研修等の実施を通して販路開拓支援、事業承継支援、地域の防災や災害復旧活動等を展開している地域の若手経営者等又は女性経営者等のグループによる取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の経営者の資質向上、及び生産性向上と持続的発展、自然災害への対策、災害発生時対応等を図ることを目的としている補助金です。

/data/blog/archive/original/53956.jpg

コミュニティビジネスを立ち上げ、継続するには、上記4つのバランスが重要です。
今回のテーマは、『SDGs推進事業』を通じた「産・官・民」の3つの視点からSDGsの促進事業の展開による 地域の活性化です。
国連サミットや日本でも推奨されるSDGsの取り組みに対して、SDGsというキーワードの認知度は76.0%(朝日新聞社が2021年12月に実施したSDGs認知度調査)まで上がっているものの、「内容まで含めて知っている」のは20.5%にとどまっている背景を克服するべく
「産・官・民」の3つの視点から、実際に行っている“SDGs活動”の発信を強化し、
地域企業との連携と強靭化に繋げ、中小企業へのきっかけや後押しを行う事業を展開していく事を目標としました。

まずは地元である大和市内で、SDGs活動の促進に寄与できるよう、大和商工会議所青年部員が一丸となって頑張ります。

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2022 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.