のり工房矢本ファンド ファンドニュース 2011年11月

被災地からのレポート2011年11月28日 17:00

【のり工房矢本】 塩のり機械の試運転 お歳暮の注文も!

のり工房矢本の本田です。

11月15日に塩のりの機械が搬入されましたが、機械屋さんの都合で試運転の日がなかなか決まらず
私達は一日も早く試運転をしたくて心待ちにしてました。



やっと11月27日試運転となりました。




十日程前から営業事務の阿部が体調を崩し休んでるので機械を動かすには人手が足りません。
そこで津田代表が津波で被害を受けた元同業者の奥さん達に声をかけ手伝ってもらう事になりました。



新しい機械のびみょ~な感覚の油加減、塩加減が難しく・・・
さすが津田代表!以前の感覚を思い出しながらGOOD!!な仕上がりでした!(^^)!



お歳暮の注文もボチボチ入って来ています。
買って頂いたお客様に美味しい塩のりを食べて頂けるように頑張りまーす!




のり工房矢本ファンドお申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/203
						

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年11月14日 11:10

【のり工房矢本】 宮城県大崎市と東京都大田区に出店参加

のり工房矢本の本田です。


11月10~12日宮城県大崎市鹿島台で互市、12~13日東京で大田区ふれあいフェスタがあり二手に分かれ出店参加しました。


互市は昨年秋に初めて参加し今年で二度目の参加です。塩海苔を試食して頂ながらの販売で、同業者の方に試食をして頂いた時に「良質の海苔に味付けしてるね」とほめて頂きました。中には何処から来たのか聞かれ「東松島市矢本です」と答えると「あーずいぶん死んだ所だね」と通り過ぎて行く人(;_;)・・・

 

でも多くの人が「頑張ってね」「お互い頑張ろうね」「応援してるから」と声をかけて頂き海苔を買い求めて頂きました。三日間を終えて、震災後の互市はどうかなーと心配でしたが満足のいく結果だったと思いますo(^-^)o

 


津田です。


大田区ふれあいフェスタに出店してきましたよ(*^o^*)昨年は33万人の人手があったとの事前情報で対応できるか不安でいっぱいでしたが、大田区の皆さんからは震災直後から応援頂いておりお店に立ち寄って私も宮城出身だよとか瓦礫や泥のかたずけに行ってきたよ大変でしたねと温かい励ましと応援で楽しく2日間仕事させていただきました。皆さん本当にお世話になりました。

 

養殖海苔発祥の大森に、図々しくのり工房矢本の商品販売に行ったわけですが塩のりの試食の感想はいいのり使ってて海苔の香りや風味が口の中広がるね…子供さん達は何回も食べにきてくれたり、お母さんに買ってとせがんで買ってくれた子もいて嬉しかったですねo(^-^)o


田中さん、せっかく会いに来てくれたのに席外しててゴメンナサイm(_ _)mヒトミちゃん、竜太くん、ソフトボール君お手伝いありがとうございました。

 


のり工房矢本ファンドのお申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/203

この記事だけを表示

被災地からのレポート2011年11月6日 17:24

【のり工房矢本】 ファンド出資、ありがとうございます

いつもご覧頂き、ありがとうございます。

のり工房矢本の津田さんからメッセージと
写真を頂いたのでご報告させていただきます。

------------------------------------------------------------
のり工房矢本の津田です。

ファンド募集から約1週間、ご出資頂いた皆様、
ありがとうございました。

テレビ報道からは被災地の露出がだいぶ減ってきているなか、
こうして私たちに出資してくださる方がいらっしゃる、
ということに本当に感謝しております。

昨日は、日本総研さんの企画で
ボランティア大学生50人がうちに来て頂きました。

震災のときの様子や仕事の再開の状況を聞いてくださって、
大学生の方々から「どん底から這い上がっているのをみて、
勇気を頂きたました。」と言っていただきました。

うちの塩のりを食べて頂き、美味しかったと
評価していただいて、ますます仕事への意欲を持ちました。


来週も、地元、鹿島台で、互市(たがいち)が開催され、
震災前に在庫で残っていたのりの販売を行います。

------------------------------------------------------------
のり工房矢本ファンド

【出資者特典】
のり工房矢本のおススメのりセット(口数に応じて)
・塩釜の藻塩を使った塩のり(プレーン、オリーブ、唐辛子)
・焼のり



発送は矢本産ののりが復活する2012年秋を待ち、
2012年秋から2013年春にかけて一番美味しいのりを厳選した上で、
2013年の春にご送付します。
※内容が変更になる場合があります。
※海外への発送はできません。

この記事だけを表示