ファンド詳細

運用中 のり工房矢本ファンド

一口金額10,500円 申込状況運用中
地域宮城県 参加人数 227人
分野漁業・水産加工 募集総額8,000,000円
募集期間2011年10月28日~
2012年3月31日
シリーズ被災地応援ファンド
特典
のり工房矢本のおススメのりセット(口数に応じて)
・塩釜の藻塩を使った塩のり
(プレーン、オリーブ、唐辛子)
・焼のり


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 のり工房矢本ファンド
営業者 のり工房矢本
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資募集最大総額(口数) 4,000,000円(800口)
申込単位(1口あたり) 5,000円
※本匿名組合契約の申込には1口あたり5,000円の応援金が別途必要となります。出資金のみまたは応援金のみでのお申込はできません。
(上限口数:100口)
出資金取扱手数料 500円 ※応援金には手数料はかかりません。
取扱者の報酬 出資金取扱手数料500円/口
募集受付期間 2011年10月28日~2012年3月31日
会計期間 営業開始日から9年(108ヶ月)
契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日
分配比率 会計期間開始日から24ヶ月間(無分配期間):売上金額の0.00%
無分配期間終了後から会計期間終了日まで(84ヶ月間):売上金額の4.2%
予想リクープ平均月売上金額 1,133,787円(税込)
被災前概算平均月売上金額 616,667円(税込)
※2010年6月から開始した「のり工房矢本」としての事業における6ヶ月間(2010年6月から12月)の平均実績です。
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、書面又は取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金、出資金取扱手数料(および応援金)の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。従って、出資金、出資金取扱手数料(および応援金)が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

のり工房矢本ファンドの締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点

本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が9年を超え、比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点

契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク

本匿名組合契約に基づく利益の分配又は匿名組合出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスク及び債務超過によるリスク

営業者が支払不能に陥り、又は破産、民事再生の各手続きの申立てがなされた場合などは、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払いが行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する分配金額の支払請求権には、何ら担保が付されていません。本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金の返還が行なわれないリスクがあります。

5.取扱者の信用リスク

本匿名組合契約において、匿名組合出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払いは、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払いが遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6.販売先の信用リスク

本匿名組合事業の製品の一部は小売店等に販売され、販売代金が小売店等に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で売上金額は一定期間小売店等に滞留され、その間小売店等の信用リスクにさらされます。このため、小売店等が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

7.クレジットカード会社の信用リスク

本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8.経営者の不測の事態に係るリスク

本匿名組合契約の営業者については、法人ではなく津田清美による個人事業であるという点からも、事業の経営者である津田清美への依存度が高く、同人に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼすリスクがあります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。また、本匿名組合契約は、同契約第4条第1項より、営業者の死亡によっても即座に終了はしないものの、以下のようなリスクがあります。
(1) 本匿名組合契約第4条第1項(5)より、営業者が死亡し、かつ、本匿名組合契約に係る営業者の地位が相続されなかった場合には事業の状況の如何を問わず、契約が終了するところ、本匿名組合契約においては、契約期間が9年以上と長期にわたることから、契約期間の満了前に営業者の死亡により本匿名組合契約が終了し、出資金の返還が十分になされないリスクがあります。
(2) 営業者が死亡し、その地位が相続される場合において、誰が営業者の地位を承継するのかが相続の時点まで未確定であるため、本匿名組合事業を経営する十分な能力を有しない者が営業者の地位を承継する可能性があり、その場合には本匿名組合事業の遂行に悪影響が生じるリスクがあります。また、複数の者が営業者の地位を承継した場合には、契約関係や権利関係が複雑となり本匿名組合事業の遂行に悪影響が生じるリスクがあります。
(3) 営業者が死亡し、その地位が相続される場合において、相続財産に含まれる(本匿名組合契約上の地位以外の)他の事業資産等(例えば工場や付属設備に係る所有権等)がどのように承継されるかが未確定であるため、本匿名組合事業の遂行にとって好ましくない事業資産の承継方法が選択される可能性があり、その場合には、営業経費の増加その他本匿名組合事業の遂行に悪影響が生じるリスクがあります。
(4) 営業者が死亡し、その地位を承継する者が一旦確定した後に、新たな相続人が発覚する可能性があり、その場合には、営業者の地位に関する権利関係が複雑化し、本件匿名組合事業の遂行に悪影響が生じるリスクがあります。
(5) 本匿名組合契約第4条第1項(5)の規定内容より、営業者の死亡後、新たな営業者が死亡した営業者の地位を承継し、又は本件匿名組合契約が終了することが確定するまでに一定の期間を要する可能性があり、当該期間中、本件匿名組合事業の遂行が停滞し、悪影響が生じるリスクがあります。
(6) 営業者が死亡した場合において、本匿名組合契約の営業者の地位が承継されず、かつ、民法第952条第1項に基づく相続財産管理の手続が請求されないままとなる可能性があり、その場合には、匿名組合員が営業者に対して有する債権の引き当てとなるべき財産の価値が毀損されるリスクがあります。

9.営業の開始が遅れる、もしくは再開できないリスク

需要が増加することによる工事用資材の調達の遅れ等により、事業の開始が遅れるもしくは再開できないリスクがあります。また、被災地域が今後土地区画整理事業等の対象とされる可能性があり、その場合には店舗の建替え等を強いられる可能性もあります。そのため、店舗の内装工事や設備の設置が遅れる等の理由により、事業の開始に支障が生じ、また、事業計画の大幅な見直しが必要になるリスクがあります。加えて、本匿名組合契約に係る出資持分の総額について最低金額が設定されていないことから、出資金の総額の多寡によっては営業の開始に必要な最低限の設備費用を賄うことができず、事業計画の変更を余儀なくされる、事業の開始が遅れる又は再開できないリスクがあります。

10.地域の復興が遅れるリスク

被災前の取引先の廃業、被災地域の復興の遅れ、人口流出や国内外からの訪問者の減少、あるいは、被災地域の復興が遅れ消費が伸びず、製品の製造・販売が開始されても、売り先が確保できないリスクがあります。また、政治の混乱、政治政策の予期せぬ変更により地域の復興が遅れ、事業の再開、あるいは、継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

11.原子力発電所によるリスク

原子力発電所における事故により空気中および海水中に放出された放射性物質により、原材料となる海産物や農産物等が汚染され出荷停止になる、あるいは、汚染されているのではないかという過度の懸念のために、製品が売れなくなるリスクがあります。また、それらの被害が拡大した場合には、結果としてのりそのものの取扱いができなくなり、事業の再開が不可能になるというリスクがあります。

12.大地震・大津波等の自然災害のリスク

大きな地震や津波、台風等の自然災害が再び起こり、事業の継続が困難になるリスクがあります。また既に発生した地震・津波による損害・損失その他事業への悪影響についても、未だその把握が十分ではなく、又は客観的に顕在化していない可能性があり、これらの損害・損失その他の悪影響が現状の予測を超え、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

13.被災前の品質が再現できないリスク

津波により製造に必要な独自の技術や機材等が流出し、以前の品質が再現できず、顧客が減少するリスクがあります。

14.暴動が起こるリスク

暴動(窃盗等を含む)が起き、事業が一時中断し営業活動ができないリスクがあります。

15.被災地で伝染病等が蔓延するリスク

被災地の生活環境や公衆衛生の悪化により、伝染病等が蔓延し、営業停止の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。

16.風評被害によるリスク

伝染病等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

17.資金繰りが悪化するリスク

営業者は既存の借入れに加え、被災により新たな借入れを予定しています。復興後、収益性の悪化により、返済が滞った場合、あるいは追加の借入れが行えなくなった場合などには、計画通りの生産・販売が行えず、経営の存続性に影響を与える可能性があります。また、既存の借入れに対して、金融機関から返済条件の変更が認められず、また、今後、事業の継続のために借入れが必要となった際に、追加融資が認められず、資金繰りが悪化するリスクがあります。

18.補償等を受けられないリスク

津波の被害により、立入禁止となった土地の代替地や、その他被った損害に対して、十分な補償を受けられず、その結果、事業へ悪影響が生じるリスクがあります。

19.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク

営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

20.営業者の債務超過によるリスク

営業者は被災により債務超過に陥る見込みもしくは可能性があり、営業者が経営不振に陥り、又は破産、民事再生若しくはこれに類する手続きの申立てがなされた場合などは、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員の営業者支払金請求権(匿名組合出資金返還請求権および匿名組合利益分配請求権)には、何ら担保が付されていません。

21.原材料の調達によるリスク

震災の影響や天候不順等の理由により、必要な原材料や包装資材等の調達ができない、遅れる、価格が高騰する等により、生産・製造が予定どおりに行うことができないリスクがあります。また、この影響により販売価格の値上げを余儀なくされ、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。さらに、天候や海況の変化により原材料であるのりの生育が影響を受けることで、必要な生産量および品質を確保することができず、売上額が減少するリスクがあります。

22.許認可等に関するリスク

本匿名組合事業の実施にあたっては、食品衛生法をはじめとする関連法令上の許認可が必要となります。営業者が既に営業許可等の許認可を得ている事業であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、今後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

23.国や地方公共団体による規制の変更によるリスク

震災を契機として、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への加入等による国際的な規制枠組みの変更がなされる可能性があり、それによって国内外における競争環境が悪化し、営業者の売上げに悪影響を与えるリスクがあります。

今後の事業計画

今後の事業計画は以下の通りです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。



【営業者コメント】

(営業方針について)
2012年度はのりについては10月までは他地域ののりを使い、11月以降は矢本産ののりを仕入れて加工・販売を行っていく予定です。
2013年からは年間を通じて、矢本産ののりを活用した生産を行ってまいります。

販路については、今後はアンテナショップでの販売を中心にすえ、認知度を広げていくと共に、そのリピーターに直売で購入して頂く流れを拡大します。

(リスクについて)
・原材料の価格が高騰し、販売価格に転嫁できず、利益が減少する可能性、あるいは商品の価格が上昇し売上が減少するなどの可能性があります。
・海の天候、栄養分などの影響により、原材料の量・質ともに確保できない可能性があります。


分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。
・会計計期間開始日から24ヶ月間(無分配期間):
 売上金額×分配比率0.00%×1口/募集最大総口数

・無分配期間終了後から会計期間終了日まで(84ヶ月間):
 売上金額×分配比率4.20%×1口/募集最大総口数

分配金額のシミュレーション

本匿名組合契約における分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

※1口 5,000円の出資の場合


(注1) 匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上述に記載の計算式に基づいて計算されます。

(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口5,000円の出資金に対し、1口分配金額が5,000円となる時点を償還率100%としています。
匿名組合員に対する匿名組合出資金1口あたり分配金額/5,000円

(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20%の源泉税徴収が行われます。なお、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

(注4) 振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 315円 315円
みずほ銀行 315円 315円
三井住友銀行 210円 315円
楽天銀行 50円 50円
ジャパンネット銀行 52円 52円
その他銀行 315円 315円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報、説明書・契約説明書のご確認ください。(熟読してください)
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2011年10月28日~2012年3月31日(※)

(※)募集期間中であっても、出資募集最大総額に達した場合は、その時点をもちまして出資の募集を終了します。
(※)募集期間中に営業者が本匿名組合契約の募集を終了した場合は、そのときをもちまして、取扱いを終了します。
2 会計期間 本匿名組合事業開始日から9年(108ヶ月)
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日まで
4 決算日 7月31日(最終決算日は会計期間終了日)
5 報告日 決算日より90日以内
6 分配日 決算日から120日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2011年9月30日現在)

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2011年9月30日現在)

このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20%の源泉所得税がかかります。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • のり工房矢本ファンド

復興にあたり

宮城県東松島市の矢本産ののりは今年まで6年間連続で皇室に献上する特産品です。

その中でも我が家ののりは長年品質とのりの旨みにこだわり毎年研鑽を積んできました。
今年の「宮城県ののり品評会」の優勝を含め、4度の皇室御献上は努力の賜物と産地の名を更に高めようと張り切ってたさなかの大災害でした。

のり工房矢本は昨年6月から同じくのり養殖を営む阿部さんと一緒に極上ののりで塩のりを作りスーパーで買えないような漁師直送の商品を開発し自家製造していきたいとの共通の思いで立ち上げました。

昨年より販売してきた商品の中でも極み塩のりと青混ぜ塩のりは、どこのアンテナショップの試食でもお客様の反応がよく最初は家にのりはいっぱいもらってあるから買わないと言ってた方も
 ・のりから海の香がする
 ・懐かしい昔食べた事がある味だ
 ・塩との絶妙なハーモニーが後を引く
 ・いくらでも食べたくなる
と評価を頂いておりました。

今回の震災で家や工場も船もすべて津波でなくなりこれからの仕事の目処も全く立たない状況で、のり養殖を行っている主人は元より家族全員日々打ちひしがれていました。

そのような時心配してくださるお客様から心温まる沢山の電話での応援を頂き、また一歩踏み出そうという勇気をもらいました。早速メーカーさんに塩のりの機械を新たに買いたいと相談し、九州の会社にも直接出向き、今はまだ無理だろうと信じてもらえなかったメーカーさんに絶対今年から再開したい旨を伝え了承してもらいました。

どうしても今年再開させたかった訳は矢本の味を忘れてもらいたくなかった、来年新のりができるまで、矢本産ののりの味を少しずつでも届けたいという思いでのり工房矢本を再起動させることにしました。

会社紹介

「東松島市(旧矢本町)大曲浜は50年来のりの養殖を行ってきました。

津田千家穂(つだちかお、営業者津田清美の夫)と阿部雄美(あべゆうみ)はお互い浜の産業を守る3代目です。
生産者がおいしいと感じるのりを消費者にも味わって欲しいと努力してきましたが、良質ののりを生産しても価格に反映されないことが、どの生産者も抱えていた悩みでした。
そこで私たちにできること、夫の思いを直接消費者の方々に届けたいと女性2人で昨年6月に「のり工房矢本」を立ち上げました。そこに従業員を入れて4人でのスタートでした。
イベントにも参加し、お客様の評価を直接夫に話して改良しながら何とか仕事が忙しくなっていたところでした。

「のり工房矢本」は、津田千家穂が養殖したのりを含む矢本産ののりを原材料として、塩のり、焼きのり等の加工製造を行っています。原材料となる津田千家穂が養殖したのりは、皇室御献上の経験があり、また、宮城県奉納乾のり品評会で、昭和62年度および平成23年度に優勝、平成14年度および平成18年度には準優勝しています。」

被災地からのレポート

被災地応援ファンドWebサイトで、事業の進捗等を報告いたします。
>>被災地からのレポート

被災状況

東松島市(旧矢本町)大曲浜全体が津波により壊滅。
自宅はもとより工場、機械、船すべて流失してしまいました。

地震当日も作業をしていましたが機械が工場の中でまるで暴れまわっているような状況を目の当たりにし地震が止まった瞬間あまりにも尋常でない光景に津波が来ると思い家族共々全員ですぐ何も持たずに高台に避難しました。のり工房矢本のメンバーが全員無事だった事を確認した時は大変安心しました。

復興計画

(1) 震災後残っていたのりの販売を再開(2011年5月~)
アンテナショップの瓦礫撤去が終了し、お店の再開後、震災後に残っていたのりの販売を開始。

(2) 矢本産ののりを加工販売することを決定(2011年6月~)
問屋からのご厚意で矢本ののりを加工販売することを決定。

(3) 親族の工場の一部を借りて、委託加工品を販売(2011年7月~)

(4) 仮設工場にて加工機械導入し、加工・販売を再開(2011年12月~)
東松島市より工場を無償で貸して頂けることが決定し、塩のり加工機械を買い入れ稼働再開。

(5) 矢本産ののりを利用した加工販売を再開(2012年秋以降)
2011年は矢本でののり養殖はできない状況であり、国の復興計画が決まり、のり養殖再開後、矢本産ののりの仕入も再開予定。

なお、上記(1)ないし(3)に係る事業は、本匿名組合事業の範囲には含まれません。

本匿名組合事業について

営業者が行う塩のり、焼きのりを中心とする食品の加工販売事業およびその他関連商品の販売事業。
ただし、これらすべての事業につき、出資金および応援金で購入する加工設備の導入・稼働が開始した日以降に行われるものに限ります。

ファンド資金使途

募集最大総額の匿名組合出資金の使途として、次を予定しております。(なお、合計金額は、応援金を加えた額となっております。)


(注1)匿名組合出資金の資金使途については、取扱者による監査が行われます。
(注2)合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり変更の可能性があります。最終的な合計費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、合計費用が下回った場合には第1回分配の際に返還させていただきます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用等につきましては、営業者が負担します。

投資家特典

希望する匿名組合員に対して、契約期間中、以下の特典を設けております。なお、特典は営業者の都合により内容が変更される場合や、特典の実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。

のり工房矢本のおススメのりセット(口数に応じて)
・塩釜の藻塩を使った塩のり(プレーン、オリーブ、唐辛子)
・焼のり

発送は矢本産ののりが復活する2012年秋を待ち、2012年秋から2013年春にかけて一番美味しいのりを厳選した上で、2013年の春にご送付します。

 ※内容が変更になる場合があります。
 ※海外への発送はできません。

※写真は、イメージ写真です。実際の特典とは異なります。
※内容が変更になる場合があります。
2013年4月19日 10:00今季の海苔漁がようやく終了、ありがとう!(ダイヒョウ)

 被災地からのレポート

 

宮城県でも桜満開のニュースがきかれるようになりました。


昨年11月から5ヶ月間海苔を生産してきた龍昇水産も4月16日で今季の漁を終漁しました。 矢本漁協の4つのグループのなかで一番最後ということになります。


この5ヶ月間乾燥庫のある浜と2キロ離れたのり工房を行ったり来たり走り回っていましたが、やっとのり工房に専念できるようになりました。そんな慌ただしいだけの私を文句も言わず支えてくれた工房の頼れるスタッフに感謝です。


続きはこちら

2013年2月27日 15:00頑張る活力(隠れマネージャー)

 被災地からのレポート

 

なんだかんだと毎日せわしない、のり工房矢本ではありますが、先日ようやく皆さまからご支援して頂いたミュージックセキュリティーズの特典も送り終える事が出来、せわしないながらも少しホッとした部分もある今日この頃です。


そんな中、これまでもお客様からのお手紙を頂いたり、イベントで頂いたメッセージなど、工房内には貼ってあったのですが、今回ファンド出資者の皆さまへお送りした海苔の反響として、メールやお手紙が日々届いていて、工房のメンバーみんなで楽しく、嬉しく読ませて頂いております。


本当にありがとうございます。

 

2013年1月18日 14:30今年はいよいよ!(職人)

 被災地からのレポート

震災を機にのり工房で仕事をするようになって、はや1年となります。

のり工房矢本
(今年もより一層若返りますよ!)

工房に来る前は、悩んだり、苦しんだりとしていましたが、ここに来てから慣れない仕事だらけであったものの(その中で、販売はとーーーーってもキツかったけど)、とっても楽しかったです。
  中でも、慣れない仕事でもあった東京銀座での物産展に行った時の、全国からのボランティアの人達や、外国からの方々に会って、直接お話をするなど、昨年1年間は普段では味わう事の出来ない事ばかりでした。本当に、人との出会いや、想い出がたくさん出来て感謝しています。
(続きは「工房日記」からご覧ください

-------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:
http://oen.securite.jp/

2013年1月9日 14:26一年を振り返って(ムードメーカー)

 被災地からのレポート

昨年は時間の経つのが、なんだかすごく、早過ぎたような気がします。

まずは、2月から月1回の銀座での販売会があり、ダイヒョウやGMが参加をして、その現場での雰囲気を興奮気味に話をしてくれ、その場にいなかった私も”パワー”を感じる事が出来ました。
そんな中、私も2回程銀座での物産展に参加をさせて頂いたのですが、実際にその場に立ってみて感じた事は、ご協力頂いたボランティアの人達の”パワー”に圧倒されつつも、自分にもその”パワー”がみなぎるような、そんな気持ちになり、本当に嬉しく、そしてとってもありがたかったです。
また、同じ東北出身の大事な友達も出来、本当に繋がりを感じるコトにもなりました。ありがとうございました。(続きは「工房日記」からご覧ください


のり工房矢本
(ボランティアさん達から暖かいメッセージに感動しちゃいました)

-------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:
http://oen.securite.jp/

2013年1月7日 14:14今年も頑張ります!

 被災地からのレポート

今年一発目ののり工房ブログ「工房日記」は、昨年末からのニューフェイス”アベ親子”からのブログです!

のり工房矢本
(左側が阿部恵美子さん、右が阿部麻衣子さん)

昨年秋から、のり工房さんにお世話になって、3.11の震災で今までの仕事がダメになり、息子の同級生のお母さん(ダイヒョウ)に声を掛けてもらい、のり工房さんでお嫁さんと2人で仕事をさせてもらう事になったのがきっかけでした。慣れない初めての仕事では、とっても緊張をしてました。
でも、のり工房さんの人達が優しくて、とってもにぎやかで、アットホームな感じですごく楽しく仕事ができ、いろいろな人達に出逢えた事も良かったでーす!(続きは「工房日記」からご覧ください

-------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:
http://oen.securite.jp/

2012年12月21日 10:30ご挨拶

 被災地からのレポート

 

のり工房矢本代表津田清美です。出資者の皆様、忙しいのを理由にご無沙汰してしまいました。


主人が所属する矢本漁業協同組合でも、グループ化することによって国からの支援を受け、今年の秋より海苔養殖を再開することができました。震災前から比べるとまだまだ規模は追いつかないのですが、浜は再び海に出て仕事できる喜びに湧いてます。11月11日より摘採(てきさい:海苔の摘み取り作業)も始まり、今は約1ヶ月がたったところです。今年の出来は?とよく聞かれますが、今のところ沖での管理も行き届き、良質の製品ができていると思います。


まだ新しい機械に慣れない私は、毎日製品の仕上がりに一喜一憂しているところです。海苔作りは、常に目をかけてやらないと病気の発生に気が付かなかったりするので農作物と一緒です。そして過酷な条件で育てることが必要だったりするところは、子育てのようでもありますね。これから寒い冬を越えて、4月いっぱいまでが漁期です。これからも、自然の恵みに感謝しながら頑張ります。


のり工房矢本も、再開から1周年を迎えることができました。思い起こせば何もなくなった所から皆様の応援で機械を買い、乾海苔を仕入れ全て1からやり直しだったけど、たくさんの人の善意に、諦めないでもう一度頑張ろうと何度も繰り返し踏ん張ってきた一年でした。今年からは、また矢本の海苔を待ちわびて下さってたお客様に、美味しい商品を販売していけるよう気持ち新たにスタッフ一同取り組んで参りますので、これからもどうぞ変わらぬ応援よろしくお願いいたします。


私達おばちゃんを一年間懲りずに支えてくれたO君は、私達の真面目に仕事をして、普通にしていることがよほど面白いらしく、パシパシ写真を撮って大笑いしてます。そうして発見してくれた何気ない事で、嬉しかったことが有りました。


職人まきちゃんは一年前あまり笑顔ではありませんでしたが、今はとても笑顔がステキな職人になって皆に「若くなったよね!」と言われます。ムードメーカーのカズちゃんは、話してるうちによく涙を拭いてることがありました。今は機械の操作も任せられる頼もしいムードメーカーです。最近は笑いすぎて涙を拭いてます。GMと私は義姉妹だけど仲良くやっており、本当に頼れる妹です。そして新たに息子の嫁と新メンバーが加わり、ますます賑やかな一年になることと思います。


どうぞ皆様にとっても新しい一年がご健勝で素晴らしい年になりますようお祈りします。


2012年8月18日 22:20【19日まで!】東松島物産展in銀座、みんなで来ています!

 被災地からのレポート

本日8月18日と明日19日に、銀座で「東松島物産展」が行われ、

のり工房矢本も参加しています!

ということで、私もお邪魔してきました。

矢本

あ、残念。ぼけてますね、この写真。。。
18時の終了時間ぎりぎりで、外が暗かったせいでしょうか。。。
(明日もう一度挑戦したいと思います!)
矢本 矢本
今回、のり工房矢本では、複数の商品を販売しています。
一番左のが、「梅塩」で、比較的最近出たお味です。

そして、のり以外の商品も。
今回、私がオススメしたいのが、
矢本の海苔を使ったこの「ノンオイル海苔ドレッシング」です。
矢本
これは味噌味ですが、もう一味あります。
このドレッシング、先日のツアーでも、キュウリを食べるのに
ご馳走になったのですが、それがとても美味しくて、
今回、個人的に購入させて頂きました。^^
さて、この物産展、今年の2月から始まり、
その後、毎月第3土日曜日に行われてきたそうです。
今回が最後ということで、のり工房矢本では、
特別な思いで、みんなで来ています。

「震災後の私たちが受けた勇気や希望を少しずつおすそわけできればいいなと思っています」

是非お立ち寄り下さい!

場所は、銀座数寄屋橋交差点からすぐ、阪急モザイクさんの路面沿いです。
明日も18時頃までで、16時頃にはちょっとしたライブなどの催しがあるようです。

(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

-------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:
http://oen.securite.jp/

2012年7月31日 14:14出資者の方に直接お会いし、また気持ちを新たに

 被災地からのレポート

のり工房矢本の津田さんより、メッセージを頂きました。

---------------------------------------------------------

7月28日セキュリテ被災地応援ツアーにご参加いただいた皆様、
暑い中、のり工房矢本に来ていただきましてありがとうございました。

私たちが東松島市から借りている仮設プレハブの工場と震災にあった
大曲市民センターさんをお借りしてのおもてなしということで
いろいろと不手際もありツアーにご参加いただいた皆様には
多々ご不便をおかけしたのではと思っています。

今回のツアーで私たち、のり工房のスタッフは
実際に出資してくださった方と直接お話しできる良い機会となり、
まだまだ本当の意味で仕事が復活したというわけではありませんが、
ファンドを少しでもプラスにしてお返しできるよう、
また気持ちを新たにすることができました。

お昼のバーベキューに食材を提供してくださいましたとらやさん、
三陸オーシャンさん、津田鮮魚店さんみんなの復興にかける思いを
真夏の暑さ以上に語っていたのが大変印象的でした。

お帰りの際にはのり工房の商品を沢山お買い上げいただ
きありがとうございました。まだまだ完成してないところもありますが
自社の海苔製造が始まりましたら、今仕事をしていることを生かし
おいしい商品をつくっていきたとおもっています。

今年2月から始まったチーム東松島物産展in銀座は、
今月18日19日で終了となります。
阪急ビルの前の歩道ではじまった物産店でした。
始まりは寒くコートを着ながらの販売で、足もパンパン、
でもボランテイアさんの頑張りに私たちが根を上げるわけにいかないと
毎月第3土日のイベントをやっていました。

最初は訳もわからずやってたことも回を重ねるごとに第3土日曜日に
集まってくれるボランテイアさんはじめお客様とも顔なじみになり、
この出会いの素晴らしさに毎回感動に代わっていきました。

8月で最後なので私たちが感動した気持ちをお客様に伝え、震災後の
私たちが受けた勇気や希望を少しずつおすそわけできればいいなと思っています。
お盆休み最終日という人も私たちのワイワイにぎやかなお祭り騒ぎのような
物産展にぜひおこしください。私たちも全員参加を予定しています。
おまちしております。


のり工房矢本 津田 清美

(ツアー報告はこちらから

--------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:
http://oen.securite.jp/

2012年7月31日 10:37ツアーの皆さんと東松島の「のり工房矢本」を訪問

 被災地からのレポート

先週末の「東北・ 復興支援スタディツアー3日間」で、
東松島ののり工房矢本を訪問しました。

のり工房矢本

左は、代表の津田清美さん。震災直後から、再建を決意するまでの
お話をして頂きました。つらいことをたんたんと話す姿に、参加者の皆さまも、
聞き入っていました。右は、「東松島あんてなしょっぷ まちんど」の方で、
抱いているのは、少しいびつになったトロフィーです。
これは、
震災直前に矢本ののりが、品評会で優勝した時頂き、
その直後に津波で流され、そして発見された
ものだそうです。

のり工房矢本

こちらは、のり工房矢本の事務所のすぐ隣にある大曲の市民センターです。
右に見えるのが、特製のおにぎりです!
(ろくな写真をとっておらず、後悔している所です 涙)
ご親戚の農家の方が作ったお米に矢本ののりを巻いて食べる特製おにぎりの他、
サラダなどをご用意頂きました。味噌のドレッシングを使って食べるよく冷えたきゅうりは、
さっぱりとみずみずしく、暑い陽気にもぴったりで、この夏一番のきゅうりでした^^


のり工房矢本

右は「かずちゃん」こと平塚和子さん。のり工房矢本のムードメーカーで、
震災後、津田さんに声をかけてもらったお陰で、今、本当に楽しく仕事をしているとおっしゃっていました。
暑い中、矢本の皆さまには、バーベキューについてもすべて完璧に焼いて頂きました。

のり工房矢本

のり工房矢本さんには、今回、お昼やワークショップを行う会場など、
何から何までお世話になってしまいました。
矢本の皆さまのホスピタリティに、ツアー参加者の皆さまも、この笑顔です!
本当にどうも有難うございました!


(のり工房矢本の津田さんより頂いた、参加者へのメッセージはこちらから


(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

--------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:

2012年7月17日 14:20ラジオ石巻に出演します

 被災地からのレポート

今週7月19日(木)の16時頃から、のり工房 矢本代表が、
地元のラジオ石巻に生出演をする事になりました。

お中元企画として参加している「希望の環」のPR活動の一環で
当日を担当する事になりました。

試聴する事が可能な方は、是非きいてみてください。

--------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:

2012年6月22日 20:00次が楽しみになりました(GM)

 被災地からのレポート

 

2月の寒い時期から始まった「チーム東松島銀座物産展」も今回で5回目を迎える事が出来ました。


今回の物産展は、寒かった始めを忘れたかのように、雨上がりでだんだん蒸し暑くなり、集まってお手伝いをして下さるボランティアさん達も、さぞ疲れたのではないでしょうか。
本当にありがとうございました。


また今回は、土曜日の昼間には私たちと出身を同じとする「在京東松島会」の総会会場において、地元の産品を販売する機会を頂く事が出来、櫻井会長を始め、機会を頂いた皆さまや、お買い物をして下さった皆様に感謝申し上げます。


ワタクシ自身も、小学校以来の同級生に会う事も出来、本当に楽しかったです。


続きはこちら
http://www.norikoubou-yamoto.com/blog.html#/detail/4657291478514513095

 

2012年6月11日 20:10宮城掘り起こしフェアではありがとうございました(ダイヒョウ)

 被災地からのレポート

 

5月28日~6月2日に行われた宮城掘り起しフェア!


初めての5日間10時から20時の長丁場、どうなる事かと思われましたが、FB仲間の心温まる声援と応援でなんとか乗り切ることができました。


皆様いつもありがとうございます。


お陰様で仙台駅を訪れた多くの方にのり工房の商品をご試食いただき買っていただきました。


初日にのりドレッシングを買って行かれた方が、お友達を連れてきてくれたり食べてみて、おいしかったので友達に勧めました。とうれしいお話をしてくれたり、九州、大阪、京都、など仙台駅で出会う事が出来たみなさん、ありがとうございました。


忙しい時間をレジもままならない私たちに、笑顔でお付き合いいただき感謝いたします。


また皆様においしいと足を止めていただけるものを作っていきますので、どこかでまたお会いする機会がありましたら


うめばり いっそだから あがいん!!と言いますね。


食べてネ!!


また、期間中皆さまと撮った写真アルバムはコチラからFacebook ページ

 

(上記は、のり工房矢本のホームページより引用しています。)

2012年5月30日 13:20今週土曜日まで!(隠れマネージャー)

 被災地からのレポート

 

昨日5月28日から始まっている、仙台駅2Fステンドグラス前での「宮城の旨いもの掘りおこしフェア」にのり工房 矢本で参加しています。

 

 

(続きはこちら)

2012年5月28日 21:55少し前の話ですが(職人)

 被災地からのレポート

 

少し前ではありますが、毎年嫁孫達に母の日のプレゼントをもらっています。

去年は震災で大変だったにもかかわらず、いろんなモノを買ってもらい、嬉しかったです。

 

 

(続きはこちら)

 

 

2012年4月30日 11:30のり工房にもサクラ咲く(隠れマネージャー)

 被災地からのレポート

 

ご無沙汰しております。


今、こちら東松島でもサクラがほぼ満開に近く、公園などではみんなでお弁当を広げている姿もよく見られます。そんな街中サクラが咲いて、賑やかになっているここ数日ですが、のり工房の工房内にもステキなサクラが咲きました。

 

 

(続きはこちら)

 

 

2012年4月11日 18:34少しずつみんな前を向いて

 被災地からのレポート

こんにちは。のり工房矢本です。

今年の宮城は朝晩冷え込むためか
桜の予報も一週間遅れとのこと、まだまだつぼみも固いようです。
それでも確実に春はやってきてウグイスの声も聞こえるようになりました。

そ して4月10日~11日は鹿島台の互市です。
互市に出店するようになって3年になりますが春と秋に開催されるので一緒に 
出店しているかたともすっかり仲良くなり、娘のように姉妹のように
よく面倒を 見てもらってます。うれしいですね。

お客様に、また来たよと声をかけていただくと、昔からの友人に出会ったような気持ちになります。

のり工房


そして私たち同様、仮設住宅で暮らしている方も同じく漁業、ノリ養殖を営むかたも
気軽に声をかけていただき、今の気持ちを話してお互い頑張りましょうと言ってもらえると
少しずつみんな前を向いて歩き始めたんだなと思います。
秋の互市にはもっともっと活気に満ちた仕事の様子を話せればいいなと思っています。


のり工房


今週末14日、15日は、銀座で第三回の東松島を見せつけよう販売会です。
今回 は大曲浜獅子舞も参加しますよ。
これがまた他で見られないような迫力のある獅子舞です。
東京大田区の支援によって復活しました。
どうぞお近くの方は足を 運んでいただければうれしいです。
そしていっぱい試食していただければと思います。
実は海苔用漁師の息子も今回一緒に行きます。
にぎやかに盛り上がり ましょう。

明日最後の機械がやっと入ります。待ちに待った海苔の裁断機です。
これで作業効率が良くなると思います。
--------------------------------------------
セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら

2012年3月23日 21:42東松島物産展に参加してきました!

 被災地からのレポート

のり工房矢本の本田です。

3月17日、18日、銀座、東松島物産展に参加してきました。

朝4時に起き、準備をして5時半に車で家を出発、
チーム東松島の仲間2人を乗せ東北本線鹿島台駅、
仙台から7時半の新幹線で東京に向かいました。

東京が近くなり新幹線の窓から外を見ると、
なんと雨が・・・
ちょっと不安になってしまいました。

17日は一日中雨でしたがボランティアさん方の手伝いで
盛り上げていただきました。

二日目も後半雨で途中心が折れそうになりましたが
ボランティアさんの元気に助けられ頑張る事が出来ました。

終わって見れば第一回の物産展より売上も良く
疲れも飛んでしまいました。

以前のり工房矢本で会った学生さんにも来ていただきました。
ありがとうございます。

矢本

矢本

今週は20日、22日、23日と3日間海外からの取材があり
バタバタした一週間でした。

海外から見たのり工房矢本はどの様に感じたのでしょう・・?

次回銀座での東松島物産展は、
のり工房矢本のスタッフ4人全員で参加する事に今日決定しました。
4月は14日、15日です。
お近くの方、寄ってみて下さい!
--------------------------------------------------------------------
セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら

2012年3月6日 21:00資金利用のご報告

 被災地からのレポート

ご出資いただいた皆様


平素より大変にお世話になっております。


のり工房矢本のファンドが満額になり2月28日に
皆様のご厚意で集まった最後のお金が
私たちの通帳に振り込まれました。


不安だらけの一年でしたが、仕事を始めてよかったと思った日が
何度も何度もありました。見ず知らずの私たちを応援していただき、
ありがとうございます。


さっそく機械の支払等にあてさせていただきました。

 

 

 


海苔の漁期もそろそろ終盤に近づき、今季の良質な海苔も揃ったと
問屋さんの方から連絡が入りました。東松島市産の優ランクの海苔も
あるとの事で今期販売分として買わせていただきました。


今年の商品の生産地をどこにしようか悩んでいましたが
同じ東松島市の物があり一安心です。
仕入れ代にも皆様からのお金を使わせてもらいました。

 

あとは今年11月に矢本産の新海苔生産が始まる事を切に願うばかりです。
早くおいしい自前の海苔を皆様に届けたいと思っています


秋からの養殖再開に向け道具つくりもすべて一から出直しです。
海苔作りを行う主人たちも頑張ってます。

 

 


引き続き、ご支援の程、何卒よろしくお願い致します。


============================================================
セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら
http://oen.securite.jp/

2012年2月21日 13:51NEVER FORGET 東北 SHASHINNOCHIKARA47+in 物産展

 被災地からのレポート

皆様こんにちは。
のり工房矢本の本田さんよりお便りです。

---------------------------------
のり工房矢本の本田です。
2月18日、19日 東日本大震災復興応援プロジェクトfrom 銀座 NEVER
FORGET 東北 SHASHINNOCHIKARA47+in 物産展に参加してきました。

のり工房

この二日間はとても寒かったのですが、
多くの方々に来て頂きとても盛り上がりました。

俳優の津川雅彦さん、柴俊夫さんにも来て頂きました。

応援していただいている額田寿雄さん、学生の西村ひとみちゃん、カノくん?にも
来て頂きありがとうございましたm(__)m

売上も上々、二日間ちょっと疲れましたが達成感がありました。
ボランティアでお手伝いをして頂いた皆様にもとても感謝です。
ありがとうございましたm(__)m

のり工房


------------------------------------------------

セキュリテ被災地応援ファンドの詳細および申込はこちら
http://oen.securite.jp/

 



2012年2月13日 17:17銀座の物産展に出向

 被災地からのレポート

のり工房矢本より皆様へお便りです。
--------------------------------------------

大震災から11ヶ月が過ぎました。

まだ毎日のようにテレビの画面に、「宮城県沖を震源とする地震がありました」
というテロップが流れます。

いつまで地震に怯える日が続くのだろうかと思ってしまいます。
でものり工房矢本は確実に前を向いて歩むために、
チーム東松島東日本大震災応援プロジェクトfrom銀座と銘打って
銀座の物産展に出向く事になりました。 

NEVER FORGET東北 SHASHINNOCHIKARA47+物産展   
会場:銀座 TSビル一階
日時:2月18日(土)~19日(日)11時~18時


若い漁師も一緒に参加しワカメの販売もしますので、
是非試食だけでも構いませんのでいらして下さい。
沢山のご来店お待ちしてます。

お手伝いして下さる方も大歓迎です。
宮城の方言を聞きたい方お話ししましょう。
ワカメは数に限りがあるのでお早めにいらして下さい。

のり工房

------------------------------------------------

セキュリテ被災地応援ファンドの詳細および申込はこちら
http://oen.securite.jp/

 

2012年2月7日 12:04ファンドを通じた、人との出会い

 被災地からのレポート

皆様こんにちは。
今日は東京は雨です。
のり工房矢本より、皆様へお便りが届きました。

-------------------------------------------------------------------------

のり工房矢本の本田です。
毎日寒い中、のり工房矢本頑張ってます!

震災後ファンドのお陰さまでいろいろな人との出会いがあり感謝しております。

そんな中、東松島市赤井市民センターで凧上げ大会がありました。
第二部では、以前のり工房矢本でミヤギテレビ「OH!バンデス」の番組に出ている
宗さんと佳生ちゃんが出演してくれ、私はこのチャンスにと思い「OH!バンデス」の
お礼と新作の黒こしょう塩のりを食べて貰う事が出来ました。

人との出会いを大切に、のり工房矢本益々頑張ります!


のり工房

-----------------------------------------------------------------------------

繋がっていく出会いは、かけがいのないものですね。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------

 

セキュリテ被災地応援ファンドの詳細および申込はこちら
http://oen.securite.jp/

 

2012年1月30日 19:02新作ブラックペッパー塩海苔がやみつきに

 被災地からのレポート

 

のり工房矢元より皆様へお便りをいただきました!


--------------------------------------------------------------------------------------

毎日寒い日が続いてますが皆さん風邪などひいてませんか?


昨日の最低気温はなんと-9℃でしたよ。

私の借家はトイレと洗濯機の水道が凍結してしまいました(>_<)


主人達の仕事はワカメの刈り取りと海苔の道具作り等です。

息子は福岡で大型機械で協業しているところで勉強させてもらってます。

いい経験をさせてもらっているようですありがたいですね。


さて前回お知らせしましたのり工房の新作ブラックペッパー塩海苔の出足は

おかげさまで好調で美味しくてやみつきになってしまうと嬉しい評価をいただいてます。

半切り7枚入りは393円お試し価格でお得ですよ。ぜひ一度食べてみて下さい。


のり工房


そして是非辛さや塩加減などお好みを教えて下さいね。

海苔はのり工房自慢の大曲浜の海苔を使ってますよ。

皆様方のご意見で辛さを調整してより良い商品を作って行く予定です。


まだまだ寒い日が続きます熱燗のおつまみにどうぞお試し下さい身体の中からも温めましょう!

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

セキュリテ被災地応援ファンドの詳細および申込はこちら
http://oen.securite.jp/

 

2012年1月23日 10:15【のり工房矢本】 ホームページ完成!

 被災地からのレポート

のり工房矢本の本田です。

先週試行錯誤しながら新商品「黒こしょう塩のり」ができました。


「黒こしょう塩のり」の美味しい食べ方は、


・トマトの薄切りに巻いて食べてもOK!


・サンチュまたはレタスに黒こしょう、焼肉を巻いて食べてみて下さい!


とても美味しいですよo(^-^)o


のり工房矢本のホームページを作りました。
のり工房矢本の情報、商品の買い物もできます。ホームページ見てください!
http://www.norikoubou-yamoto.com

 


-------------------------------------------------------------
お陰さまで「のり工房矢本ファンド」は満額のお申込をいただきました。

セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込はこちら:
http://oen.securite.jp/

 

2012年1月10日 15:20【のり工房矢本】 ボランティアさん達との新年会

 被災地からのレポート

東松島市の復興のお手伝いをしてくださってるボランティアさん達と新年会がありましたo(^-^)o


のり工房矢本で加工する海苔は、地元大曲浜で養殖された海苔です。昨年まで6年連続で皇室への献上海苔が採れていた浜ですが、大曲浜は今回の大津波で大きな被害を受け、今年の海苔は採れません。この度、大曲浜の復興に向けた活動などを紹介するホームページが出来ましたのでよかったら併せて、見て下さい。

http://ohmagarihama.jimdo.com/


セキュリテ被災地応援ファンドの詳細および申込はこちら
http://oen.securite.jp/

 

2012年1月5日 13:30【のり工房矢本】 ファンドにご参加いただいた皆様へ

 被災地からのレポート


新年明けましておめでとうございます。のり工房代表の津田清美です


昨年は世界中の方々から熱いメッセージと応援をいただき、「自分が失った物を嘆いてばかりいられない。何か動き出さなければいけない」と、もがいていた一年でした。


そして、ミュージックセキュリティーズ社とセキュリテ被災地応援ファンドを立ち上げさせて頂きました。不安でいっぱいで始めましたが、正月早々、「ファンドが満杯になり募集を終了しました」との報告が入り、職員一同で喜びあいました。


温かいご支援に感謝いたします。ありがとうございました。


全国のご支援を頂きました皆様のご期待に沿えるよう努力してまいります。まだまだ未熟な私達ではありますが、今後ともどうぞご協力よろしくお願いいたします。  


3日テレビ新聞等でも報道されました、大曲浜の大変勇壮で力強い獅子舞が若者の手で復活しました。大曲浜に渡る橋の上で、強風に負けない太鼓や笛、そして強い獅子の踊りを見て、私達の合い言葉「えぃくそ 負けねぇーど」を心に刻み、今年は浜の復興の様子を皆様に報告して行きます。

 

 


今年の私達の活動を応援して頂ければ幸いに存じます。

 


セキュリテ被災地応援ファンドはこちら
http://oen.securite.jp/

2011年12月27日 12:40【のり工房矢本】 年末のご挨拶

 被災地からのレポート

今年も残すところわずかとなりました。
震災後、津波の被害にあった後も残っていた海苔を、何とか買い付けし、仕事を始め、6ヶ月が立ちました。
「皇室御献上の海苔を震災で忘れて欲しくない」と頑張ってきました。

皆様のご支援は暗闇で灯りを見つけたような思いでした。本当にありがとうございました。
今月からは、やっと塩焼き海苔加工機械も入り、何とかお歳暮に間に合わせることができました。

来年は海苔養殖も本格的に始まる予定です。海苔筏も網の準備も、全て一から出直しです。
新たな船出を見守っていただけますよう、よろしくお願い致します。
そして、皆様に、一日も早く海苔工場団地が大曲浜にできることを、お知らせできる日が来ることができればと思っております。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。



のり工房矢本ファンドの詳細および申し込みはこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/203

2011年12月19日 15:00【のり工房矢本】 現在の東松島市大曲浜の状態

 被災地からのレポート

今日現在の東松島市大曲浜の状態をお伝えしたいと思います。


震災後、今後の復興で迷っていた時期6月柳川の最新の海苔協業施設を視察にいきました。生産者の方々の話しを聞いて、全て津波に押し流され、落ち込んでいた気持ちを奮い立たせ、「何がなんでも震災前の海苔よりもっといい製品を作りたい」、「矢本の海苔を待ってくれているお客様がたの応援に応えたい」と強く思って帰ってきました。


9ヶ月が過ぎた大曲浜の様子は、やっと以前家が建っていた我が家の前まで車で行けるようになっただけです。何も無くなったはずなのに、焼き海苔が何袋かありました。家が基礎ごと無いのに不思議ですね。涙が流れました。

 


県漁連も行政も遅いです。私達は普通に仕事がしたいだけなのにあまりにも縛りが多すぎます。希望する機械も、「他のメーカーより高い」とか、「一番安い機械を入札で決める」とか、良い製品を作るための機能を要らないと生産者じゃないお役人が決めてしまってよいのでしょうか?私達生産者が必要とするものを用意する事が税金の無駄遣いと言われる事なのでしょうか?1日も早く乾燥庫と機械が見たいです。船、フォークリフト、トラック、以前あった物を用意するだけでも大変です。

頑張れ日本立ち上がれ日本!絆!いままで何百回と見聞きしてきましたが、実際は「まだ何も決まってないからまだ動くな」と言う理不尽な言葉ばかりです。震災の影響がなかったところは、もう終わってしまった今年の出来事の一つのような感覚なのでしょうか。


あと2週間で今年も終わりです。年内中に進展があるのかと眠れない日が続いてます。


のり工房矢本ファンドの詳細およびお申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/203

 

2011年12月14日 11:45【のり工房矢本】看板ができました

 被災地からのレポート

12月1日 ミヤギテレビ「OH!バンデス」で東松島市の海苔の状況、のり工房矢本の復 活に頑張ってる様子など取り上げて頂きお蔭様で反響も良く( ^^)V


でも・・・のり工房矢本の看板がありませんでした。
12月110土曜日 のり工房矢本の看板ができました\^o^/

 

のり工房矢本ファンドの詳細およびお申込はこちら

https://www.securite.jp/fund/detail/203

 

2011年12月6日 09:30【のり工房矢本】 テレビ番組「OH!バンデス」で紹介されました

 被災地からのレポート

こんにちは、のり工房矢本の津田です。    


11月28日に宮城テレビで月曜日から金曜日夕方の人気情報番組の「OH!バンデス」が取材に来てくれました。


レポーターの長嶺さんとワイワイ話しが弾み、長嶺さんからは「こんな明るい被災者は初めて(≧∇≦)」とまた大笑い♪みんなで記念撮影しました。          

 


テレビは12月1日に放送され、のり工房矢本の商品やお歳暮のギフトも紹介して頂いたので、商品の問い合わせの電話も沢山頂いて嬉しい悲鳴をあげてます。


 

 

 

のり工房矢本ファンドのお申込はこちら

https://www.securite.jp/fund/detail/203

2011年11月28日 17:00【のり工房矢本】 塩のり機械の試運転 お歳暮の注文も!

 被災地からのレポート

のり工房矢本の本田です。

11月15日に塩のりの機械が搬入されましたが、機械屋さんの都合で試運転の日がなかなか決まらず
私達は一日も早く試運転をしたくて心待ちにしてました。



やっと11月27日試運転となりました。




十日程前から営業事務の阿部が体調を崩し休んでるので機械を動かすには人手が足りません。
そこで津田代表が津波で被害を受けた元同業者の奥さん達に声をかけ手伝ってもらう事になりました。



新しい機械のびみょ~な感覚の油加減、塩加減が難しく・・・
さすが津田代表!以前の感覚を思い出しながらGOOD!!な仕上がりでした!(^^)!



お歳暮の注文もボチボチ入って来ています。
買って頂いたお客様に美味しい塩のりを食べて頂けるように頑張りまーす!




のり工房矢本ファンドお申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/203

2011年11月14日 11:10【のり工房矢本】 宮城県大崎市と東京都大田区に出店参加

 被災地からのレポート

のり工房矢本の本田です。


11月10~12日宮城県大崎市鹿島台で互市、12~13日東京で大田区ふれあいフェスタがあり二手に分かれ出店参加しました。


互市は昨年秋に初めて参加し今年で二度目の参加です。塩海苔を試食して頂ながらの販売で、同業者の方に試食をして頂いた時に「良質の海苔に味付けしてるね」とほめて頂きました。中には何処から来たのか聞かれ「東松島市矢本です」と答えると「あーずいぶん死んだ所だね」と通り過ぎて行く人(;_;)・・・

 

でも多くの人が「頑張ってね」「お互い頑張ろうね」「応援してるから」と声をかけて頂き海苔を買い求めて頂きました。三日間を終えて、震災後の互市はどうかなーと心配でしたが満足のいく結果だったと思いますo(^-^)o

 


津田です。


大田区ふれあいフェスタに出店してきましたよ(*^o^*)昨年は33万人の人手があったとの事前情報で対応できるか不安でいっぱいでしたが、大田区の皆さんからは震災直後から応援頂いておりお店に立ち寄って私も宮城出身だよとか瓦礫や泥のかたずけに行ってきたよ大変でしたねと温かい励ましと応援で楽しく2日間仕事させていただきました。皆さん本当にお世話になりました。

 

養殖海苔発祥の大森に、図々しくのり工房矢本の商品販売に行ったわけですが塩のりの試食の感想はいいのり使ってて海苔の香りや風味が口の中広がるね…子供さん達は何回も食べにきてくれたり、お母さんに買ってとせがんで買ってくれた子もいて嬉しかったですねo(^-^)o


田中さん、せっかく会いに来てくれたのに席外しててゴメンナサイm(_ _)mヒトミちゃん、竜太くん、ソフトボール君お手伝いありがとうございました。

 


のり工房矢本ファンドのお申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/203

2011年11月6日 17:24【のり工房矢本】 ファンド出資、ありがとうございます

 被災地からのレポート

いつもご覧頂き、ありがとうございます。

のり工房矢本の津田さんからメッセージと
写真を頂いたのでご報告させていただきます。

------------------------------------------------------------
のり工房矢本の津田です。

ファンド募集から約1週間、ご出資頂いた皆様、
ありがとうございました。

テレビ報道からは被災地の露出がだいぶ減ってきているなか、
こうして私たちに出資してくださる方がいらっしゃる、
ということに本当に感謝しております。

昨日は、日本総研さんの企画で
ボランティア大学生50人がうちに来て頂きました。

震災のときの様子や仕事の再開の状況を聞いてくださって、
大学生の方々から「どん底から這い上がっているのをみて、
勇気を頂きたました。」と言っていただきました。

うちの塩のりを食べて頂き、美味しかったと
評価していただいて、ますます仕事への意欲を持ちました。


来週も、地元、鹿島台で、互市(たがいち)が開催され、
震災前に在庫で残っていたのりの販売を行います。

------------------------------------------------------------
のり工房矢本ファンド

【出資者特典】
のり工房矢本のおススメのりセット(口数に応じて)
・塩釜の藻塩を使った塩のり(プレーン、オリーブ、唐辛子)
・焼のり



発送は矢本産ののりが復活する2012年秋を待ち、
2012年秋から2013年春にかけて一番美味しいのりを厳選した上で、
2013年の春にご送付します。
※内容が変更になる場合があります。
※海外への発送はできません。

2011年10月31日 18:00【のり工房矢本】「矢本」の暖簾を守る。

 被災地からのレポート

たいへんご無沙汰いたしております。
この「被災地レポート」への登場は珍しい
セキュリテラジオの影山です。

実は私、10月29日~31日と
東松島~石巻~南三陸町をまわってまいりましたので
ここでも少し、そのレポートをさせていただこうと思います。

つい先日、募集が開始されました

「矢本」は地名ですね。
(東松島市)

これまでにも何度も皇室献上ノリを生み出してきた
日本有数のノリの産地です。

今回の震災でも
人命を含めた多大な被害を受けた同地域ですが
「矢本のノリ」の暖簾を守り、一層育てていくため
いま先頭切って、立ち上がりつつあるグループがあります。

率いるは、肝っ玉母さん!
「のり工房矢本」の津田さん、阿部さん、本田さんたちです。

a

(右が津田さん、左が本田さん)

設備投資に億単位の費用がかかるノリの養殖。
津田さんのご主人を含めた養殖業を営むみなさん
今年は第一ステップということで
比較的投資の少なくて済むワカメの養殖から着手していらっしゃいます。

ノリの養殖に取り掛かれるのは、早くて2012年。

それまでの間
これまで磨いてきたノリの加工技術と営業力とをいかして
「矢本」の暖簾をつないでいくのが津田さんの役割です。


(つづく)

また近日、セキュリテラジオでも
津田さん、本田さんのインタビュー
配信させていただきます。
そちらもどうぞお楽しみに!


詳細・お申込はこちら: 
https://www.securite.jp/fund/detail/203

2011年10月29日 23:48【のり工房矢本】ファンドの受付を開始しました

 被災地からのレポート

本日より 「のり工房矢本ファンド」の受付を開始しました。

詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/203

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス