津田鮮魚店ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年1月11日 15:36

【津田鮮魚店】新年のご挨拶と近況のご報告

出資者の皆さん
 
新年明けましておめでとうございます。
 
激動の2011年は激動の1年でしたが、今年は復興元年として
いい年になるよう全力で頑張っていきたいと思います。
 
おかげさまで去年の11月から始まっていた津田鮮魚店の
修繕工事が12月末に終わりました。大晦日の2日前くらいです。
 
津田鮮魚店は建ててから30年以上は経ちますので
だいぶ老朽化が進んでいました。
 
それが今回の修繕に見違えるほど綺麗に立派になりました。
 
1
 
2
 
設備機械類のうち、業務用冷凍庫と冷蔵庫、真空包装機のみが入り
冷蔵ショーケースは応急修繕をして何とか動かしています。
今後、他の機材も入ってきます。
 
3
(冷凍庫(左)と冷蔵庫(右))
 
4
(真空包装機)
 
5
(ショーケース)
 
6
(急速冷凍気)
 
7
(冷凍庫)
 
事務所スペースも立派になりました。
 
8
(改修の終わった部屋でスタッフミーティング)
 

被災地では大工不足や原料不足により大工工事の半年待ち、
1年待ちが当たり前です。しかし今回は、うちの30年来のお得意さん
である石巻の大手土建屋さんが何とか年内中に再開できるように
うちを優先して突貫工事で年内に間に合わせてくれました。
工事が始まる前にそこの社長が『早くあんだいの魚食いたいから、
早く再開しろよ』と激励してくれました。本当にありがたい限りです。
 
多くの人に応援され津田鮮魚店は何とか動き出しました。

当店から20m先から向こうは道路と公園になることが決定したため
残った建物の取り壊しが始まり、これまでのお得意さんの多くが
遠くへ引越してしまうなどしていますので、今後震災前の状況に
戻るか不安はあります。
 
9
(津田鮮魚店から海側を見る)
 
10
(鮮魚店から数百メートル海側の様子です)
 
11
(鮮魚店から数百メートル海側の様子です)

12
(鮮魚店から数百メートル海側の様子です(取り壊しをしている建物がある一方、修理を進めていた建物も))

ですので当面は石巻の津田鮮魚店を仕入れ・出荷の拠点にして
仙台での店頭販売、首都圏への卸販売、ネット通販を進めて
いこうと思っています。
まだまだ復興への道のりは長いですが、出資者の皆さん、
今年もどうぞよろしくお願いします。
 
13
 

≪追伸≫
宮城県内の放送ですが、1/11(水)16:00前に
ミヤギテレビのOh!バンデスで当店が特集されます。
県内の方は是非ご覧下さい!
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.