酔仙酒造ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2011年6月24日 14:00

【斉吉商店】 大切な豪邸(?)のご案内

皆様こんにちは。今日は、気仙沼も暑い一日でした。
我が家の(兼 仮事務所)の壁面を覆う「ツタ」があまりに綺麗なので、今日は豪邸(?笑)のご案内を少しだけ。

 


ここが、現在の私たちの大切な根拠地です。

 

 

昭和34年に先先代が建てた漁具倉庫とその上のアパートが残りました。

他は、すべて沿岸にありましたから、ほとんどが現在は冠水し、建築規制がかかる場所になっています(会社の罹災証明書は9通。涙)

この古いアパートが残って、本当に有難かったです。
不思議なものです。こんなところに事務所があるだけで震災前なら、アウト、な感じないですか?
それなのに、今ここは大活躍をしてくれています。

 

 

都会からのお客さんの目にとまり、特に若い方がかわいいといいます。これが?

 

 

大きな木の階段です。女学校を解体するときに、ここに移設したもの。


この仮事務所で 斉吉スタッフが打ち合わせしたり。

 

 

お客様がおいでになったり。

今日は名古屋と仙台から。ちょうどお昼になったので、母(貞子さん)食堂に変わり、そうめん。

 

 

毎日、たくさんの方がおいでくださいます。

午後は山口県からお客様が一人。そのあと、また山口県の方がおいでになり、ここで同郷の話に長州藩ですね。憧れます。

遠路のところ、この豪邸においでくださり、ほんとに有難く感謝です。
豪邸(?)にもありがとう。

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.