酔仙酒造ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2011年10月31日 20:10

【酔仙酒造】 ファンド募集に当たって(蔵元からのコメント)

みなさん、こんにちは!

ミュージックセキュリティーズ日本酒担当の朝香です。


みなさん、「酔仙酒造ファンド」はもうすでにチェックして頂けましたでしょうか?

本当に大きな被害を受け、震災当時各種メディアにも大きく取り上げられた

岩手県陸前高田市の酔仙酒造。


しかしながら、酔仙酒造はいち早く復興を宣言し、

現に同じ岩手の酒蔵を間借りし、すでに今年の造りを開始しています。


弊社では先日よりこの酔仙酒造を支援するファンドを募集しています。

まだ確認されていない方は、ぜひご確認ください。



「酔仙酒造ファンド」の詳細・お申込はこちら:

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=201



さて、本日はファンドの募集に際して、蔵元から頂いたコメントを掲載します。


=====================================


酔仙酒造は震災から7ヶ月という短期間で、新酒を発売するというところまでこぎつけました。これも一重に皆様の厚いご支援の賜物と感謝しております。

しかしながら、今はまだ人間で言えば人口呼吸器をつけて片膝をつき、

立ち上がろうとしている状態です。普通に立って歩いていけるようになるまで、

まだまだたくさんの時間と労力が必要です。


津波で何もかも失われてしまった今、その酔仙で以前と同じように日本酒を製造し、

皆様にご提供させて頂くことで自分たちの暮らしをつづけていけるならば、

これほどありがたく嬉しいことはありません。


酔仙の目指す復興は、良いお酒を造りそれを召し上がったお客様が良い気持ちになるよう、

その技術と心をこれからもひとからひとへ伝え続けること。

この目標にご賛同頂けましたらぜひ、当ファンドを通してご協力をお願いいたします。


=====================================

みなさんの力を合わせて、ぜひ酔仙酒造を支援していきましょう!!

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.