お知らせ 途上国未電化家庭用太陽光システムファンド2018年01月

2018年1月25日 11:22

広く途上国の貧しい人々に普及・使ってもらうということ

この「未電化の人々に電気を届ける」というBOPビジネスのファンドが募集を始めてから,ちょうど一週間経ちました.
 
「人気」ファンドにランクされ,現時点で125人もの方々にサポートしてもらい,目標調達額の16%が集まってきているという状態です.出資いただくと決断された方,本当にありがとうございます!
 
先日,Global Off-Grid Solar Forum and Expo に参加してくるということをお話ししましたが,なんと,あの豪雪で,成田空港で 飛行機の中に10時間以上飲まず食わす (トイレも行かず) の状態で閉じ込められ(5時PM〜3時AM)結局 参加できませんでした... いままで65カ国程度訪問し,酸素マスクが降りてきたなどいろいろ経験しましたが,これは初めての経験でした.
 
そのとき,持って行って紹介する予定だった 現行の SHS EGAO の技術資料は,まだ最終デザインが完成していないため,投資家限定ニュースにて紹介したいと思います.

モデルの表だけお付けしますね:

このプロジェクトは,ビジネスを通じて,11–12億人も「残されている」電気にアクセスできない人々に電気を届けることで,それを用いて,彼らがより強く立ち上がる機会を提供したい (下の写真のような暗い照明下の生活を甘受せざるをえない状態をなんとかしたいということですね),という目的で始めました.不安定な電気の人々も対象としているので,その2倍程度の潜在ユーザーがいることになります.ということで,究極のゴールは1億人!と大風呂敷を広げています.
 

言い換えると,大きく展開してこそ,意味があるわけですし,それを実現化するためのビジネス戦略を考える必要があります.逆に,それができる (可能性がある) ところが,援助でなくビジネスというツールのよさでもあるわけです.
 
ある非常に優秀な途上国国際協力の専門家の方に,次のような質問を受けました:
 
僕自身が計画をざっと見て考える一番のリスクは「盗難」や「故障」です。その場合の責任はどうなるのか、ですね。
特にパネルは日中常に外に出しておかれますし、ある地域に集中してパネルが置かれているとなると…どれくらい発生するかは別にして、数が増えれば増えるほど盗難のリスクは高くなり、事件はまず確実に発生するだろうと予想します。
その時に、盗まれたパネルの保証はどうなるのか、あるいは保険が掛けられて代替品が供給されるのか...
 
これに対するわたしの返答は,以下の通りです:
 
われわれのビジネスの基本的考え方は,潜在ユーザーへの販売は,基本はディストリビューターに任せるということです.集金を行うのもそうです.われわれのビジネスは,ディストリビューターへの「卸販売」になります.そうでなければ,大きく展開することは難しいでしょう.(以前は ディストリビューターを絞る考えでしたが,いまは広く誰でも... という考え方です.ODMというむこうブランドでの販売も行います)
 
故障への対処は,製品保証(製品の交換)という形で対応いたしますが (実際はたとえば5% 注文より多く提供します),これは,対ディストリビューターです.
対ユーザーではありません.対ユーザーはディストリビューターが行います.
 
盗難への対処は,基本はユーザーの責任問題です.また,盗難された場合に,その保険サービスを設定するかどうかは,ディストリビューターの判断となります.
 
ただ,それらの懸念に,製品供給者として,なにかできるか?という点は別の問題です.
 
今回の製品に搭載する予定の PAYG (Pay-As-You-Go) 機能にはそこまで搭載しない想定ですが,次の製品には,遠隔でシステムの稼働状況などをチェックできる機能を搭載することも考えています (いま考えているのは,シンプルに「払った分だけ使える」ことを,ディストリビューターが操作できる機能を,技術的に搭載することです)
 
もちろん,故障が起きにくいような設計にはなっています.各種保護回路や,現地でエンジニアがいなくても設置ができるような設計ですね.
 
盗難に関しては,屋外灯(固定)のような使い方や,携帯灯も付属し (これはむしろモバイルバッテリーとしての機能が重視されそうですが),暗黒の状態よりはるかに盗難されにくくなるかと思います.
 
一方で,ディストリビューターを介さずに,われわれの現地エイジェンシー(代理店)が,直接 顧客に販売する場合もありうるでしょうが,それが PAYGサービス(ローンのようなサービスになります)を提供するかどうかは,代理店との議論に依存します.これは今後の 個別の代理店との議論の中で詰めていくことになりますね.
 
簡単に,いまのわたしの考え方を紹介しました.その他のビジネス上の工夫は,投資家向けニュースの中などで紹介していきたいと思っています.
 
最近,”Escaping Darkness—Understanding Consumer Value in PAYGo Solar” というレポートがリリースされました.興味深い内容ですので,またかいつまんで内容などをお知らせしたいと思います (ほかにもいっぱいレポートがありますので,それらもまたご紹介します).
 
特典でご提供するカーボンオフセット・サービスに関するご質問もいただいているようなので,この次の発信のときにでも,ご説明いたします.
 
Stay in touch with us!
 
松尾 直樹
 

この記事だけを表示

2018年1月20日 18:23

途上国開発問題,気候変動問題,エネルギー問題にご関心のある方々へ

途上国開発問題,気候変動問題,エネルギー問題などにご関心があり,また何らかの寄与をしたいとお考えのみなさん.

これは,最初の EGAOプロジェクトからのメッセージです.

まだ募集をかけてから実質3日強しか経っていないのに,もうすでに82人もの方々にサポートをいただいています (「人気」のタグが付いていました).わたしの知り合いの方々に動員をかけたわけでもないのに...
みなさんの強いご関心をひしひしと感じ,なおいっそう,プロジェクトを成功させなければ... とつよく噛みしめています.

最初ですので,私自身と,この事業への想い...を,すこしお話しいたしましょう.

わたしは大学大学院は理論物理学という浮き世離れした学問領域で博士号をとった人間ですが,(いまでいうポスドク問題のもっとも厳しい分野というのもありますが) そのあとで,気候変動問題を自分のライフワークに定めました.リオでの地球サミット(1992年)の直前に,(財)日本エネルギー経済研究所(IEE)に入り,エネルギーの観点から気候変動問題にシンクタンク研究者として取り組みました.京都議定書採択(1997年末)を機に,(財)地球環境戦略研究機関(IGES)に籍を移し,この分野の国際および国内の政策提言を研究テーマとしてきました (現在はパリ協定のルール策定プロセスが動いており,これにも寄与しています).

その後,京都議定書のルールブック(マラケシュアコードと呼びます)の成立を経て,こんどは新しい国際ルールで活躍しなければならない日本の企業をサポートするというコンサルタントを始めました.京都議定書の国際的市場メカニズムであるCDMの世界第一号方法論獲得など,この分野の草分けとして,それなりに成功したと思っていますが,コンサルタントの限界である「自分の好きなタイプのプロジェクト」へ寄与できるとは限らない... という点を乗り越えるべく,本事業の主体である PEARカーボンオフセット・イニシアティブを立ち上げました.

PEARは,Partnership for Environmental Action with Responsibility の略で,わたしのこの会社に込めた想いを表しています.PEARのWebサイトや,EGAOプロジェクトのWebサイトに,そのあたりを「二つの洋梨」のロゴ
と共に,書いておきましたので,ご覧いただければ幸いです.

EGAOプロジェクトは,四半世紀以上におよぶわたしの気候変動問題やエネルギー問題,それにからんだ途上国開発問題に対し,実際の自分のアクションとして寄与したいと考えたものです.

わたしは気候変動問題屋でもありますが,世の中は気候変動問題への懸念や関心だけで動いていかないこともよく認識しています (それだけ気候変動問題が大きな問題で,また人間活動に大きく絡まった問題であるということもであります.だからやり甲斐があるのですけどね).すなわち,気候変動対策というより 低炭素社会の実現 のためには,(いわばプライオリティーの低い)気候変動問題への関心ではなく,もっとみなさんが大切に思っているものに絡めて,はじめて実効性を上げることができます.

再生可能エネルギーによる途上国貧困層のエネルギーアクセス問題への寄与... というのは,そのために「わたしがやりたいこと」なのです.バングラデシュでは,Grameen Shakti と数年にわたり協力関係にあり,IDCOLという政府機関とともに,彼らの 家庭用バイオガスプロジェクトを,CDMプロジェクトに登録することにも成功いたしました.

(援助でなく) ビジネスで行うことの意味なども,EGAOプロジェクトのWebに書いておきましたが,この活動は「彼らに (いままで抑圧されてきた) 機会を提供する」ということでもあります.加えて「大きく展開しなければ行う意味がない」とも考えています.そのためには,自分が農村に入って汗を流して彼らと共同生活を行うタイプの途上国支援ではダメで,自分たちの役割を製品のサプライヤーとして位置づけ,できるだけ多くのディストリビューション・チャンネルを開拓する... というアプローチとなります (その方法としては いろいろ新しいものも想定しています).

一方で,たとえばユーザーが「電気があるおかげで新しい所得向上手段を生み出す」ためのマニュアルなども用意できたら... などと,彼らの「機会」を最大化し,それが同時に,EGAOの普及,ビジネスの成功に繋がることも,想定しています.

製品は,PV(ソーラー)パネル,バッテリー内蔵のコントローラー,LED照明に加え,照明付き携帯電話用バッテリー,そして 新しい戦略であるTVから成ります.エンターテインメントの少ない彼らにとって TVが次の最大の「欲求の波」になると考え,この「波に乗る」ことで,EGAOビジネスの成功を目指します.そのあたりは,ターゲットとする国々の状況と共に,おいおいご紹介していきましょう.

来週の初めから,香港で開催される Global Off-Grid Solar Forum and Expo に参加し,関係者と議論してこようと思っています.

こちらの『ファンドニュース』では「考え方」や「アプローチ」の概要を,ファンド参加者の方々への『投資家限定ニュース』では,より詳細で踏み込んだ (場合によっては内部的な) 情報などもお知らせしていこうかと思っています.

一方で,この事業にご関心があって,出資以外にも,たとえばご自分の経験等から こうしたらどうか?というサジェスチョンなどがありましたら,ぜひ EGAO のWeb からお知らせいただければ... と思います.(ファンドとしてのご返答はミュジックセキュリティーズさんにお願いすることになりますが),同じ目的をシェアし,事業を一緒になって成功させていこう という方は,ぜひ,よろしくお願いします.

これからもよろしくお願いいたします.

PEARカーボンオフセット・イニシアティブ
代表取締役
松尾 直樹


 

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.