マルトヨ食品さんまファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年5月30日 11:02

福島では・・・・。

昨日、福島の郡山市に量販店の商談をして参りました。

商談ではこちらが譲歩せざるを得ない状況で厳しいけれど納得です

けど、やはり気になることが。

このページを見ておられる方は全国に居ることを承知で気にかけて頂ければ幸いです。


商談後の話で、福島の風評を尋ねてみると、思いのより深刻で、

人のお客様より『福島』の文字に関して、問い合わせがあると、

の商品を下げざるを得ない とのこと。

実際に収穫・漁獲される商品以外にも風評は酷く、

加工所・製造者の住所においても、ご質問があるそうです。

福島県の地元の量販店すらそのような事態。

バイヤーは言ってました。


『検査対応はしっかりされていますので、基準値を超える商品は出回らない。

文字だけで判断されては大変なことです。今できることは、行政がしっかり情報を公表することで、

ちゃんと消費者に認知していただけること。時間はかかるけど』

そんなことを言ってました。

どうか、被災地の商品加工および生産者さんは安全なものを作り、

安心して消費者に食べていただこう!!!

そして風評が払拭され評価につながるようにがんばろう。

これ以上風評が広まらないように願うだけです。

被災地全体が立ち直れるように願っています。




--------------------------------------

気仙沼のマルトヨ食品を応援するファンドは、1口1万500円です。

皆様の資金は、

みりん干し等を製造する乾燥機械や、燻製機械などの購入費用等に充てられます。

 

 

マルトヨ食品