ファンド詳細運用中

RayYamadaファンド2016

Ray Yamadaと親しくなって一緒に夢をかなえる

一口金額5,285円 申込状況運用中
地域 参加人数 81人
分野音楽 募集総額2,100,000円
募集期間2016年1月25日~
2016年3月31日
シリーズ音楽ファンド
特典
1口以上の方
・直筆・サイン入りのお手紙
・Facebookの投資家限定コミュニティご招待
・アーティストウェブサイトにお名前掲載

10口以上の方
・投資家限定トークライブへのご参加(会費制、トークのみ、2016年4-6月頃開催予定)

20口以上の方
・ご指定の場所での出張ライブ(ファンド期間中有効、ライブ実施に必要な渡航費・機材等は別途投資家が負担)


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 RayYamadaファンド2016
営業者および取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 2,100,000円(420口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 5,285円/口(内訳:出資金5,000円 取扱手数料285円)
(上限口数:200口)
募集受付期間 2016年1月25日~2016年3月31日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 本匿名組合事業の対象製品の販売がされた日から3年間
分配期間 --年--月--日 ~2019年2月16日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回決算日 会計期間開始日より1年後
第2回決算日 会計期間開始日より2年後
第3回決算日 会計期間開始日より3年後
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
売上枚数
2,521枚
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

ファンド:「RayYamadaファンド2016」の締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1. 本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者及び取扱者の信用リスク
営業者及び取扱者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者及び取扱者が支払不能に陥り、又は営業者及び取扱者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者及び取扱者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者及び取扱者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

5. 製造リスク
本レコードの製作については、レコーディングの状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定の製造枚数を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

6. 販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価及び想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク
営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りが悪化するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化するリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

12. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

13. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

14. アーティストに係る不測の事態によって本レコードの販売枚数が著しく減少するリスク
アーティストに係る不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)によって、本レコードの売上に重大な影響を及ぼす可能性があります。 本リスクに対しまして、本匿名組合契約では、保険によるリスク・ヘッジを行いません。

15. アーティストに係る不測の事態その他の理由により本レコードが発売されないリスク
アーティストに係る不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)、その他何らかの理由により本レコードが発売されない可能性があります。本レコードが発売されない場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなし、既に払い込まれた出資金及び取扱手数料を速やかに返還します。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については営業者が負担致します。なお、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

16.流通業者の信用リスク
本レコードの売上金額は、小売店から流通業者を経て営業者に支払われます。また、支払いサイトの関係で売上金額は最大で60日~150日間流通業者内に留保され、その間流通業者の信用リスクにさらされます。このため、流通業者が破綻した場合、本レコードの売上金額があっても、それが営業者に支払われないリスクがあります。

17.返品に関するリスク
本レコードの売上枚数は純出荷枚数で計算するため、出荷後に返品され純売上枚数が減少するリスクがあります。但し、本匿名組合契約に基づき損益の分配を行った後の返品に関しましては、原盤権を保持する営業者の負担とします。

18. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

19. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

20. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

21. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

22. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、又は本レコードが発売されなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に払い込まれた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×45%÷420口×1口

・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×45%÷420口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×7%÷420口×1口


シミュレーション表

(注1)匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。
なお、将来税率が変更された場合は、変更後の税率により計算を行います。

(注2)営業者(ミュージックセキュリティーズ株式会社)報酬
営業者の報酬は以下のとおりです。
・営業者の報酬:匿名組合事業利益(※1)-匿名組合員の利益(※2)-取扱者の報酬
(※1)売上金額-事業費用
(※2)匿名組合員への分配金額-出資金

(注3)取扱者(ミュージックセキュリティーズ株式会社)報酬
取扱者は本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、運営・監査・匿名組合員へのIRをします。
なお、取扱者の報酬は以下のとおりです。
・取扱者基礎報酬:出資金の5.7%(税込)

(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする。※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報、契約書、契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • ご出資頂いたアーティストの応援を宜しくお願い致します。
  • マイページ内のマイファンドにて、音楽ファンドの運用状況のご確認。
  • 分配金の受取。
1 募集受付期間 2016年1月25日~2016年3月31日
2 会計期間 本匿名組合事業の対象製品の販売がされた日から3年間
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 第1回決算日 会計期間開始日より1年後
第2回決算日 会計期間開始日より2年後
第3回決算日 会計期間開始日より3年後
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
(2015年12月31日現在)

音楽ファンドとはどういうものですか? 音楽の原盤権を証券化し投資家に販売することで、CDの制作に必要な資金を調達し、そのCDの売上に応じて利益を投資家に還元するというものです。
音楽ファンドの実績について教えてください。 償還済み音楽ファンドの実績は、こちらをご覧ください。
ファンドの総額はどのように決まるのですが? 原盤制作・CDの製造・プロモーション等にかかる費用、および、弊社データベースに基づく当該作品の収益予測の両方の側面から検討し投資家の皆様のリスクを最小化し、リターンを最大化するよう、ファンド総額を決定させて頂いております。
申し込み金額がファンド総額を超えた場合はどうするのですか? 上記の方針に沿って決定しているファンド総額を超える募集は、 投資家の皆様のリスクを大きくする可能性があるため、基本的にはご契約が成立している方を優先し、募集総額がファンド総額に達した時点で、受付を締め切らせて頂いております。
収益還元の方法は? ファンド対象期間中のCD売上により、その収益が出資金額に応じて分配されます。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合は、変更後の税率により計算を行います。
中途解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません(ただしクーリング・オフ期間を除きます)。
元本は保証されていますか? 当社の音楽ファンドは元本を保証するものではありません。ファンド対象CDの売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? ミュージックセキュリティーズの音楽ファンドでは、匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
音楽ファンドの対象となるCDタイトルは1つですか? ファンドによって異なります。1アーティストを対象としたもの、複数アーティストを対象としたもの、 シングルCDのみを対象としたもの、シングル+アルバムを対象としたものなどがございます。
ファンドご購入の流れについて 本ページの申込方法ボタンよりご確認頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • MONOLOGUE

Ray Yamada

卓越した歌唱力と表現力を持ち、独自の美を追求するシンガーソングライターのRay Yamada。冗談を交えたりと終始明るく気さくにインタビューに応じてくれた彼女の新作「MONOLOGUE」に収録された5曲は、すべて失恋がテーマ。アルバムへの意気込みと共に投資家へのメッセージを伺いました。

本ファンド対象事業の魅力


最新アルバムは様々な失恋のドラマを描いた作品。自身の経験も正直に盛り込んだ渾身の1作だ。

歌姫の実体験も豊富に盛り込んだオール失恋曲のアルバムが完成

--どうして、失恋をテーマにしたアルバムにしようと思ったのでしょうか?

失恋を経験せずに大人になった人はいない。すべての人が共感できる題材ってそうそうないので、ずっと失恋をテーマにしたものを作りたいと考えていたんです。

--それぞれの曲にはご自身の体験も表現されている?

はい、実は結構リアルに反映されています。たとえば「どうして」という曲は、パートナーの愛に “胡座をかいて”、自分の思いを伝えないままフラれた女性の気持ちを書いたもの。「どこかに傲りがあってフラれてしまった」という自分の経験をもとにしました。他にもいろいろあるのですが、詳細は控えさせてください(笑)。

もちろん経験ではなく想像上のものもあり、「ヒロインは18歳の女の子で、アルバイトはこれで、彼にこんな言葉を言われて失恋した…」とかなりキャラクターを作りこみました。その結果、今回のアルバムのために新たに作った2曲と、過去の歌詞を見直して生まれた3曲の計5曲を収録することになりました。まずはぜひ聴いていただきたい。そして、これはRay Yamadaの実体験なのかそれともフィクションなのか、想像を膨らませていただければ(笑)。


--特に今回は女性の心に刺さり共感を得る歌詞が多いように思えます。どんなときに詞を思いつくのですか?

今回に限らず、映画とかアートとか音楽以外のものに触れると詞が生まれることが多いです。学生の頃には授業中にもよく思いつき、国語のノートにばっとメモすることもありました。初めてラブソングを作ったのは中学2年生のとき。片思いをする女性を表現したもので、当時の自分そのもの。日記を見られるようなものなので、発表するのは恥ずかしいです(笑)。


歌唱力の高さに定評のあるRay Yamada。クラシック歌手の母のもとに育ち、物心ついた頃から母が発声練習をするのを見て育ったという。

投資家の方とざっくばらんに交流し新たなRay Yamadaを見せていきたい

--音楽を通して、ファンに何を伝えたいと考えていますか?

どこかにアイロニーを感じさせるというか、秘めたメッセージを発するようにしたいと思っています。たとえば、デビューアルバムの「COSMOPOLITAN」では自然の美しさだけでなく、環境破壊がこんなに進んでいるという問題提起もしたいと思いました。「地球温暖化ストップ!」とストレートに主張するのではなく、思っていることを自分なりの表現に変えて伝える姿勢を大切にしたいです。

--では、最新アルバム「MONOLOGUE」で伝えたいこととは?

MONOLOGUEの中には5つの違ったドラマが詰まっています。「どうして自分の想いを伝えなかったの?」という後悔を歌っていたり、「恋せよ乙女!」とエールを贈る曲もあれば、「聞いてよあたしの叫び!」と憤る女性を描いていたり。この曲のこのフレーズが、あのときに失恋したときの気持ちとドンピシャ!という風にファンの方の心に刺さって、励ましになったらものすごくうれしいです。

--実は恋多き女、だとか。自身が失恋したときはどうするのですか?

まずは3日3晩、暗い部屋で泣きじゃくります。そしてその間、ひたすらメモを取ってカウントするんです。「この1失恋で、何曲できるかな?」って(笑)。それは冗談として、落ち込むときはとことん落ち込んでその時の感情と向き合っているうちに、時間が経てば自然と元気になっていきますね。
ハッピーなときの感情よりも失恋とか悲しい気持ちの時の方が、自分の感情と向き合う時間が大きくなるので、実は私が描くラブソングも自然と失恋が多かったんだ、ということに今回あらためて気づきました(笑)。

--今回ファンドを募集することで、シンガーとしての活動に何か変化は?

投資家の方と、新たな形で交流できるのが楽しみです。特に投資家限定のトークライブでは、普段のライブではなかなかできない話もざっくばらんにして、今までとは違うRay Yamadaも見せて交流を深めたいですね。質問も受け付けたいし、こんな思いを聞いてほしいなども自由にコメントしていただきたい。また、出張ライブの特典もあるので、そこで投資家の方に直接歌を聴いていただけるのもうれしいです。

投資家限定のFacebookのコミュニティでは、ファンの方と私に加えて、ファンの方同士のつながりができるのが面白いと思っています。恋愛・失恋ネタもぜひ投稿してほしいですね!


--シンガーとしてこれからの目標は?

ライブにもっと力を入れて、日本武道館に何度も立てるシンガーソングライターになりたいです。日本武道館を見るたびに、何年後にここに立てるんだろうと想像を膨らませています。この夢をかなえるためにも、投資家の皆様に応援いただけたらうれしいです!


取材が行われたRay Yamadaのスタジオは、彼女にとって小さいころから馴染みのある場所。
10歳のころに歌手になりたいという夢を持ったそう。



<取材を終えて>
歌を通して多くの人にエールを送りたいという熱い気持ちが、彼女の透明な歌声を作り出しているのだと実感。武道館に立つという夢をかなえてほしい、応援したいシンガーのひとりです。
そして、投資家の方とオープンに交流してみたいという姿勢が強く伝わってきました。ぜひ投資家となって失恋談義も楽しんでみてください!恋愛相談も大歓迎だそうです。

失恋をしてまずは落ちるところまで落ちたい。痛む心をもっと痛めつけたい。新作はそんなときのよい友となる一枚なので、ぜひ恋に悩んだときは聞いてみてほしいです。鋭い歌詞がヒリヒリとした心に塩を塗り、神々しいような歌声が感情をドラマティックに高めます。


MONOLOGUE 2月17日リリース 2,000円(税込)
失恋をテーマにした5曲を収録した、Ray Yamadaのサードアルバム。自身の体験も交えたさまざまな失恋を表現し、哀しみから憤りまでを歌いあげる。

【参考ウェブサイト】
会社ウェブサイト

アーティストプロフィール

Ray Yamada
東京生まれのシンガーソングライター。2013年、アルバム「COSMOPOLITAN」でデビュー。デビュー作にしてJ-WAVE番組エンディングやテレビ朝日系列「世界の車窓から」をはじめ、 全国ラジオ・テレビ番組に多数起用されるなど、多方面で注目を集める。デビュー後は日本全国をまわるライブツアーを継続し、2015年1月にはツアーで回ったそれぞれの土地で生まれた楽曲を1枚に収録したセカンドアルバム「JAPONISM」をリリース。さらに活動領域は日本にとどまらず、2015年12月には自身初となる海外公演(台湾ツアー)を敢行。チケットSOLD OUTで台湾リスナーの期待にも大いに応える結果となった。ツアーで回る機会の多かった九州は福岡県にて、現在FM福岡でのレギュラー番組「Ray YamadaのSinger Song Traveler」のパーソナリティーもスタート。
ジャンル、時空を超えて様々な世界へと誘ってくれる曲の世界観とそれを表現するライブパフォーマンス、さらにそれを裏切るかのような面白いライブMCも魅力のアーティスト。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

投資家特典

1口以上の方
・直筆・サイン入りのお手紙
・Facebookの投資家限定コミュニティご招待
・アーティストウェブサイトにお名前掲載

10口以上の方
・投資家限定トークライブへのご参加(会費制、トークのみ、2016年4-6月頃開催予定)

20口以上の方
・ご指定の場所での出張ライブ(ファンド期間中有効、ライブ実施に必要な渡航費・機材等は別途投資家が負担)

(注1) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注2) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス