三陸オーシャンほやファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2013年3月18日 16:15

出資者がお伝えします。三陸オーシャンの魅力と思い

先日幕張メッセで開催されたFOODEX JAPAN 2013で、
一日ボランティア社員として三陸オーシャンのブースを
お手伝いしてくださった出資者の方が、レポートを書いてくださりました。
下記にご紹介いたします。
三陸オーシャンの魅力を大変分かりやすく書いてくださっていますので、
ぜひご覧ください。

------------------------------------------------------


幕張メッセで開催された、「FOODEX JAPAN 2013」(アジア最大級の食品・飲料専門展示会)。
宮城県仙台市・三陸オーシャンさんのボランティア一日社員になって行って来ました。

三陸オーシャンさんは、「三陸のほや」にこだわりを持って商品開発を行い、
世界的にも珍しい「ほや食文化」を守り伝える会社です。
 
ところが東日本大震災で、三陸のほや養殖は壊滅的な打撃を受けました。
三陸オーシャンさんも提携工場が被災し、原料や機器が流され、会社の存続も危ぶまれました。 




しかし、ほやに生涯を捧げる“ほやおやじ”木村達男社長は、あきらめない!
三陸にほやが再び成長するまでは北海道産の赤ほや原料を使用し、製品化。
「ほや食文化」を途絶えさせないよう、奮闘の日々。

一番の問題はやはり資金ぐりです。
今回は、新しい販路を求めての出展です。
そのお手伝いに、上記ファンドの出資者がボランティア一日社員となった、という次第。
 
 


主なお仕事は、試食の準備と接客です。
これは!という反応のお客さんがいたら、すかさず木村社長にバトンタッチ。
楽しかったですよ。
 
タイ料理のオーナーシェフが新しい食材を探していて、ほやに興味津々示さはったり。。
生まれて初めてほやを食べた人が「ほやって美味しいんだ!」と驚かれたり。
私もいろんな意味で、とっても勉強になりました。
木村社長の報告はこちら
 
 


そしてお土産にいただいたのがこちら、三陸オーシャンさんの新製品。
「ねばとろ三昧」です。
ほや製品だけではなかなか売上げが大きく上がらないとのことで、
誰にでも食べやすい三陸の海の幸を組み合わせました。 




「ぎばさ(アカモク)」という、非常に粘りの強い海藻があります。
秋田名物として知られていますが、三陸でも良質のものが採れ、
盛んに食べられてきました。

 


その「ぎばさ」に、芽かぶ、そしてわかめの茎をミックスしたのが「ねばとろ三昧」。
その名の通り、ねばとろマニア(いるよね?)にはたまらんです。 




お出汁とおしょゆう(醤油)でうす味が付いてますから、そのまま食べられます。

 

もちろん、パッケージの写真のように、
まぐろ・いくら・おくら等のトッピングもおすすめ。
ねばとろマニア(絶対、いるよね?)の方ななら、
山芋とろろや納豆も大いに有りでしょう。 

 

今回はシンプルにってことで、すり胡麻さんにお出ましいただきました。
海藻と胡麻って、合うんですよ。
ほら、わかめスープには必ず胡麻が浮いてますでしょ?
あれはちょっぴりやけど、思い切ってたっぷり入れたら、
断然お互いが引き立て合います。 

 


このままお酒のアテに、熱々ご飯にかけたり、お蕎麦やおうどんにも。
三陸の海が育んだ天然自然の健康食品「ねばとろ三昧」、
見かけられましたらぜひともご贔屓に。
 
そして、今、三陸の海で「ほやの赤ちゃん」が順調に育ちつつあります。
来年の春には、震災後初の収穫が実現する見込みだと。
三陸ほやの復活に、期待がかかります。

そのためにも、三陸オーシャンの応援をどうぞ宜しくお願いいたします。
------------------------------------------------------
出資者の方のブログより
 
 

 
===================================================
三陸オーシャンを応援する
「三陸オーシャンほやファンド」(1口1万500円)の詳細・お申込みはこちら:
 
震災から2年。現在の課題と求められるもの「三陸オーシャンの場合」:
https://www.securite.jp/news/oen?a=1585