三陸オーシャンほやファンド ファンドニュース 2013年07月

被災地からのレポート2013年7月29日 15:25

首都圏での“ホヤ食文化”の広報活動報告

7月20日(土)品川駅近くの東京海洋大学さんの会場にて、
“嫌われがちな食材“ホヤ”の加工製品の開発“
というテーマで講演を行いましたのでご報告します。

こちらは公益社団法人日本技術士会の活動グループである
食品技術士センターさんの定例講演会の中で1時間半の
お時間を頂いたもの。

約40名の参加者全員が食品産業の技術者・研究者の方ですので
発表の冒頭は若干緊張しましたが、一時間たっぷりの講演の中で
宮城県以外の方にはなじみの薄い“ホヤ”の魅力と
伊達家の正月料理にも出てくる“ホヤ食文化”、
そして加工食品の開発秘話などを熱く語らせて頂きました。

生のままで食されることがほとんどの“ホヤ”ですが、
それでは広がりがありません。
多くの方がホヤのファンになってくれるような
三陸オーシャン独自の新しい加工食品の
開発を目指しておりまして、質疑応答では沢山の
専門的なアドバイスを頂くことが出来ました。
 
参加者の半数以上の方がホヤを食べたことがあるか、あるいは
知っているということで、さすが食品の専門家ですね。
ホヤ認知度、関心度が高く、嬉しくなりました。
これまでの都内の展示会などでの営業活動がここにきまして
具体的に進展いたしました。お陰様で赤ほやの塩辛が、
7月下旬からは首都圏の生協さんの共同購入で取り扱って
頂くことになりました!
 
どんな反響があるか今から楽しみです。




======================================
【セキュリテ被災地応援ファンド】
セキュリテ被災地応援ファンドは、現在も5社が募集中です。
 
応援ファンド

この記事だけを表示

被災地からのレポート2013年7月18日 12:07

7月20日(土)都内にて、嫌われがちな食材“ホヤ”講演

三陸オーシャンの木村でございます。

首都圏の方にはあまりなじみのない“ホヤ”を
なんとか広めたいと思いまして宣伝活動を続けていましたら、
都内で講演を行う機会を得ましたのでお知らせします。

公益社団法人日本技術士会の活動グループであります
“食品技術士センター”の定例講演会にて、以下の要領で発表させていただきます。

===============
7月20日(土)14:00-17:00 食品技術士センター講演会

会場: 東京海洋大学・楽水会館(JR品川駅 港南口、徒歩10分)

講演(1)「こんにゃくとコンニャクマンナン」

滝口強会員(滝口技術士事務所)

講演(2)「嫌われがちな食材“ホヤ”の加工製品の開発」
木村達男((株)三陸オーシャン社長)。

講演(2)要旨:
三陸のホヤは宮城県が8割の生産量を誇り、
宮城の名産にもなっているが、その独特の味は「クサヤかホヤか」と
いわれるほど嫌われる食材でもある。
脱サラ後、そのホヤの魅力に取り付かれ、
6年で50種類以上の商品を開発した。
なんとか販路も出来つつあった矢先の2011年3月11日の
東日本大震災―養殖のホヤは壊滅的な打撃を受け、
その復活には3年の歳月がかかる。 
 
本講演では、ホヤの不思議な魅力やこれからのことをお話しし、
特に新商品の開発について皆さんからアドバイス(技術面)を頂ければ幸いです。
申込方法など詳細は、
日本技術士会の行事案内
→上記サイトの7月20日(土)の欄をご参照下さい。
 
本講演は食品産業に関心のある方ならば会員外でも
参加可能ですので上記サイトの“会員外申込先”に
ご連絡を頂ければと思います。

その際に、“セキュリテ被災地応援ファンドの三陸オーシャンのブログで見た”
と付け加えるとベターです。

会場の関係で申込を早めに締め切る場合がありますので
ご容赦下さいとのことでした。
 

-------------------------------------------------------------------------------
【セキュリテ被災地応援ファンド】
セキュリテ被災地応援ファンドは、現在も6社が募集中です。
 
応援ファンド
 

この記事だけを表示