三陸オーシャンほやファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年8月17日 17:36

ふるさと 牡鹿半島・大谷川浜に行ってきました。

お盆に入り、兄夫婦のいる仮設住宅・母親の入所施設がある牡鹿半島に行ってきました。

下の写真は、震災直後に実家である石巻市大谷川浜(牡鹿半島)を撮影したものですが、

右側の湾になっているところが実家のある場所でした。

堤防の前は広い砂浜が広がり、夏には海水浴で賑わっていましたが、地盤沈下と地殻変動で

すっかり海の中です。

 

被災直後の大谷川浜

 

次の写真は、兄の新築現場から見た大谷川の風景です。

戸数25戸 85人が暮らしていた集落は何も残っていません。

土が見える個所は津波の跡です。

集団移転の話もあるのですが  「1人でも早くもどって来てほしい」 との気持ちから、

新築の決意をしたそうです。

74歳の兄夫婦に拍手を送りたいと思います。

 

大谷川 24年8月

 

 

----------------------------------

「三陸オーシャンほやファンド」の詳細・お申込みはこちら:

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=297