さんいちファーム野菜ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2011年12月28日 10:00

【さんいちファーム】 平山さんインタビュー

ミュージックセキュリティーズの神谷です。


さんいちファームの平山さんから寄せられたメッセージを紹介いたします。


- 震災前の事業内容と震災後の暮らしについて教えていただけますか。


私は兼業農家をしていましたが、もうじき定年退職を迎えますので、今後は農業に本腰を入れようと思っていました。自宅にハウスを建てようと見積もりを取った矢先、震災に会いました。しばらくは避難所で暮らし、現在は40数世帯、119名が共に暮らす仮設住宅にいます。

 


[インタビューに応じていただいた平山さん]

 

[平山さんの壊れたご自宅]


- 今回、水耕栽培に挑戦してみようと思ったきっかけを教えていただけますか。


兼業の傍ら農業を行っていた身としては、12月を過ぎると収穫がなく、生協に卸すものがなくなるということは厳しいと感じていました。


そこで、通年栽培可能である水耕栽培の話を聞き、「やりたい」と思いました。宮城、仙台の皆さんはまだまだ何か新しいことを始めることがおっかなびっくりです。でも、成功したという話を聞けば必ず皆ついてきます。私たちは皆さんの先駆者となり、この仙台、名取に力をつけたいのです。

 


[平山さんの住む仮設住宅]

さんいちファーム野菜ファンドの詳細およびお申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/214

 

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.