アンカーコーヒーファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2011年12月29日 12:37

【アンカーコーヒー】年末のご挨拶と近況のご報告

アンカーコーヒーファンドに出資いただいた皆様へ

 

激動の2011年も残りわずかとなりました。
セキュリテ被災地応援ファンド「アンカーコーヒーファンド」に
ご出資いただき、本当に心から感謝いたします。
ありがとうございます。
お陰でなんとか年を越せそうです。

 

3月11日からの日々も、今思い起こすと自分の足元と
その少し前を向いたまま必死で足を動かし続けた日々でした。
地域をどうにかしなければ、会社の乗組員(社員)を
どうにかしなければ、家族をどうにかしなければと
走り続けてきましたが、年末の今振り返れば出資者の皆様も含め、
ご縁に恵まれ、人に助けられ触発された一年間でした。

 

年の瀬がせまった12月22日に仙台市に
「フルセイルコーヒー 一番町店」が開店し、
12月23日には気仙沼市内に「アンカーコーヒー&バル田中前店」も
開店し、お客様のお陰で2011年内に津波で失った2店舗に変わる
新しい2店舗を誕生させることができました。

 

しかし、残念ながら、セキュリテで出資を募り
我々がもっとも必要としている焙煎工房を併設した
本店機能を持つ店舗の開店までは辿り着けませんでした。
被災後も継続的に土地を探し、実際に交渉をした土地も
数箇所ありましたが、結局は購入にいたりませんでした。
被災後の気仙沼はわずかに残った土地や店舗をめぐり
争奪戦のような状況にあります。
もともと営業していて被災した店舗以外にも、
新規で参入してきた店舗もあり、被災した我々も
店舗出店をするのに非常に厳しい状況になってきています。
しかし、23日の開店以来、多くの地元や市外のお客様に
ご来店いただき、「またアンカーつくってくれてありがとう」
という声を多数いただき、うちの乗組員達の
ホントに嬉しそうに笑顔と元気で生き生きと接客している
姿を見ると、来年の早い時期には「フラッグシップ店」(母艦店)を
出店したいと強く思います。
気仙沼の若人達が自信と覚悟をもって前向きに働く場所を、
一日も早くみなさまにお見せしたいです。

 

現実として、気仙沼はまだまだ被災中です。
時間だけが過ぎ行き、何かが進んでいるかのような
錯覚があるかもしれませんが、実際のところは怪我人に
痛み止めを打って痛みを感じにくくしているような状態で
「治療」にあたる「復旧」ですらままならない状態です。
一日でも早く、診断し、治療をし、手術をし、リハビリをし、
以前よりも強い気仙沼を手に入れたいと思っています。
しかし、気仙沼市の大半は、9ヶ月が経ってもまだまだ診断中です。

 

来年こそは、一日も早く「フラッグシップ店」を開店し、
焙煎をはじめ、みなさまにおいしいコーヒーを
お届けしたいと思います。
是非、既存の5店舗にもお越しください。
乗組員全員で笑顔と元気でお待ちしています。

 

最後に、私達の前向きのバックボーンである
「ファンド」と「絆」をありがとうございます。

 


株式会社オノデラコーポレーション
専務取締役 小野寺靖忠

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.