アンカーコーヒーファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2011年9月13日 18:15

【アンカーコーヒー】ご参加頂いた皆様への御礼(専務取締役より)

被災地応援ファンド セキュリテ
~御礼~

 

はじめて具体的に「応援ファンド」の素案を聞いたのは、
あれはまだ子供達と身を寄せ合って寝ていた頃。

 

救援物資に身を包み、電気もなく、水もタンクを持って給水車に並び、
携帯の電源は救援物資でいただいたソーラー式の充電器を使っていた時期でした。

 

そして、私の36度目の誕生日でもある2011年4月24日に
満開の桜の下での記者会見があり、ひどく暑く腐敗した臭いと
大きな蝿に辟易した夏が過ぎ、朝晩に時折秋の
気配が感じられ始めた8月31日に、皆様のお陰でファンド全額達成いたしました。

 

心温かい出資者のみなさま、ミュージックセキュリティーズの
優秀な社長と社員のみなさま、うちのコーヒーショップを
愛してくれている宮城県庁の山田さん、一緒にファンドを
立ち上げた各社のみなさま、千年に一度の大災害でも心折らずに
前向きに生きる道を探している被災地のみなさまとうちの家族、
そして、何よりもこの間もずっとお客様への笑顔と元気を絶やさず
ポジティブに働いているうちのキャプテンとクルーに心から感謝いたします。

 

みなさまの存在が、私が生きる理由であり、明日の活力です。
ポジティブなパワーと追い風を心からありがとうございます。

 

まさか、私の愛する気仙沼港が津波によって壊滅し、
2歳の頃からずっと「我が家」であった34年暮らした「我が家」が
何もかも破壊され流され、苦労して開店し、みんな笑顔で
必死に営業していた店舗も2店舗とも亡くし、親族の厚意に甘える形で
雨露をふせぎ生きる事になるとは思ってもみませんでした。

 

しかし、この経験も全ては未来への糧となることでしょう。
いや、そうしていかなくてはなりません。

 

なによりも未来へつづくこの道を「885名」の出資者のみなさまに
照らしていただき歩めることになった事実。
これが私達にとってかけがえのない財産であり、
この新しくポジティブなつながりが私にパワーを与えてくれます。

 

本当にみなさま、心から感謝いたします。

 

この喜びと責任をこの体で受け止め、家の復興、会社の復興、
地元の復興、人の復興の礎となっていくつもりです。

 

近い将来、被災地において継続的に、より良いライフスタイルの提供を
多くのお客様とクルーとともに実践してまいります。
みなさまからの心地よい追い風を私達の周りにも吹かせます。

 

心より、本当にありがとうございます!何度言っても言い足りない!
ありがとう!感謝

 

 

(株)オノデラコーポレーション
専務取締役 小野寺 靖忠

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.