お知らせ 働く女性のための健康推進応援ファンド

2022年1月11日 20:41

クラブが成長するプロセスも共有していきたい。

いよいよ、勝負の2022年が始まりました。
トップチームは今週末の15日に始動します。


/data/blog/archive/original/53237.JPG

なでしこリーグ2部降格となった苦しい2021シーズン。
その日々の中で積み上げてきたもの、チャレンジしてきたものを、
ゴール、勝利、優勝という形で花開かせるべく、
クラブ一丸となって闘って行きます。

また上記のような苦しいシーズンであったことから、昨年はどうしてもサッカー中心のコミュニケーションが多くなっていたことに、改めて反省をしました。
サッカーの結果はもちろん大切ですが、
掲げるビジョンはどこまで実現してきているのか。クラブは大きな成長の中の今どこまできているのか。そうしたことをもっとアウトプットし、表現し、皆様と共有することを、
今年はさらに増やしていく所存です。
その一環として、ごくごくインナー向けのツールとして、
noteによる発信も開始しました。
https://note.com/ryosukeotawa/n/n55bdd2a60922

良いことばかりではありませんが、
壁を超えていくそのプロセスも含めて、応援してくれる人、支えてくれる人、
そして仲間を増やしていけるように、継続して取り組んで行きます。

セキュリテを通じたご支援も、その金額を見るたびに感謝の気持ちばかりです。
女子サッカーやスポーツの事業を通じて、
経済的リターンと社会的リターンを両立してお返ししていくという挑戦を、
ぜひ引き続き、よろしくお願いいたします。

大和シルフィード
大多和







 

この記事だけを表示

2021年12月22日 16:44

2021シーズン終了

先日の19日に開催された「2021シーズンファン感謝祭」を持って、
今シーズンのトップチーム全活動が終了しました。

今年は、2部降格、皇后杯1回戦敗退と、
サッカーの結果は極めて厳しいものでした。
ただ、中長期的な成長の過程において、必ず通らなければならない道だと捉え、
ここで苦しみながら積み重ねたものを、
来季は2部優勝という形で昇華させたいと思っています。

またコロナ禍でビジネス面でも足踏みが続いてきましたが、
10代の女の子たちのスポーツ実施率向上に向けた「プレーアカデミーWITH大坂なおみ」のプロジェクト、
そして企業の健康経営や女性活躍を推進サポートするプロジェクトが、
いよいよ年明けから本格化していきます。

女子サッカーを起点に、経済的リターンと社会的リターンの両立を目指し、
そしてスポーツビジネスの新しいモデルを構築しながら、
WEリーグ参入を引き続き目指していきます。

来シーズンの大和シルフィードに、ぜひご期待ください!



/data/blog/archive/original/53130.jpg

 

この記事だけを表示

お知らせ2021年12月13日 16:23

匿名組合契約書・説明書等及び「事業紹介」の変更のお知らせ

平素は本ファンドを応援いただき誠にありがとうございます。

この度、ファンド名を変更し、合わせてファンド詳細ページ内「事業紹介」に一部追記致しましたのでお知らせいたします。

変更の意図は、女性の社会参画という課題の解決を目指している大和シルフィードの取り組みをより分かりやすく詳細にお伝えするためでございます。
そのため、ファンド名を更し、募集ページ内の「事業紹介」については大多和代表のインタビューを追加する等、「事業紹介」の追記・修正を行いました。何卒ご確認頂けますと幸いです。

すでにご出資頂いたみなさまの契約内容等に変更はございません。

何卒今後とも、よろしくお願いいたします。

ミュージックセキュリティーズ株式会社

この記事だけを表示

2021年11月26日 14:31

【メディア情報】BSテレ東「マネーのまなび」

昨日、BSテレ東「マネーのまなび」という番組の中で、 大和シルフィードが進めているかながわSDGsアクションファンドを取り上げて頂きました。


/data/blog/archive/original/52996.jpg
画像は、インタビューに答える濱本まりん選手。
大和シルフィードでは、引き続き女性アスリートのヘルスケアサポート、
そしてそこで生まれた事例や課題を元にした、
企業の健康経営の加速や、女性活躍の推進などを進めていきます。

この記事だけを表示

お知らせ2021年11月25日 19:09

本日22時よりBSテレ東「マネーのまなび」で本ファンドの取り組みが紹介されます。

平素よりお世話になっております。

本日はメディア放映の告知でございます。
この後22時より、BSテレ東系列の「マネーのまなび」にて、大和シルフィードが進めている本ファンドを
「かながわSDGsアクションファンド」を取り上げて頂く予定です。(急遽変更になる可能性があります。)

是非ご覧頂けますと幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

この記事だけを表示

2021年11月16日 11:40

女子サッカーが健康経営をサポート

先日、来シーズンから新たなパートナーとなっていただける企業様と一緒に、
従業員の方向けの健康経営サポートを行いました。

/data/blog/archive/original/52905.jpg
今回は初回ということもあり、クラブに所属するインストラクターが講師となり、
・ストレスコントロールに効く呼吸法
・集中力を高めるための呼吸法
・背中、首まわりのほぐし方
・腰回りのストレッチ
など、デスクで座りながらでもできるようなメニューが中心でした。

今後も、例えば選手たちが参加して、試合前の集中力の高めかたや日々のコンディショニング、
スポーツファーマシストによる月経管理、
フィジカルトレーナーによる筋力アップなど、
女子サッカークラブの持つあらゆるアセットを使って、
企業の健康経営を加速し、SDGsを具現化していくために、
お役立ちできればと考えています。


 

この記事だけを表示

2021年11月5日 14:14

1部残留に向けて

大和シルフィードは、残念ながら2021プレナスなでしこリーグ1部で最下位となりましたが、運よく2部との入替戦に回れることになりました。

/data/blog/archive/original/52831.jpg
大和シルフィードのアウェイとなった第1戦目は、
ディフェンスラインから丁寧に攻撃を組み立て続けたシルフィードと、
統率のとれた堅い守備から一気のカウンターアタックを狙うバニーズの戦い方が
明確に分かれました。
結果として、ペナルティエリア内までうまく崩し切った後での、
小針舞夏選手のループシュートが決まり、シルフィードが1-0で逃げ切りました。


/data/blog/archive/original/52833.jpg
この入替戦のレギュレーション上、勝敗数や得失点差が並んだ場合、
「アウェイゴール」数の多い方が勝利となります。
その点、シルフィードが第1戦で得点をあげたことは有利に働きますが、
しかし仮にこの第2戦でバニーズが先制すると、その瞬間にイーブンな状況に。
時間帯や得点差によって、目まぐるしく両チームの戦術が変わることも予想されるため、
2戦目も90分を通して目が離せません。
シルフィードは、リーグ最終節から出番を掴んだGK#1水口選手、
そして誰よりも大きな声と身体をはったプレーでチームを牽引してきたDF#3西山選手を中心として、どこまで粘り強い守備を徹底できるかがカギ。

そして何より、今シーズンを通じてチームが取り組んできた攻撃面では、
その成果を爆発させるような得点を期待したいです。
特に、第1戦でも熱いプレーを披露していたキャプテンFW#18濱本選手は、
「必ず残留を果たしたい、そしてプレーで観ている人を感動させたい」とも。
7月以来の有観客でのホーム試合開催。
多くのお客様と共に、クラブ一丸となって、
なでしこリーグ1部残留を掴み取りたいと思います。


/data/blog/archive/original/52832.jpg


/data/blog/archive/original/52834.jpg

この記事だけを表示

2021年10月22日 13:47

【記事掲載】Sports for Social

先日、Sports for Socialというスポーツを通じた社会貢献にフォーカスしたWEBメディアに、
大和シルフィードの活動を取り上げて頂きました。

https://sports-for-social.com/sports/sylphid-202110/

クラブの歴史、そして女子サッカーを通じて実現していきたい、
女性活躍推進や、SDGsに関して、まとめて頂いています。

ぜひご覧ください!

/data/blog/archive/original/52716.png

この記事だけを表示

2021年10月15日 12:31

「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」

大和シルフィードでは、2022シーズンに実施予定の「Girls Empowerment Project」について、
ナイキ、ローレウス・スポーツ・フォーグッド財団(以下、ローレウス財団)と大坂なおみ選手が取り組むプログラム
「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」からの助成が決定しましたのでお知らせいたします。
 

/data/blog/archive/original/52666.jpg

「プレー・アカデミー with大坂なおみ」 詳細は以下からご覧ください。
• プレー・アカデミー公式ウェブサイト:https://www.laureus.com/play-academy-with-naomi
• 2021年10月11日付Nikeリリース: https://nike.jp/nikebiz/news/2021/10/11/4900/



■「Girls Empowerment Project」
これまでスポーツに親しむ機会の少なかった、またはスポーツから離れてしまった7歳から14歳の女の子たちを主な対象として、サッカーの経験を通じて身体を動かす楽しさを伝えると共に、大和シルフィードの選手スタッフがファシリテーターとなり、女性のリーダーシップやキャリア、ヘルスケアなどについて対話を重ね、彼女たちの将来的なアクションをエンパワーメントしていくプロジェクトです。
参加要項や募集詳細については、1月中旬以降、公式サイトでお知らせする予定です。

 

■「プレー・アカデミーwith大坂なおみ」
ナイキ、ローレウス財団、大坂なおみ選手が協力し、遊びとスポーツへの女子の参加を促進することを目的としたプログラム「プレー・アカデミーwith 大坂なおみ」を2020年8月に開始しました。女の子が刺激を受け勇気を持ちながら、自由で主体的にスポーツに参加できれば、人生においても自ら挑戦し続けることができるようになります。プレー・アカデミーでは、パートナー団体へ助成金を提供することにより、日本の女の子のスポーツ参加を促進する支援を行います。プレー・アカデミーのパートナー団体は、女の子の人生に変革をもたらすため、スポーツを皮切りに女の子たちにマルチスポーツに留まらず、女子サッカーやラグビーといった機会の提供を行います。女の子たちの将来の成長に向けて、学業や後々の職業での成功を目的とし、リーダーシップスキルやライフスキルの養成を研修やワークショプにて行います。プレー・アカデミーを通じてパートナー団体は、女の子たちが平等にスポーツに参加できるよう、女の子が直面する課題を解決し、障壁を打ち破る活動を続けます。

この記事だけを表示

2021年10月1日 09:41

足もとから取り組むSDGs

今シーズンから、新たな「SDGsパートナー」に加わって頂いた、
株式会社放電精密加工研究所様が、
プラスチックと木材を混合した「バイオマスプラスチック」製のマーカーコーンを試作し、
クラブに寄贈してくれました。

/data/blog/archive/original/52527.jpg

大和シルフィードでは、SDGsの主に5番「ジェンダー平等」や4番「質の高い教育」を中心に、
社会的インパクトの創出に取り組んでいますが、
かといって、他の項目は何もしなくても良いというわけにはいきません。

特に環境に関しては、例えばスタジアムのゴミ問題や、
人工芝グラウンドのゴムチップなど、
サッカーに関わる以上、避けては通れない多くの問題が山積しています。

今回は、まずは足もとのトレーニング用具からということで、
放電精密加工研究所様の素晴らしい技術のテストを兼ねて、
マーカーコーンを試作して頂きました。

サッカークラブとパートナーとの関係性は、
「ユニフォームのどこにロゴを出すか」ということに限ることなく、
互いの強みや技術を組み合わせながら、
社会的課題と向き合っていくことまで拡がっています。

/data/blog/archive/original/52526.jpg
 

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2022 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.