お知らせ ミャンマー農村ラストマイル配達ファンド2020年09月

2020年9月29日 18:10

スタッフ紹介/トゥトゥ26歳(倉庫マネージャー)

こんにちは、リンクルージョン黒柳です。
今回は、当社スタッフの就職ストーリーをご紹介します。

農村の実家で仕立ての仕事をしていた25歳の女性が、今は数十人のスタッフを束ねるマネージャーとして活躍しています。

▼ぜひお読みください!▼
掴んだ就業機会、仕事通じ変わる私「毎日が充実」
~企業で働く地方女性トゥトゥさんの話~



▲倉庫マネジャーとして働くトゥトゥ・ヌエさん


▲マネージャーとして同年代のスタッフ数十人を束ねる

この記事だけを表示

2020年9月25日 18:10

メディア掲載:共同通信グループNNA / 新興企業がコロナ下で前進 IT浸透追い風、資金調達つなぐ

こんにちは、リンクルージョン黒柳です。

共同通信ヤンゴン支局の現地取材を受け、本日記事が掲載されました。
https://www.nna.jp/news/show/2097101
ぜひお読みください。

以下、掲載写真を転載させて頂きます。

この記事だけを表示

2020年9月19日 10:20

メッセージ紹介/ 山中礼二さん (グロービス経営大学院、KIBOWファンド)

こんにちは、リンクルージョン黒柳です。
いつも暖かな眼差して応援して下さっている山中さんより、下記のメッセージを頂きました。

- - - - - -

黒柳さんは、学生時代にバックパッカーとして世界を回り、これほどまでに地域によって格差があるのかと驚き、国際開発の道に入りました。

そしてミャンマーで起業。
最初のビジネスは、マイクロファイナンスの金融機関向けの簡易なCRMのシステム提供で、同国内のデファクトを獲りました。

そして次にチャレンジしているのが、零細小規模店舗向けの卸売事業です。
ミャンマーの多くの零細事業者は、悪路・長距離をバイクなどで移動し、商品を仕入れています。
リンクルージョン社のソリューションは、オンラインで注文を受け、車で小規模事業者向けに配達をするというモデルで、加入店舗が急激に増えています。

ミャンマーは、発展すると思います。そのうち大規模な小売店舗が席巻するようになるでしょう。
でも黒柳さんのビジョンは、単なる経済発展ではなく、「インクルーシブな経済」です。
パパママショップで一生懸命商売をしている人たちを排除せず、そのような人たちが成長できるようなやり方で、流通を創ろうとしています。

とても尊敬する起業家のチャレンジです。皆さんに応援していただけると、嬉しいです。


- - - - - -

山中 礼二さん
グロービス経営大学院教員、一般財団法人KIBOWインパクト・インベストメント・チーム ディレクター

キヤノン株式会社で新規事業の企画・戦略的提携に携わった後、2000年にグロービスに参加。グロービス・キャピタル・パートナーズでヘルスケア等の分野の投資と経営支援を担当。その後、医療ベンチャーのヘルス・ソリューション(専務取締役COO)、エス・エム・エス(事業開発)を経て、グロービス経営大学院の専任教員。15年から、KIBOW社会投資から社会的インパクト投資を行っている。愛さんさん宅食株式会社(取締役)、特定非営利活動法人STORIA(理事)。一橋大学経済学部卒、ハーバード大学経営学修士(MBA)。

- - - - - -

最後までお読み頂きありがとうございます。
山中さん、素敵なメッセージを頂きありがとうございました。

この記事だけを表示

2020年9月16日 17:50

ご質問に回答します(価格/トラック/事業計画について)

こんにちは、リンクルージョン黒柳です。

会員の方から事業についてご質問を頂きました。
ご関心をお寄せ頂きありがとうございます。

下記の通り、回答致します。
ご理解を深めて頂けたら嬉しいです。

Q: なぜ街の市場と同程度の価格を実現できるのか?
A: 下記の図をご参照下さい。

街の市場よりも上流から調達している点が主な要因です。また、基本的には取扱量に比例して取引条件が良くなっていきますので、規模を拡大するほど収益性は良くなっていきます。
さらに農産品の一部は市場を通さずに生産者から直接調達しています。

※上図は簡素化していますが、実際には流通インフラ自体が発展途上にあるため、もっと複雑な流通構造となっています。

Q: 配達トラックの手配方法や費用は?
中古トラック(日本製)を長期レンタルで使用しています。
相場は月額26,000円前後/台で、現在5台を運用しています。

▲日本の中古車が塗装そのままに活躍しています

ミャンマーではリース会社などが存在せず、投資として個人オーナーが所有しているケースがほとんどのため、独自に開拓したオーナーのネットワークを通じて1台1台個別に交渉しています。走行距離、整備状態や故障歴も分からないため、提携の整備工場でチェックしてから交渉のうえ契約します。
実は状態の良い車両の調達や品質管理は、事業開始から最も苦労した点の一つでした。1年以上、さまざまな失敗を繰り返しながら、ようやく安定的に運用できるようになってきました。


▲積込みを待つ商品


▲積込み風景

Q: もっと詳しい事業計画を教えて欲しい。
下図の通り、契約商店数と、商品取扱高(契約商店の購入総額)の計画を共有します。




10月上旬にオンラインの事業説明会を実施予定です。
皆様からのご質問にお答えする時間も設けたいと考えています。
ぜひご参加下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事だけを表示

2020年9月12日 16:38

顧客ストーリー紹介(サンさん/45歳)

顧客ストーリー紹介(サンさん/45歳)

こんにちは、リンクルージョン黒柳です。

募集開始から3日で、既に40人を超える方からのお申込みを頂き、大変驚いています。
私たちは今回のファンド準備を全てミャンマーから遠隔で進めてきました。日本の皆様に伝わるか不安があったのですが、これだけの方に共感やお申込みを頂けている事に、改めて日本との繋がりを実感しています。

- - - - -

さて、今回は私たちのお客様を紹介した記事を共有させて頂きます。

サンさん(46歳)は、私たちがサービス提供している123村の中でも、かなり奥まった辺鄙な村で喫茶店を営んでいて、1年ほど前からサービスをご利用頂いています。
商魂たくましいご夫婦の頑張りや、秘めた夢が皆様に伝わると嬉しいです。

▼ぜひお読みください!▼
夢は大きく、おらが村に図書館を!3つのビジネスを営む夫婦が考えていること

- - - - -

(補足)
コマース事業は小売店を主な対象としていますが、サンさんのような飲食店や露店にもご利用頂いています。

この記事だけを表示

2020年9月9日 21:29

ファンド開始のご挨拶

皆さま、はじめまして。
リンクルージョン代表の黒柳英哲(くろやなぎひでのり)と申します。
ミャンマーのヤンゴンで、このご挨拶を書いています。

私たちは2015年にミャンマーで創業したスタートアップです。
私一人で始めた会社も日本人社員4名を含む60人の規模になりました。

「新しい経済インフラをつくり、排除される人のない世界を実現する」
これが、私たちが目指していることです。



私たちはミャンマーで急成長し注目を集める「都市部」ではなく、経済成長から取り残されている「地方」に根を張って事業を続けています。(事業内容は、事業紹介ページをご覧ください)

ファンド募集を通じて、日本の皆さんにミャンマーでの私たちの挑戦にご参加頂けることに、わくわくしています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

リンクルージョン株式会社
黒柳英哲

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.