お知らせ ミャンマー農村ラストマイル配達ファンド

2021年2月26日 12:45

クーデターへの姿勢表明

皆さん、こんにちは。

リンクルージョン黒柳です。
ここミャンマーでは、クーデター発生からもうすぐ1ヵ月が経とうとしています。
日々状況は変化しており、1週間後にどんな世界になっているか見通せない状況です。

当社事業は工夫しながら継続しており、販売量も高水準を維持しています。
コロナ禍もそうでしたが、このような制限のある状況でこそ、当社のサービスが農村部の人々の生活により必要とされている事を実感しております。

本日、皆さんにお伝えしたいことは、今回のクーデターに対する当社の姿勢です。
以下に70名の従業員全員に配布したメッセージの和訳を引用することで、それをお伝えしたいと思います。
 
従業員のみなさんへ

ミャンマーが大変な状況の中にあっても、毎日出勤してくれてありがとうございます。
従業員の皆さんに、会社から、そして社長の私から、お伝えしたい事があります。


【リンクルージョンの存在理由】

リンクルージョンは、農村部の人々の収入向上と生活向上を実現することが、唯一の事業目的です。
権力を持っている人を助けたり、お金持ちのビジネスを助けるたりすることは、私たちの目的ではありません。


【リンクルージョンの立場】

会社の立場は明確です。
いまミャンマーで行われている、人権侵害、暴力、民主主義の破壊には断固として反対します。

私たちは、常にミャンマーの人々の側に立ちます。
私たちは、非暴力と民主主義を求めます。
私たちは、個人の権利、表現の自由を尊重します。

当社は資金力のある大企業や国際NGOと違って、とても小さな会社です。
多くの事はできないかもしれません。
それでも従業員の皆さんとミャンマーの人々の意思を、全力で応援します。


【皆さんにお願い】

皆さんにお願いが3つあります。

1.事業を通じて、周りの人々を支援しましょう
私は多くの皆さんが休日にデモに参加したり、デモ参加者を支援しているのを知っています。当社は皆さんの行動を全面的に支持します。

ただし当社はサービスを止めません。
例えばインターネットやFacebookが無くなったら、人々はどうやってCDM(注1)や抗議運動を拡げたり、続けたりできるでしょうか?

当社のサービスも人々の生活を支える基礎的サービスです。
事業を通じて人々の生活を支え、CDMや抗議運動を支えましょう。

(でも仕事を休んでデモに参加したい人は遠慮なく言ってください。その気持ちも尊重します。)

2.人々の話をよく聞きましょう
人々に貢献する事が、私たちの存在理由です。
お客さまの声を聞く姿勢を強化しましょう。

お客さまの困りごと、サービスへの要望や感想は、どんな些細なことでも共有して下さい。
それは私たちのサービスがもっと人々の役に立つために、とても貴重な情報です。

3.お互いの立場や意見を尊重しましょう
あなたに意見があるように、あなたの隣の人にも意見があります。
あなたに大切な家族があるように、あなたの隣の人にも家族があります。
私たちの仲間にはデモに参加しない人、できない人もいます。
私たちの仲間には少数民族の人もいます。NLD(注2)を支持しない人もいます。

それを否定したり、攻撃したりすることは、軍が行っている暴力行為と同じです。
私たちは個人の権利、表現の自由を尊重します。
どうかお互いの立場や意見を理解して尊重してください。


【最後に】
私は、ミャンマーに必ず明るい未来が来ると信じています。
ミャンマーの人々、特に若い人々には、ものすごいパワーがあります。
私は2/1以降、それを改めて実感しています。

皆さんも私も会社も共に成長して、
一緒にミャンマーの未来に貢献できることを願っています。

注1:CDMとはCivil Disobedience Movement(市民不服従運動)の略。各省庁の公務員と銀行員など社会インフラに関わる民間人が職場放棄により軍政に圧力を掛けることを目的とする運動で数百万人が参加しています。街頭デモと並んで抗議活動の中心となっており、行政機能・経済機能の麻痺状態が続いています。軍は参加者を脅迫したり、拘束したりしています。
注2:NLDとはアウンサン・スー・チー氏が率いる与党で、昨年11月の総選挙で8割以上の議席を獲得して圧勝、クーデターによって多くの議員が拘束されました。


このクーデターに正当性は全くなく、軍の自国民に対する非人道的行為、人権侵害が毎日続いています。
社内向けとはいえ、このようなメッセージを発する事はリスクを伴います。
書いては消し、書いては消し、出すべきか2週間近く悩みました。

しかし、大きな悲しみと、怒り、そして不安の中にあるミャンマー人従業員に毎日接する中で、会社としての明確なメッセージを伝える必要性を強く感じるようになりました。
そして最終的には、会社として沈黙を続けるリスクの方が大きいと判断しました。

同時に、現状に懸念を表明する在ミャンマー企業の共同声明に署名しました。
https://www.myanmar-responsiblebusiness.org/news/statement-concerned-businesses.html
この声明は、クーデター以降の国内のビジネス環境に重大な懸念を表明し、企業の責任として人権や民主主義を尊重すること、ミャンマーの人々のためにその責任を果たすことを宣言するものです。
ミャンマーで事業をおこなうコカ・コーラやネスレ、Facebookなど外資企業が約30社、主要銀行などミャンマー企業が約100社参加しています。


いよいよファンド締切が2月末に迫ってきました。
このような状況下でも、多くの方にご出資や増資をいただいており、
従業員一同とても勇気づけられています。

国際社会の声は非常に貴重で、ミャンマーの人々の心の支えでもあります。
ぜひ、引き続きミャンマーに関心を持ち続けて頂けると嬉しいです。

長文を最後までお読みいただきありがとうございました。

------------------

【ご参考】
クーデターの背景や情勢を詳しくお知りになりたい方は、
お時間のある時にぜひご覧ください。

<クーデターの背景 入門編>
■ミャンマーのクーデターを読む
https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/443903.html

<在住日本人のnote>
■日本人がミャンマーのデモに参加して感じたこと
https://note.com/kyoumosekaiha/n/n713c6041b7ed

■ミャンマー人の大切なパートナーがいる僕が、歯を食いしばってでもデモに参加しないように我慢している理由
https://note.com/modestfukurou/n/n820e290c6e1f

<より詳しい背景解説>
■ミャンマークーデター:民主化の危機と今後のシナリオ
https://youtu.be/zB-y6oFFVO8

■ミャンマー軍の国際人権・人道法違反と企業の責任を考える
https://youtu.be/dTr6k94c_Kw

最後の最後に・・・
もしご関心をお持ち頂けたら、ぜひこちらの署名にもご参加ください。
http://chng.it/gNdfyfHWF4

この記事だけを表示

2021年2月8日 14:20

クーデター1週間が過ぎて

皆さん、こんにちは、
リンクルージョン黒柳です。

土曜日に始まった抗議デモは、今日も続いています。
主要都市だけではなく、私たちが営業している農村部にまで拡がってきました。



本社のあるヤンゴンでは、抗議のためクラクションを鳴らしながら車が走り、
窓から抗議を表す3本指が上がっています。



デモに対して軍の出動は無く、警察が抑制的に対応しており、
今のところ衝突に至っているケースは無いようです。

公務員が抗議離職する動きも加速しています。
公的医療機関、学校教員、技術者、中央省庁の職員からも続々と声明が出ています。

皆さんが日本の報道で目にする以上に、大多数の国民が抗議運動に参加しており、
全く諦めていません。

インターネットは不安定ながら繋がりますが、
主要SNSはVPN回避しないと繋がりません。

慎重に情勢を見極めながらですが、本日から配送サービスを再開しました。
ありがたい事に、従業員も再開を歓迎してくれています。

地域の人々に寄り添いながら経済を回すことで、
少しでも人々の力になれればと思います。

(写真はEleven Mediaからの引用)

この記事だけを表示

2021年2月5日 12:15

クーデター5日目、サービス再開を決定

リンクルージョン黒柳です。

多くのご心配の声を頂きありがとうございます。
街は引き続き平穏で、大規模なデモも控えられています。

慎重に検討してきましたが、来週の月曜日から配送サービスを再開することにしました。
予断を許さない状況に変わりはありませんが、危機対応手順を検討して最低限の安全確保ができる目途が立ちました。
何より顧客の商店から再開を求める声が大きく、地域の人々の生活を支えたいという従業員の声も後押しとなりました。

ミャンマーでは昨日からFacebookが遮断されています。
ミャンマーは「インターネット=Facebook」の世界でした。
企業のホームページや顧客窓口から政府の公式発表に至るまで、全てFacebook上で行われる経済のインフラです。

一時的に、インターネット上の抗議のうねりは抑えられていますが、それに比例して人々の怒りや反発は高まっているのを感じます。

引き続き慎重に状況を見極め、安全第一で事業を進めてまいります。

2月5日 9:50(ミャンマー時間)

この記事だけを表示

2021年2月4日 01:19

クーデター3日目が終わって

リンクルージョン黒柳です。
いろいろバタバタありましたが、街は今日もいたって平穏です。

あまり報道されていないところでは、
・銀行、両替所、Gold販売店は資産保全のため客が列を作る
・SNSでの抗議運動は引き続き活発
・軍関連企業のボイコット、不買運動の動きが拡がる
・真偽不明の情報は多数ありますが割愛します
・夜20時にベランダなどに出て、一斉に鍋や金たらいを叩く、市民がという抗議行動が昨日から行われています。
https://twitter.com/KenKobayashi/status/1356615600710144000
(当社から撮影した映像をNIKKEI Asiaさんに提供、音に胸が熱くなります・・・)

契約商店に営業休止のお詫びと、要望を聞くための電話を手分けして行い、一軒一軒お話を伺っています。皆さん少ない在庫でしのぎつつ、どうしても必要な物は市場に買いに行っているようです。
ご迷惑をお掛けして申し訳なくジレンマがありますが、ほとんどの店主の方にはご理解頂けて、温かいお言葉を頂いています。

一日でも早く再開したいところですが、情勢を分析すると、まだ予断を許さない状況です。
このまま平穏が続くか慎重に見極めつつ、業務再開を目指したいと思います。

皆さま、引き続きミャンマーへの関心をお寄せ頂けると嬉しいです。
2月3日 23:00(ミャンマー時間)

この記事だけを表示

2021年2月3日 02:36

クーデター2日目が終わって

こんにちは、リンクルージョン黒柳です。
ヤンゴンは平穏が続いており、身の危険はありません。

【現在の状況】
・携帯キャリア・インターネット通信は終日良好
・軍が市中に大規模な展開をしている様子はない
・大規模な反対デモや集会も今日のところはない
・スーパーなどは営業時間を短縮しつつ開いている
・銀行は営業再開したものの引出し希望者が殺到し午前中には窓口停止
・医療関係者など公務員の間で抗議のストライキや離職の動きが拡がっており、SNS上でそれを支持する投稿が拡がっている
・SNSはクーデターへの抗議の声で埋め尽くされている
・NDL(スー・チー氏の政党)の公式facbookに投稿されたスー・チー氏の「抵抗せよ」との声明はアカウントを乗っ取った軍による扇動だから行動を控えるべき、というメッセージが出回っている
・SNSではデモなどの行動は自制すべき、との呼びかけが出回っている
・情報が錯そうして真偽の検証が不可能な状態、市民の抗議活動は今のところSNS上で静かに行われている

【事業再開について】
コマース配送事業は今週木曜までの営業休止を決定し、幹部社員を除いて自宅待機を継続しています。
クーデターを受け入れていない国民が大半で、2月12日に建国記念日にあたるUnion Dayを控えており、予断を許さない状況に変わりはありません。
事業再開を慎重に検討していきます。

2月2日 23:30(ミャンマー時間)

この記事だけを表示

2021年2月1日 15:39

クーデター直後、ミャンマーの状況

皆さま

リンクルージョン黒柳です。

クーデターの一報から7時間余りが経過しました。
限定された情報しかありませんが、とり急ぎご報告します。
 
正直、報道以上の情報は得られていません。
ミャンマー最大都市の郊外にある自宅・オフィスの周辺は一見すると普段通りで、人も出ていますし車も走っています。
 
携帯電話キャリア全社の通信は朝から遮断され(今は断続的に使用できる状態)、一部プロバイダーのインターネットも不通となっています。
幸い当社のインターネットは2回線のうち1回線は今のところ通じています。
 
スーパーや商店には、食料品を買い込む人で混雑しています。
ATMは使えなくなり、銀行は一部を除き朝から営業していません。
 
とりあえず念のため従業員は自宅待機とし、本日の業務は休止としました。
様々な情報が錯そうしており、まだ状況を見極められる状況ではありません。
まずはオフィスに待機して情報収集にあたっています。
 
この後、インターネットの全遮断があるという情報もある中ですので、次のご報告がいつできるか分かりませんが、とり急ぎご報告まで。

この記事だけを表示

2021年1月15日 14:30

7四半期連続で最高販売額を更新しました

皆さま、こんにちは。
リンクルージョン黒柳です。

ファンド募集も残り45日となりました。
本日は事業の近況報告をさせて頂きます。

2020年度第三四半期(昨年10~12月)のコマース事業の商品販売高は、
前期から150%増、昨年同期比で5倍超の成長となりました。



コロナ禍で外出規制など制約の中ですが、
事業メンバー一丸となり、さまざまな工夫をして事業を拡大できております。
温かく事業を助けて下さった農村部のお客様のお陰でもあります。

ミャンマーでは新型コロナの新規感染が落ち着いてきました。
厳しい政府の規制の成果かもしれません。


SDGsへの取り組み
ファンドの各指標は昨年9月からの約4ヵ月半で確実に進捗しています。


国際空港の閉鎖など、いまだに厳しい措置が続いていますが、
今後も農村部のニーズにしっかり寄り添って事業を拡げていきます。

皆さまからお預かりした出資金は営業エリア拡大の運転資金として、
また新たな倉庫や車両の調達資金として活用させて頂きます。

より多くのミャンマー農村の方々にサービスが届けられるように、
引き続きご支援をお願い致します。
 

下記のオンラインセミナーに登壇します。
- - - - - - - - - - -
1/19(火) 15:30~17:00(日本時間)
ASEAN最新事情ウェビナー
「ミャンマーでの小口金融・ラストマイル流通事業の展開」
国際機関日本アセアンセンター主催
詳細:https://www.asean.or.jp/ja/invest-info/eventinfo-2020-27/
- - - - - - - - - - -
90分間たっぷりと事業内容やミャンマービジネスについてお話する予定ですので、
ご関心のある方はぜひお申込みください。

この記事だけを表示

2021年1月1日 14:00

顧客の声(エモンさん/32歳)

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
リンクルージョン黒柳です。

今日は、お客様(契約商店)の一人をご紹介したいと思います。
タ・ピュー・サン村で食品雑貨店を営むエモンさん(32歳)です。
この村は一番近い市場までバイクで1時間かかる農村で、公共交通も存在しません。


▲商売していくうえで「お客様に正直であることが大切」とエモンさん
 

【エモンさんの声】

リンクルージョンの配送サービスを使い始めて1年半になるわね。
今年はコロナの流行でみんな苦しい思いをしてきたけど、
どんな時も休まずに商品を届けてくれて本当に感謝してるの。

みんなが出歩かなくなって、街や市場まで買い物に行く人も減ったわ。
実はその分、うちで買い物してくれるようになったのよ。
だから休まず配送してくれたことが、売り上げの増加につながってるの。

他のお店より多く品ぞろえすることが大事なのよ。
それが実現できたのはあなた達のおかげよ。


▲エモンさんのお店は幅広い日用品を扱い、近隣住民のニーズに応えている。

それに、チャレンジアワードのおかげで、
ずっと挑戦したかった美容品の販売を始められて本当に感謝してるの。

- - - - - - - - - - - - - - - - - -
【チャレンジアワード2020のご紹介】
当社が契約商店の店主から『ビジネス拡大に挑戦したいこと』を募集、
すぐれたアイデアに賞金(約15,000円)と、実現ためのビジネス支援を提供しています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - -

私が応募したアイデアはシャワークリームやコスメなど美容商品の販売なの。
うちの村ではそういう商品が買えなくて、みんな遠くの市場で買ってたから、
仕入れたらうちの強みになるんじゃないかとずっと前から思ってたの。

売れる自信はあったわよ。
でも「もし売れなかったら…」そう思うとね…
最後の一歩が踏み出せなかったの。
仕入れで失敗すると生活が苦しくなっちゃうから。

だからチャレンジアワードに入賞してすごく嬉しかったわ。
リンクルージョンのスタッフと相談しながら、
常連さんの声を聞いて、季節に合わせて順次品揃えを増やしていったの。


▲当社スタッフと美容商品の陳列方法を相談するエモンさん

最初は要望の多かったシャワークリームにしたの。
いい匂いのシャワークリームは、私のようなお母さん世代からも欲しいって声が多かったから。
売れたかって?それが、売れたのよ!やっぱりやってよかったわ。

初回の入荷分は1週間で完売しちゃったの。
それからは順次品揃えを増やしていったら、コロナで苦しい状況の中、
1日平均50,000チャット(約4,000円)だった売り上げが、なんと2倍になったの!

これから乾期に入ってお祝い事も増えるから、リップやマニュキュアなんかのコスメを仕入れたのよ。
噂が広まって女性のお客さんからまだかまだかと言われてるから、紹介できるのが楽しみだわ。

今は家の一部をお店にしているけど、増えた売上を貯めて、お店を拡張しようと思っているの。
お客さんが自由に商品を選べるような広いお店にするつもり。
冷蔵庫を買って冷たい飲み物も売ってみたいわね。


▲店舗拡張の計画を話すエモンさん

夫は金の加工をする職人なんだけど、このコロナ禍でお客さんが減ってしまって大変だったの。
私が切り盛りするお店が家計を支えているのよ。
これからも頑張らなくちゃ。
 

【現場マネージャーのコメント】    
店主の皆さんは多くがお母さんです。
家計も守りながら挑戦の一歩を踏み出すには相当の勇気が必要です。

挑戦のハードルを下げるために、わたしたちはチャレンジアワードを通じて、
賞金を提供するとともに、店主に伴走するコンサルタント的な役割にも挑んでいます。

こういった成功事例は商品カタログに掲載して他の契約商店に積極的に紹介しています。
契約商店がお互いに刺激になったり、成功事例を真似してくれたら嬉しいですね。
これからも女性たちのビジネス拡大を応援していきます。

この記事だけを表示

2020年12月25日 13:00

ミャンマーの新型コロナが減少傾向に

皆さま、こんにちは。
リンクルージョン黒柳です。

ミャンマーから明るいお知らせです。
ここミャンマーで新型コロナ感染が減少傾向に転じてきました。


厳しい移動制限の成果なのか、2週間ほど新規感染者の減少が続いています。
検査数に対する陽性率も10%前後が続いていましたが、1週間連続で5%を下回っています。

感染拡大の中でも、事業はしっかり継続してきましたが、
感染減少でさらなる事業拡大に希望が拡がります。

ミャンマー政府は、徐々に経済重視に舵を切り始めています。
国内線が再開し、少しずつ国内移動が緩和されはじめました。
国際線の再開検討も始まりました(ミャンマーは今年3月からずっと国際空港が閉鎖されています)。

今後の予測は難しいですが、油断せず、最悪のケースにも備えつつ、
さらにサービスを拡げていきたいと思います。

- - - - - - - - - - -

12/29にオンライン開催されるイベントにゲストスピーカーとして登壇します。
ミャンマーで協働させて頂いているマイクロファイナンスMJIさんが主催するイベントです。



コロナ禍のミャンマーについて、
マイクロファイナンスについて、
ソーシャルビジネスについて
ご関心のある方はぜひお申込みください。

詳細・申込はこちら
https://mji2020.peatix.com/

 

この記事だけを表示

2020年12月15日 09:10

3ヶ月連続で最高販売額を更新しました

皆さま、こんにちは。
リンクルージョン黒柳です。

ファンド募集が始まって3ヵ月が経ちました。
200名を超える方にお申込みを頂いております。誠にありがとうございます。
本日は近況報告をさせて頂きます。

ここミャンマーでも、新型コロナの感染拡大の真っただ中にあります。
(実質これが第一波です)


厳しい移動制限や営業制限が課され、チャレンジが続きますが、
そんな中、3ヵ月連続で過去最高の販売流通額を達成しました!



第2四半期(7-9月)の販売額を、10-11月の2か月で既に超えました。
11月の配送回数は昨年同月比で4.5倍に拡大し、
コロナ禍で販売単価もコロナ拡大前の120~130%に伸びています。


SDGsへの取り組み

コロナ禍で思うように供給能力を拡げられない制約の中でも、
ファンドの指標は9~11月の3ヶ月間でも、確実に進捗しています。


今は、しっかりと既存のお客様に向き合ってロイヤリティを高めつつ
新しい倉庫の準備や、スタッフの採用と教育を強化しています。

引き続き、ご支援をよろしくお願い致します。

- - - - - - - - - - -

12/29にオンライン開催されるイベントにゲストスピーカーとして登壇します。
ミャンマーで協働させて頂いているマイクロファイナンスMJIさんが主催するイベントです。



コロナ禍のミャンマーについて、
マイクロファイナンスについて、
ソーシャルビジネスについて
ご関心のある方はぜひお申込みください。

詳細・申込はこちら
https://mji2020.peatix.com/

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.