ファンド詳細償還済

みを木ファンド2

日本酒の魅力を沢山の人に届けたい

一口金額50,000円 申込状況償還済
地域東京都 有楽町、銀座 参加人数 76人
分野飲食店 募集総額6,800,000円
募集期間2011年4月12日~
2011年9月30日
シリーズ
特典
・みを木カードのご発行
・ご来店時、みを木カードのご提示(※1)で以下の無料サービス
 (1口あたり(※2))
        -日本酒一合
        -突き出し追加一品
        -お土産一品
・日本酒・料理イベント開催時に優待価格でのご招待

※1 ご契約成立後、カードがお手元に届くまでの間は、
   当社から送付させて頂きます契約成立をお知らせするEメール
   を印刷してご提示して頂ければその代わりとさせて頂きます。

※2 ご来店人数に合わせて、最大、ご契約口数分までサービスさせて頂きます。
     来店人数:2名  口数:1口  無料サービス:1名分
     来店人数:1名  口数:2口  無料サービス:1名分
     来店人数:5名  口数:5口  無料サービス:5名分


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
匿名組合名 みを木ファンド2
営業者 愛亀株式会社「佳肴 みを木」(かこう みおぎ)
営業者情報 みを木


ファンドの目的 今回、「佳肴 みを木」を立ち上げるにあたり、お客さまのお力を借りると同時に、そのご縁を生かして、一過性ではない、つながりのあるお店づくりをより深めることができるのでは、という思いから、思いきって「ファンドによる小口出資募集」 という形をとらせて頂きました。

今回は、これまでに募集していた「みを木ファンド」で目標に満たなかった分を「みを木ファンド2」として募集させて頂きます。

「お客さま」と「我々お店側」が一緒に店づくりに関わることによって、お互いに顔が見え、双方向の関係を結ぶことができると思いますし、そうしてよりお店に親しみを持っていただけたら、きっと、さらに楽しくご利用していただけると考えております。

愛亀株式会社 代表取締役 渡邊 愛
対象事業 飲食店「佳肴 みを木(かこう みおぎ)」
東京都中央区銀座2-2-4 
ヒューリック西銀座第2ビル地下1階

事業概要はこちら
資金使途 飲食店「佳肴 みを木」の開店時の内装費用の一部※
※営業者が既に立替払いしている内装費用に充てさせて頂きます。
出資募集最大総額 12,100,000円

※ページ下部の(注)をご確認下さい。
出資募集単位
1口50,000円
上限:10口500,000円
出資募集最大総口数 242口

※ページ下部の(注)をご確認下さい。
出資者特典 ・みを木カードのご発行
・ご来店時、みを木カードのご提示(※1)で以下の無料サービス
 (1口あたり(※2))
        -日本酒一合
        -突き出し追加一品
        -お土産一品
・日本酒・料理イベント開催時に優待価格でのご招待

※1 ご契約成立後、カードがお手元に届くまでの間は、
   ご来店時にお名前をお伝え頂ければその代わりとさせて頂きます。

※2 ご来店人数に合わせて、最大、ご契約口数分までサービスさせて頂きます。
     来店人数:2名  口数:1口  無料サービス:1名分
     来店人数:1名  口数:2口  無料サービス:1名分
     来店人数:5名  口数:5口  無料サービス:5名分

    
募集受付期間 2011年4月12日~2011年9月30日

※この期間中であっても、匿名組合出資金合計額が出資募集最大総額に達した場合、または、営業者が本匿名組合契約の募集を終了した場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2011年4月1日から2014年3月31日

決算後、事業売上の分配を行います。
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
第2種金融商品取引業者 関東財務局(金商)第1791号
ファンド取扱手数料 以下の手数料が出資金の中に含まれております。

取扱手数料:出資金額の5.25%(税込)
運営手数料:出資金額の1.05%/年(税込)
申込方法 ミュージックセキュリティーズウェブサイトからお申込み
分配方法 契約終了日より60日以後随時、出資者指定の銀行口座にお振込み
決済方法

右記のネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行
銀行振込(ATM等)、その他ネット決済
(注)
本匿名組合契約は匿名組合契約「みを木ファンド」と同一の匿名組合契約勘定であり、出資募集総額は1,210,000円(242口相当)です。なお、匿名組合契約「みを木ファンド」にて、既に5,300,000円(106口相当)の募集を完了しているため、本匿名組合契約では最大6,800,000円(136口相当)の出資を募ります。

「みを木ファンド」の締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1. 本匿名組合契約の性格に関する留意点

本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性がございます。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点

契約期間中、本匿名組合契約は解約できません(ただし、クーリング・オフ期間を除きます)。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。また、本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク

本匿名組合契約に基づく利益の分配又は匿名組合出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とします。したがって営業の成果によっては利益の分配が行われない可能性があり、本匿名組合契約終了時の匿名組合出資金の返還額は出資時と比較して減少する可能性があります。

4. 営業者の信用リスク

営業者が支払不能に陥り、又は破産、会社更生、民事再生の各手続きの申立てがなされた場合などは、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われない可能性があります。匿名組合員の営業者支払金請求権(匿名組合出資金返還請求権および匿名組合利益分配請求権)には、何ら担保が付されていません。

5. 取扱者の信用リスク

本匿名組合契約において、匿名組合出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金の支払および匿名組合出資金の返還は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われない可能性があります。

6. クレジットカード会社の信用リスク

本件事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが匿名組合に支払われないリスクがあります。

7. 経営陣の不測の事態に係るリスク

本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

事業概要

営業者は、下記の想定で、本匿名組合事業を行うことを想定しております。

1 営業時間 17:00~23:00
2 定休日 1~4日/月程度(月によって変わります)
3 営業開始日 2010年12月9日
4 住所 東京都中央区銀座2-2-4
ヒューリック西銀座第2ビル地下1階
5 電話/ファックス 03-3563-6033
6 客単価
(予測)
6,500円 
7 席数 約41席
8 リクープ売上金額
(税込)(予測)※
153,164,557円(3年間合計、税込)
月平均売上(税込) 4,254,571円

【想定内訳例】
平均利用顧客数25名/日(客単価6,500円、営業日数27日)
※売上からの分配金が出資金と同額となる損益分岐点での売上金額です。
 資金使途である内装費用の変更等で変動する可能性もございます。


出資者への分配

1.出資者分配計算式

愛亀株式会社の収益から出資者が受取る1口あたりの損益の計算式は以下の通りです。

  <1口あたり分配金額計算式>
  【リクープ前】
   リクープ前売上金額(税込) × 7.9% ÷ 242口 × 1口

  【リクープ後】
   リクープ売上金額(税込) × 7.9% ÷ 242口 × 1口
  +リクープ後売上金額(税込) × 1.0% ÷ 242口 × 1口

  リクープ前売上金額(税込):売上金額(税込)がリクープ売上に達するまでの売上金額
  リクープ後売上金額(税込):売上金額(税込)がリクープ売上を超過する部分の売上金額
  予測リクープ売上金額(税込):本匿名組合事業の累積売上金額(税込)が153,164,557円
  (平均月売上金額(税込) 4,254,571円)


2.シミュレーション表

佳肴 みを木(かこう みをぎ)(愛亀株式会社)

※1口 50000円の出資の場合

class="pd5 bor_B" align="right">{val product/simulation/hanbai} class="pd5 bor_B" align="right">{val product/simulation/haibun} class="pd5 bor_B" align="right">{val product/simulation/modoshi} class="pd5 bor_B" align="right">{val product/simulation/rimawari} class="pd5 bor_B" align="right">{val product/simulation/uketori}
月平均売上
(円、税込)
3年間累積売上
(円、税込)
1口分配金額(円) 利回り 源泉徴収後
1口分配金額(円)
源泉徴収後
利回り
{val product/simulation/hanbai} {val product/simulation/haibun} {val product/simulation/modoshi} {val product/simulation/rimawari} {val product/simulation/uketori} {val product/simulation/gensen}
bor_n">{val product/simulation/gensen}

注1:シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想(シミュレーション)することにあります。したがって、売上を保証するものでもなければ、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上述の算出式に基づいて計算されます。ただし、表中の金額・数値の算出にあたり、本匿名組合事業に要した費用は本匿名組合契約説明書作成時点における見積もりを使用しております。そのため、実際の費用の支払いが見積もりを下回った場合など、匿名組合員に対する分配金額は表中の数値とは異なる可能性があります。

注2:表中の利回りは、次の算出式によって計算される直接利回りであって、年率ではありません。
【匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額-50,000円)/50,000円】

注3:匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20%の源泉税徴収が行われます。なお、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

注4:お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください)。

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 315円 315円
みずほ銀行 315円 315円
三井住友銀行 210円 315円
楽天銀行 50円 50円
ジャパンネット銀行 52円 52円
その他銀行 315円 315円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報、説明書・契約書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 「佳肴 みを木」よろしくお願いいたします。
仕組み図
1 募集受付開始日(注) 2011年4月12日
2 募集受付終了日(注) 2011年9月30日
3 会計期間開始日 2011年4月1日
4 会計期間終了日 2014年3月31日
5 契約終了日 2014年3月31日
6 第1回決算日 2011年12月8日
7 第1回分配日 上記6の決算日より60日以後、随時引出可能
8 第2回決算日 2012年12月8日
9 第2回分配日 上記8の決算日より60日以後、随時引出可能
10 第3回決算日 2013年12月8日
11 第3回分配日 上記10の決算日より60日以後、随時引出可能
12 第4回決算日(最終) 2014年3月31日
13 第4回分配日(最終) 上記12の決算日より60日以後、随時引出可能
1.営業者

本匿名組合の事業を行う営業者の愛亀株式会社の概要は、次のとおりです。
商号 愛亀株式会社
所在地 東京都中央区銀座2-2-4
ヒューリック西銀座第2ビル地下1階
代表者の氏名 渡邊 愛
電話番号 03-3563-6033
事業内容 飲食店事業
資本金 425万円(2010年6月17日現在)
設立日 2010年6月17日
役員 代表取締役 渡邊 愛
決算日 5月31日


2.取扱者

本匿名組合契約の出資及び契約締結の取扱い、運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。
商号 ミュージックセキュリティーズ株式会社
登録 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号
本店所在地 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
代表者の氏名 小松 真実
電話番号 03-5948-7301
事業内容 証券化事業、音楽著作権の管理、音楽著作物の利用の開発、コンパクトディスク、ビデオ等の原盤の企画・制作等
資本金 1億7,246万5,300円(2010年11月30日現在)
主な株主 小松真実、東京海上キャピタル株式会社、ウィルキャピタル・マネジメント株式会社、住友商事株式会社他
設立日 2001年11月26日
役員 代表取締役 小松 真実
取締役    讃岐 邦正
取締役    猪尾 愛隆
取締役    影山 知明
取締役    飯野 将人
監査役    松下 律
監査役    赤井 厚雄

事業所所在地 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F
決算日 3月31日
加入協会 無し
このファンドは、どういうものですか? 愛亀株式会社が運営する「佳肴 みを木」の開店の内装費用の一部をファンドとして資金調達し、その資金をもとに飲食店事業を行います。
そして、出資者の方は、営業者である愛亀株式会社が受取る売上の一部を分配金として受け取れるほか、様々な特典も受け取れます。
特典とはどのようなものがあるのでしょうか? さまざまなご優待を用意しております。詳細につきましては、ファンド情報「募集情報」をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20%の源泉所得税がかかります。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 法定代理人親権者等の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 佳肴 みを木(かこう みをぎ)

事業概要

WEBサイト http://www.miogi.jp/
飲食店概要 ・営業時間:17:00~23:00
・定休日:1~4日/月程度(月によって変わります)
・住所:東京都中央区銀座2-2-4
    ヒューリック西銀座第2ビル地下1階
・席数:約41席
・電話/ファックス:03-3563-6033
・客単価(予測):6,500円
コンセプト 「みを木」ならではの特色をあげるとすれば、純米酒のお燗を中心に提供するという点が一番になります。 お燗の温度やお料理との組み合わせにも気を配りながらお酒をお出しすることで、味わうという感動がより深まるような、そんな素敵な体験をしていただけるお店づくりを目指しています。

以下のパターンでお楽しみいただいた場合は、お一人様6,500円程度となります。
 ・お通し 500円
 ・グラスビール 550円
 ・日本酒 純米酒約2合 約2,000円
 ・お食事・おつまみ5品 約3,500円
(衣かつぎ、天かぶとがんもどきの含め煮、 刺身一品、ハタハタ1夜干、クリームチーズの神亀吟醸粕漬けの場合)
女将・調理長
プロフィール
女将 渡邊 愛

1972年、神奈川県生まれ。東京芸術大学卒。
広告制作会社でのCM制作、フリーでの映像オペレーターやデザイン制作などを経た後、平行する形で2005年より、日本酒関係の飲食業務に携わる。

「神田新八」本店を経て、新丸の内ビル店のオープンと同時に、「神田新八」新丸ビル店の女将として勤務。純米酒の燗酒を中心に居酒屋という場から食と日本酒の奥深い魅力を伝えるべく、更なる研究を重ねる毎日。


調理長 長田 治郎

1980年生まれ。
フレンチ・ビストロへの入店をきっかけに料理の世界へ入る。その後「人形町 きく家」にて本格的な和食の修行を積み、さらに勉強のため、数店を経験。その経歴のひとつとなる「神田新八」在籍時の縁で、「みを木」立ち上げから調理の要として参加することに。

これまでの調理人としての経験はもちろん、同時に長年研究をしてきた日本酒の知識と双方に対する味覚を生かし、奇をてらうのではなく、真っ当な和食をベースにした料理と肴を提供する。
ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス