ファンド詳細

運用中 もとぶ熟成麺 沖縄そばファンド

沖縄新名所「瀬長島ウミカジテラス」出店!自社製麺所立ち上げを応援

一口金額31,710円 申込状況運用中
地域沖縄県 本部町、那覇 参加人数 145人
分野食品製造、酒 募集総額14,970,000円
募集期間2015年3月27日~
2016年6月30日
シリーズ
特典
1口につき7,500円相当
・「沖縄そばセット」もしくは「もとぶ香りネギそばセット」(4食入り)
を期間中2回送付:送料込6,000円相当
・営業者飲食店の食事券:2食分1,500円相当

2口につき14,500円相当
・「沖縄そばセット」もしくは「もとぶ香りネギそばセット」(4食入り)
を期間中1回送付:送料込3,000円相当
・営業者飲食店の食事券:2食分1,500円相当
・営業者宿泊施設のペア宿泊券:10,000円相当

3口以上の場合、
2口の特典内容に加えて、1口分の特典内容が口数分に応じて追加されます。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 もとぶ熟成麺 沖縄そばファンド
営業者 株式会社アルマリゾート
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 14,970,000円 (499口)
申込単位(1口あたり) 31,710円/口 (内訳:出資金30,000円 取扱手数料1,710円)
(上限口数:33口)
募集受付期間 2015年3月27日~2016年6月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2016年1月1日~2020年12月31日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回決算日 2016年12月31日
第2回決算日 2017年12月31日
第3回決算日 2018年12月31日
第4回決算日 2019年12月31日
第5回決算日 2020年12月31日
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
402,419,355円
予想リクープ
年額売上金額(税抜)
80,483,871円
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行

もとぶ熟成麺 沖縄そばファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過であり、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行われないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。なお、リクープが実現できない場合において、残存在庫が存在しても債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5.取扱者の信用リスク
本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。
なお、取扱者では、出資金の受取口座として普通預金を利用しておりますが、その後の資金管理については、取扱者から倒産隔離された信託口座により分別管理を行っています。
・出資金の取扱い:出資金は、取扱者の普通預金口座で受け取り、一定期間毎に信託口座に移動され分別管理が行われます。その後、信託口座から営業者へ送金されます。
・分配金の取扱い:分配金は、営業者から取扱者の信託口座へ送金され分別管理が行われます。その後、信託口座から匿名組合員へ分配金が支払われます。

6.新規事業に伴うリスク及び販路拡大に伴うリスク
営業者は、本匿名組合事業に含まれる製麺事業について事業実績がありません。そのため、製品の製造や販売体制の構築に予想外の時間を要する可能性があります。また、これら新規事業の認知度が拡大せず、製品の販路拡大に支障を来たし、これらの事業の継続自体が困難になる可能性があります。これらの結果、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。

7.製造リスク
本匿名組合事業の製品の生産については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8.販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下、法人や個人に販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価および想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の損益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

9.クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

10.経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

11.資金繰りが悪化するリスク
営業者は、事業計画上の売上を著しく下回る場合、予想外のコストが生じる場合、現時点で想定していない事態が生じた場合、資金繰りが悪化するリスクがあります。

12.資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、本匿名組合事業を開始することができないリスクがあります。また、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

13.債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産手続き開始原因であり、営業者が破産手続きの開始決定を受けると、商法上匿名組合は当然に直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約の終了事由に該当し、直ちに本匿名組合契約が終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

14.匿名組合出資金の送金及び使用に関するリスク
契約が成立した本匿名組合契約に係る匿名組合出資金は、募集期間中であっても営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を下した場合、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

15.事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料および営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金や出資額の返金を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

16.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

17.食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業で生産する製品は、何かしらの原因により営業者の販売した製品が原因で食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

18.大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続的に悪影響を及ぼすリスクがあります。

19.風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

20.許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

21.訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、または訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

22.店舗を撤退するリスク及び業態を変更するリスク
営業者は本匿名組合事業の継続が不適当若しくは不可能であると判断した場合に店舗を撤退する可能性があり、その場合、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。また、営業者は本匿名組合事業の業態のままでは、事業の継続が不適当若しくは不可能であると判断した場合に業態を変更して事業を継続する可能性があり、その場合、当初の事業計画上の売上金額を達成することができなくなるリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上の売上について
事業計画上の本匿名組合契約会計期間(5年間)の累計売上金額(税抜)は526,000千円(年平均売上金額105,200千円)であり、本匿名組合における累計リクープ売上金額(税抜)は402,419千円(年平均売上金額80,483千円)です。なお、対象事業の営業者の前期(2014年1月~12月)の売上金額(税抜)は54,764千円です。


(2)事業計画上の実現施策について
営業者は沖縄で飲食店、宿泊業を営む会社です。今回、以下の施策を実施することで、事業の拡大を図り、売上を増加させる計画です。

a. 2店目となる飲食店の新規オープン
2015年7月に2店目となる飲食店(沖縄そば)をオープンさせます。出店場所は沖縄県の那覇空港のそばにある瀬長島Umikaji Terrace(ウミカジテラス、月間1万人の集客見込)を予定しています。この場所は、那覇空港から車で10分でアクセスが良く既に温泉施設のある琉球温泉瀬長島ホテルがあり、海辺沿いに沖縄産の野菜や果実を使用した飲食店、泡盛蔵や沖縄の工芸品のお店等が集まる沖縄の新名所の商業施設で、2015年7月頃のオープンを予定しています。
新店舗の人員の確保にも目処はついており、飲食店の開店や運営については、既存店でのノウハウを活かします。

b. 製麺事業の開始
製麺所を新たに建築し、沖縄そばの製麺事業を開始します。そこで製造される沖縄そばを冷凍した製品の賞味期限は1ヶ月程度と長く、既存の沖縄そば製品の賞味期限が4-5日程度であったことと比べると、競争力のある製品となります。沖縄そばの飲食店では、そばの賞味期限が短いため、在庫を廃棄しなければならず、また、一度に大量の仕入れをすることができず、輸送コストが高くなっているという問題点を抱えていました。今回の冷凍麺であれば大量に仕入れたとしても賞味期限が長いため廃棄する必要はなく、一回の仕入に係る輸送コストを圧縮することができます。
2015年7月頃から製造を開始し、2015年度は自社の飲食店での取り扱いを開始し、2016年度からは、外部への販売を開始し、売上を増加させることを計画しています。



分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×3.72%÷499口×1口

・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×3.72%÷499口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×1.9%÷499口×1口



金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口30,000円の出資の場合)



(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満)(分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行324円324円
みずほ銀行324円324円
三井住友銀行216円324円
楽天銀行51円51円
ジャパンネット銀行54円54円
その他銀行324円324円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2015年3月27日~2016年6月30日
2 会計期間 2016年1月1日~2020年12月31日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 第1回決算日 2016年12月31日
第2回決算日 2017年12月31日
第3回決算日 2018年12月31日
第4回決算日 2019年12月31日
第5回決算日 2020年12月31日
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2015年2月28日現在)


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2015年2月28日現在)


このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • もとぶ熟成麺 沖縄そばファンド
沖縄の那覇空港からも車で約15分の注目の新名所「瀬長島ウミカジテラス」にも味を認められ、唯一沖縄そばの店として出店した「もとぶ熟成麺」。本ファンドは、今後も飲食店事業が拡大を見込み、沖縄本部(もとぶ)町にて唯一となる製麺所(工場)の立ち上げを行うための費用を募集し、「もとぶ熟成麺」の飲食店・製麺所の5年間分の事業売上に応じて分配致します。 出資者特典には、もとぶ熟成麺のセット商品をご送付の他、ウミカジテラス店などで使用できる食事券、2口からは沖縄本部町コンドミニアムホテル2名分宿泊券など、沖縄にお越し頂いて、食べて、泊まって頂くための特典をご用意しています。

本ファンド対象事業の魅力

沖縄新名所「瀬長島ウミカジテラス」にもその味をみとめられた沖縄本部(もとぶ)町発
 「沖縄そば もとぶ熟成麺」。


沖縄・那覇空港から車で約15分、2015年8月1日にグランドオープンした注目の新名所「瀬長島ウミカジテラス」。 伊江牛の鉄板焼店や石垣島発のアクセサリーブランド店など、主に沖縄の魅力を発信する魅力的なお店が約30店舗出店しています。その厳しい審査に、その味を評価されて、沖縄そばとして唯一出店しているのが、「沖縄そば もとぶ熟成麺」です。

「瀬長島ウミカジテラス」の新店舗訪問レポートはこちら


「沖縄そば もとぶ熟成麺」の魅力は、熟成によって生まれる「麺の旨みとコシ」。事業運営を行う株式会社アルマリゾートの棚原代表は、本部(もとぶ)町出身ながら、香川県にも30年間在住し、さぬきうどんの製麺や飲食店経営を行ってきました。
さぬきうどん業界では重要視されているこの「麺の熟成」を沖縄そば業界では先駆けて導入。独自の熟成方法を開発したことで、通常4-5日の賞味期限を1カ月程度延ばすことにも成功しました。そのことで、飲食店舗にとっては、麺の品質が上がるだけでなく、廃棄ロスが減るとともに、物流コストを抑えることができるようになっています。

2013年に代表の地元・沖縄本部町に1号店となる沖縄そば店を開店。その品質や実績を評価され、「瀬長島ウミカジテラス」から声がかかり、今回2号店となる「沖縄そば もとぶ熟成麺 ウミカジテラス店」の出店に至りました。

本部町で失われている大きなビジネスチャンス。人生をかけた最後の挑戦、
「本部町初となる製麺所の立ち上げ」


既に建設が始まっている製麺所の建物内にて。
(右:アルマリゾート代表棚原代表、左:当社ファンド組成担当玉木)

本ファンドを通じて行う一番の挑戦は、「沖縄そば もとぶ熟成麺」で提供している沖縄そばの麺を自社で製造し、他の沖縄そば店にも麺をおろす製麺所事業の立ち上げです。

美ら海水族館がある本部町には、2014年度には約435万人の観光客が訪れています。そして、観光客が一番食するといわれている沖縄そば店は、本部町には約80店舗あり、沖縄で初めて本部町商工会が「そばの町宣言」をしています。
さらには、大阪市の米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」が本部町に建設予定であることが報道。今後、東南アジアなどからの外国人観光客なども含めて、さらなる観光客の増加が見込まれています。

一方、人口13,500人の本部町には、沖縄そばの製麺所が一つもなく、町外からの仕入れに依存している状態でした。そして、本部町の町民の所得水準は、県内で最も観光客が訪れるのにもかかわらず、沖縄県でも低くとどまっています。その理由は、沖縄そばの仕入れ先が町外から行っていると同様に、本部町に訪れた観光客の宿泊施設も町外が中心となっており、付加価値の高く収益性が見込める事業が地元の資本と地元の従業員によって行われていないことが原因となっていました。
観光客がたくさん訪れることの経済的な恩恵を少しでも本部町に還元したい。棚原代表は大きな問題意識を持っていました。

そこで、69歳の棚原代表が本部町の地元町の活性化のために人生最後の挑戦として決意したのが、今回の製麺所事業です。本事業の強みは、ウミカジテラスからも評価された旨みとコシのある麺の品質。それに加えて、賞味期限も長く、廃棄ロスや物流コストが少ないことです。この麺を後継者である息子と共にアルマリゾート株式会社の新規事業の製麺事業として、自社店舗および本部町内の沖縄そば店に広く麺の販売を行っていく予定です。

挑戦を応援してくださる出資者の方々と直接つながり、沖縄を楽しんで頂くためのお得な出資者特典。

出資者特典である「沖縄そばセット」(イメージですので実際の現物と異なる可能性があります。)

本ファンドの出資者特典に込めた想いは、沖縄好きの方と直接アルマリゾートのスタッフがつながって、沖縄の魅力をもっと知ってもらい、沖縄を楽しんで頂くこと。まずは、ご自宅でお楽しみいただける沖縄そばのセットをご送付いたします。(上記写真参照)。


そして、沖縄にお越しの際には、本部町の1号店やウミカジテラス店で利用できる食事券、そして2口以上お申込みの方には、アルマリゾートが飲食事業と共に行っているコンドミニアムホテル事業で運営するコンドミニアムホテル(2015年8月現在本部町にて6棟14部屋を運営)の無料宿泊券を贈呈致します。(ファンド期間中5年間有効、ハイシーズンを除く、詳細は後日ご連絡)

アルマリゾートが運営するコンドミニアムホテルのWEBサイト

ぜひ、沖縄にお越しの際には気軽にアルマリゾートにお声掛けいただき、観光や移住などについてもご相談いただければ幸いです。
 

営業者紹介

株式会社アルマリゾート
2009年に沖縄本部町にて創業。コンドミニアムホテル事業を開始し、現在では6棟14部屋の運営を行う。2013年からは「そばと沖縄料理」の飲食店「まーす家」を同じく本部町に開業。現在は、パート含む15人の社員とともに、コンドミニアムホテル事業と飲食事業を柱に、本部町の魅力を発信し、観光振興に取り組んでいる。

【参考ウェブサイト】
株式会社アルマリゾート

代表者紹介

代表取締役 棚原憲勇
1945年9月10日生まれ。沖縄県本部町出身。地域金融機関勤務を経て、香川県高松市に30年間在住。讃岐うどんなどの飲食店を経営。その後、本部町へ帰郷し、株式会社アルマリゾートを創業。

代表者メッセージ
私は、香川県在住時に培った「讃岐うどんの製造方法」を沖縄そばに生かして製麺工場はできないかと3年前から試行錯誤をしながら研究してきました。
又、うどんが冷凍できるので沖縄そばも冷凍が可能ではないかと考えました。
ふとしたきっかけから、沖縄そばの冷凍化が可能であることを突き止め、研究を重ねた結果、沖縄製麺業界で初めて冷凍化に成功しました。

茹で麺の賞味期限は約5日ですが、冷凍化で30日以上の賞味期限が可能となります。
その結果、お店は廃棄ロスがゼロとなり、各店舗が大量仕入れをすることにより工場の配送コストも大きく削減できます。

製麺工場を建設するには資金が必要です。資金調達をどうするかと悩んでいるときに「ミュージックセキュリティーズ(株)」のことを知りました。
全国の投資家の皆さんにご協力いただければ工場建設が実現できるのではと、「ミュージックセキュリティーズ(株)」のファンドに期待を込めてお世話になることにしました。

30年ぶりに帰郷した我が町本部町(もとぶ)の活性化にお役に立ちたい一心から69歳の私が人生をかけた最後の挑戦です。
全国の皆様、私の思いをご理解いただきファンドのご協力をお願い致します。

我社は、本土の皆様に本部町(もとぶ)の情報発信をしたいと思っています。
旅行をご計画の出資者の皆さま方には沖縄美ら海水族館のパンフレットやお土産品店のパンフレット、その他情報を発送することも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

また沖縄の事で知りたいことなど、当ファンドの支援者の皆さまと情報交換などでも交流をとらせて頂くことができればとても素敵だと思っています。
第2の故郷をイメージに、本事業のご支援を機に是非お付き合いをよろしくお願い申し上げます。
info@e-motobu.net

ファンド対象事業内容

本匿名組合事業は沖縄そばの製麺事業と飲食店事業の2つの事業が対象となります。

飲食店事業
2013年に開業している沖縄本部町のそばと沖縄料理の飲食店「まーす家」および「沖縄そば もとぶ熟成麺 ウミカジテラス店」の2つの店舗が対象となります。「沖縄そば もとぶ熟成麺 ウミカジテラス店」は、1日100食の提供を事業計画としています。

沖縄そばの製麺事業
2015年11月から製造開始を予定している新規事業(当初7月予定から変更、ファンドの売上対象期間は2016年1月からとなります。)製造する麺の特徴は沖縄そばでは初となる「冷凍熟成麺」です。「冷凍熟成麺」とすることで味も高まるとともに、賞味期限が既存の麺が4-5日程度に対し1カ月程度と長くなるため、在庫ロスが減り、一度に大量に仕入れることができるため輸送コストが減るなどのメリットがあります。販売は、自社の2店舗での取り扱いから開始し、2016年度から本部町内の沖縄そば提供飲食店(町内約70店舗)への営業を開始します。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
(注1) 上記、合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり、変更の可能性があります。最終的な費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、下回った場合には最終分配時に返還させて頂きます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用につきましては、営業者が負担いたします。
(注2) 出資金の資金使途については、取扱者による監査が行われます。
(注3) 状況により、上記資金使途内容について営業者が先に立て替えて支払い、その後、匿名組合出資金を充当することがあります。
(注4) 本匿名組合事業遂行のため、会計期間開始前であっても匿名組合出資金は必要に応じて営業者が資金使途内容に従い使用することがあります。

 

投資家特典


「沖縄そばセット」(イメージ)

■1口につき7,500円相当
・「沖縄そばセット」もしくは「もとぶ香りネギそばセット」(4食入り)を期間中2回送付:送料込6,000円相当
・営業者飲食店の食事券:2食分1,500円相当

<ご利用いただける飲食店>
まーす家(本部町)
沖縄そば処 もとぶ熟成麺(瀬長島ウミカジテラス)


コンドミニアムホテル(イメージ)

■2口につき15,000円相当(14,500円相当から500円増額致しました。2016/5/26変更)
・「沖縄そばセット」もしくは「もとぶ香りネギそばセット」(4食入り)を期間中1回送付:送料込3,000円相当
・営業者飲食店の食事券:2食分2,000円相当(1,500円相当から2,000円増額致しました。2016/5/26変更)
・営業者宿泊施設のペア宿泊券:10,000円相当

<ご利用いただける宿泊施設>
アルマリゾート(本部町)

■3口以上の場合、2口の特典内容に加えて、1口分の特典内容が口数分に応じて追加されます。

 
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2016年5月11日 12:41沖縄そばのイノベーション、冷凍熟成の沖縄そばの営業が好評です。

/data/blog/archive/original/26932.JPG

みなさま、こんにちは。
東京本社のイノオです。
アクティビィティ記事にも書きましたが、こちらにも掲載いたします。
 
今日は、「もとぶ熟成麺 沖縄そばファンド」
投資家の皆様からお問合せ頂いた内容や
営業者であるアルマリゾートの棚原社長へのインタビュー、
最近の営業状況などをまとめてお届けします。
 
本ファンドでは、約50%弱の申込状況ながらも、
残り資金は営業者自身がリスクを取り、
別の方法で資金調達を実施し、ファンド対象事業である
新規飲食店事業と製麺事業の2つをそれぞれ2015年8月と9月
に開始致しました。
 
しかし、それでもあえて募集期間を延長したのは、
営業者である棚原社長として、
沖縄の本部町の会社が全国の皆様とのつながりを広げ、
少しでも多くの方に本部町に関心もっていただき、
本部町にお越し頂きたいという想いからでした。
 
ファンドは100%に至らなくても必ず成立致しますので
ご安心ください。
 
今回は、投資家の皆さまからお伺いしたご質問も踏まえ、
「もとぶ熟成麺 沖縄そばファンド」の内容と共に、
その魅力、紹介してまりいます。
 
ぜひ、アルマリゾートの棚原社長の人生を
掛けた挑戦、ぜひ、ご覧になってみてください。
 
------------------------------------------------------------------
 イノオ:
 
棚原社長、本日は宜しくお願いします。
 
 
棚原社長:
 
宜しくお願いします。
 
 
イノオ:
 
まず最初に本ファンドの対象事業について少しわかりにくい、
という声がありまして、会社名はアルマリゾートで、
ファンドは沖縄そばだけど、特典は宿泊券もついてきて、と。
 
このあたりを改めて整理してお伝えしたいと思っています。
 
 
棚原社長:
 
はい。アルマリゾートとしては現在以下の3つの事業を行っています。
 
1.宿泊事業(沖縄県本部町)
2009年開始。6棟14部屋のコンドミニアムホテルの運営を行っています。
 
2.飲食店事業
(1)まーす家(沖縄県本部町)
2013年開始。昼の営業は「沖縄そば もとぶ熟成麺」、夜の営業は「炭火焼肉 牛歩もとぶ店」
として2016年3月よりリバーシブル店舗としてリニューアルオープンで営業中。
 
(2)沖縄そば処 もとぶ熟成麺(沖縄県豊見城市)
2015年8月開始。沖縄の新名所ウミカジテラス内にオープンした沖縄そば専門店。
 
3.沖縄そばの製麺事業(沖縄県本部町)
2016年1月開始。本部町唯一の沖縄そばの製麺所。
 
 今回、ファンドの資金使途は、2(2)の新店舗の設備資金と
3の製麺工場の設備資金に使用させていただきます。
そして、投資家の皆様には、2の飲食店2店舗分と製麺事業の
5年間分の売上から分配致します。
 
ファンド資金はまだ満額に達してはいませんが、
残り資金は自社で調達したことで、新店舗と新工場はおかげさまで
立ち上げることができました。
 
/data/blog/archive/original/26942.jpg
リニューアルオープンしたまーす家
 

/data/blog/archive/original/26947.jpg
那覇空港から車で15分の新名所、ウミカジテラスに2015年8月にオープンした新店舗。
 
/data/blog/archive/original/26936.jpg

/data/blog/archive/original/26935.jpg
製麺工場
 
 
 
イノオ:

なぜ、「沖縄そば処 もとぶ熟成麺」の新規飲食店事業と
製麺事業を始めようと考えたのでしょうか。
 

棚原社長:
 
沖縄そばの熟成技術の開発に成功したことが大きなきっかけでした。
 
この熟成技術によって、当社の麺には2つの強みが生まれました。
 一つは、麺の旨みとコシがでたことです。
一般的な沖縄そばは、これまで熟成を30分程度しか行ってこなかったため、
粉っぽくコシがないのが特徴でした。
それを当社では一晩行うことで、コシがでるだけでなく旨みも格段に上がりました。
 
もう一つは、賞味期限が一般的には4-5日のところを120日まで伸びました。
食品添加物を加えることなく、熟成に冷凍技術を活用することによって
実現できました。
 
これにより、ご利用頂く飲食店にとっては麺の品質が向上する上に、
廃棄ロスがゼロとなり、物流回数も減るためコストも下げることが可能となりました。
 

 
イノオ:
 
それは分かりやすいメリットですね。
ただ、なぜ、いままで、沖縄そばではこうした熟成や冷凍が行われて
こなかったのでしょうか。
 
 
棚原社長:
 
熟成についてはあまりそういった概念が沖縄そばに関してはなかったのかもしれません。
 
私はいったん沖縄を離れて、香川県に30年間住み、讃岐うどん事業に携わったことで
学んでいた讃岐うどんの熟成技術を、沖縄に戻って飲食店事業を始めたときに応用しよう
と自然と思うようになりました。
 
また冷凍も昔から利用はされていました。ただ解凍するとすぐにちぎれてしまうなど
の問題もあり質が下がってしまう問題があり、解決されないままになっていました。
 
当社は、品質を上げるための熟成方法や冷凍方法の試行錯誤を繰り返し、
偶然の産物も重なって、今の方法にたどり着きました。
この方法は特許も申請する予定であり、発想は簡単ですが一朝一夕にみなさんが
できるものではないかと思っています。
 
 
イノオ:
 
今回、スーパーマーケットトレードショーで、
新工場で製造した麺の試食・営業をされましたね。
その反響はどうですか?
 
/data/blog/archive/original/26949.JPG
 
 
棚原社長:
 
出展した甲斐があり、以下のような反響がありました。
 
・広島県の沖縄料理店「ゆんたく」様(3店舗):
  3月より取引開始

・広島県の食品通信販売会社「クローバープロジェクト21」様:
  取引オファーがあり準備中です。

・千葉県 「沖縄そば ゆいまーる」と取引開始

・沖縄・大阪の飲食事業グループ「海援隊グループ」様:
  「沖縄そば もとぶ熟成麺」のFCの加盟店オファーがあり準備中
 
・地元本部町(もとぶちょう)のホテル8施設の内4施設
  契約済みで他ホテルとも契約進行中

 本部町のおそば屋さん6店舗、町外で「大宜味シークヮーサーパークレストラン」と契約、
 本部町道の駅 かりゆし市場、ウミカジテラス47ストアーでもとぶ熟成麺の販売を開始しています
 
やはりみなさま、麺のコシと長期保存を評価してくださっています。
 
また、この麺は、直営店である「まーす家」や「沖縄そば処 もとぶ熟成麺」
でも使用開始始めたことにより売上も伸び始めています。
 
 
イノオ:
 
確かに、さきほど私も頂いたのですが、
今まで頂いてきた沖縄そばよりもシコシコ感があり
全然違う印象でした。美味しかったです。

 /data/blog/archive/original/26948.JPG
 
 
棚原社長:
 
ありがとうございます。
 
 
イノオ:
 
それでは少し定量的に事業計画についてお話しを聞かせください。
 
今回、投資家のみなさまに投資金額を分配することができる
損益分岐売上は5年間の平均で約8,000万円/年、
事業計画売上は5年間の平均で約1億500万円/年です。
 
それに対して、2014年平均実績は約5,400万円/年でした。
 
実績からこの計画まで売上を伸ばすための施策を教えてください。
 
 
棚原社長:
 
はい。まず、2014年実績売上は「まーす家」だけのものです。
「まーす家」については実績からは微増を計画しています。
今年3月には夜の営業を強化するために昼は沖縄そば、夜は焼肉として
リニューアルを行いました。
 
ウミカジテラスの「沖縄そば処 もとぶ熟成麺」については
実はウミカジテラス内の約20店舗の飲食店の中でも売上は
トップで好調です。季節変動はありますが、昨年は8月1日の
グランドオープンでシーズン途中からでしたので
今年はもっと売上を伸ばせると考えています。
 
そして、製麺事業ですが、事業計画の5年間の平均は約1800万円
としています。麺は一食60円(一般的な沖縄そばは一食56円)
で販売予定ですので、販売食数は年間30万食、月2.5万食です。
 
一方、飲食店では月1,500~2,000食使用するのが一般的なため、
毎月定期的に販売する飲食店が約17店舗あれば実現できる計算
となります。
 
このうち、既に7店舗は契約確保しており、まだまだ営業は
伸ばしていける見込みです。
 
 
イノオ:
 
本部町は、美ら海水族館を抱え、沖縄県内では断トツの年間400万人以上の
観光客が訪れ、さらに、80店舗も沖縄そばのお店がある一方で、
製麺所は一つもなかったので、十分潜在的な可能性がありますね。
 
大変楽しみです。
 
改めてですが、ファンドを利用しようと考えたきっかけを教えてください。
 
 
 
棚原社長:
 
本部町は人口13,500人の小さな町のアルマリゾートは社員十数名
の小さな会社ですが、全国のこの沖縄や本部町、沖縄そばが
好きな方と直接つながって、長いお付き合いの関係となって、
ぜひ、本部町にも遊びに来ていただきたいと思ったからです。
 
 
イノオ:
 
だから投資家特典にも、ファンドの対象事業とは直接関係ない
宿泊券が入っているのですね。

/data/blog/archive/original/26945.jpg
ファンドの投資家特典としてついているアルマリゾートが運営している
コンドミニアムホテルの部屋からの眺望

 
本部町には、美ら海水族館の他にも、「備瀬のフクギ並木」など
素晴らしい場所がたくさんありますよね。私も大ファンです。
 
当社の投資家の方の中には、沖縄が好きで、将来、移住を考えて
いて、そのための地元の方との関係づくりのために投資をしている
という方もいらっしゃいました。
 
投資をして本部町に行く際には、ご連絡すれば社長やスタッフの皆様
との交流もできるのでしょうか。
 
 
棚原社長:
 
もちろんです。ぜひともご連絡を頂ければと思います。
いろいろと本部町の地元の人ならではの本部の楽しみ方なんかも
お教えできると思います。
 
 
イノオ:
 
最後に投資家の方へメッセージ、動画でとらせてください。
 
棚原社長:
あんまり得意じゃないんだけど、、、がんばります。



もとぶ熟成麺 沖縄そばファンドの詳細・お申込みはこちら
  ◢ キャンセル テスト表示本番表示保存 アップロード可能な画像ファイルサイズは最大2MB、幅1600ピクセルまで 複数ファイルアップロード ファイル選択 PDFファイル管理 PDF FILES PDFファイル ファイルを選択 テスト表示本番表示記事に関連付けてファイルをアップロードする ファイルのURL 元ファイル名 アップロード日時 データが存在しません。 0 件 USERS 2 ALERTS 7 MORE 2016 © Music Securities, Inc. All rights reserved.

2016年4月7日 13:51沖縄そば もとぶ熟成麺オファー順調

2月10日~12日開催のスーパーマーケットトレードショーの結果問い合わせが増えてきています。


広島県の沖縄料理店 ゆんたく(3店舗)からオファーがあり3月より取引がスタートしました。


広島県の食品通信販売会社「クローバープロジェクト21から取引オファーがあり準備中です。


沖縄県と大阪で展開中の「海援隊グループ」より「沖縄そば もとぶ熟成麺」のFCの加盟店オファーがあり準備中です。


「沖縄そば もとぶ熟成麺」は熟成に着目をして、長期保存120日の冷凍麺は沖縄そば業界初です。


地元本部町(もとぶちょう)のホテル8施設の内 4施設と契約済みで他ホテルとも契約進行中です。


今までの30分熟成から一晩熟成と熟成にこだわった沖縄そばは、こしのあるのどごしの良い美味しい沖縄そばができたために自社店舗、「まーす家」「もとぶ熟成麺ウミカジテラス店」での売り上げも伸びています。


来年度から全国展開ができるように体制の構築準備をしています。


ファンド購入の皆さんには5月より美味しい「沖縄そば もとぶ熟成麺」を送りますので期待してください。

2015年12月5日 13:47スーパーマーケットトレードショ-2016出店決定

 

スーパーマーケットトレードショー出店データー

2015年5月29日 21:28夏のオープンに向けて着々と店舗の準備が進んでいます。

みなさん、こんにちは。

今回、ファンド対象事業の一つであり、この夏オープン予定の
沖縄そばの店「もとぶ熟成麺」 の準備が着々と進んでいます。

今回オープン予定のウミカジテラスは、今年沖縄の注目の商業施設。 

那覇空港から車で約10分の好立地で、ホテルや温泉施設、飲食店や
お土産店など30店舗以上が集積した新しい商業施設として、
年間1万人以上の集客を見込んでいます。

今回は、その商業施設の中で唯一の沖縄そばの店舗として、
20席の店舗で1日100食の提供を事業計画目標として出店を計画しています。

店内の様子はこんな感じです。

 

ウミカジテラス全体の開発も進んできています。
http://www.umikajiterrace.com/?p=56

エメラルドグリーンの海の前に、真っ白の建物が丘の上
に建ち並ぶこの場所は、沖縄の観光名所の一つとして、
にぎやかになりそうです。