三陸オーシャンほやファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2013年8月14日 13:25

述べ900人にホヤ提供! 高崎→東京→仙台、イベント報告

三陸オーシャンの木村です。
8月に入ってからは1度だけほやの様子を見に行ってまいりましたが、
7cmくらいの大きさまで成長していました。
今回のご報告ですが、実は8月に入ってから
立て続けにイベントがありましたので、簡単にまとめてみました。 【8月3日(土)-4日(日)】
高崎祭りにて、ほやの味噌漬け串焼き、ホタテの串焼きなどを販売
こちらは高崎市のご好意により2012年より参加しておりまして、
今回が2回目となります。 ほやの味噌漬け串焼き、ホタテの串焼きなど販売しましたが、
やはり被災地企業に対する関心が薄まっているせいか、
昨年の7割程度の販売数でした。(ちょっと残念) しかし、海のない群馬県高崎市の皆さんにホヤを知って頂く
良い機会でして、ホヤを見るのも初めての皆さんが多く、
お時間のある方には一人ずつホヤの解説をさせて頂きました。 美味しい!と言って3回もほやを食べに来てくれた方もいました。
嬉しいですね~
【8月5日(月)-7日(水)】 
有明ビッグサイトにて居酒屋産業展(インターフードジャパン)に出店
こちらは”東の食の会”というNPOさんのご好意で、
そちらのブース内に参加させて頂きました。
他にも宮城県の八葉水産さんや木の屋石巻水産といった
水産加工品メーカーさんも出店されていました。 このイベントは、居酒屋産業展というように飲食店の経営者や
料理人の方が集まる日本最大の展示会でして、
当ブースでは3日間の合計で600人もの方に
ほやの塩辛や三升漬などを試食して頂きまして大変好評でした。

時間に余裕のあるときには、“ほやの認知度アンケート”を
90名ほど取らせて頂いたのですが、
9割以上の方がほやを食べたことがあるということで、
全国的にも居酒屋業界内では充分にほやが認知されていることを確認できました。   【8月8日(木)-9日(金)】 
仙台市内五橋(いつつばし)フェスティバル出店
こちらは三陸オーシャンの起業時からお世話になっている
NPOファイブブリッジさんが主催するイベントでして、 三陸オーシャンを立ち上げて4年目となる2008年より
毎年参加しているものです。
今年は天候に恵まれたこともあり2,000人くらいの人出でにぎわいました。
汗だくでしたが、顔なじみの方々がたくさん来ていただき、嬉しいひと時となりました。
【まとめ】 このイベント三連発でなんと述べ900人くらいの方に
試食も含めてほやを食べて頂きました!
ほやを見るのも初めての人、宮城県人だけどホヤは食わず嫌いだった人、
三陸オーシャンのほや加工品を始めて食べる人とと、
ほや初心者の方はそれぞれありますが、
”ほやってこういう味なんだ!”とまずは知って頂けたこと、
それが大変に嬉しいです。

ただ、残念なことに三陸オーシャンが今はお出しできるのは、
北海道の赤ホヤを使った加工品のみ。 子供の頃からほやを食している私にとっては、本当のほやの味とは違うのです。 しかし来年の今頃には三陸の真ぼやを皆さんに提供できます! 2014年は震災で壊滅状態となった三陸ほやの復活元年。 来年は本当の三陸のほやで、
全国にほやファンを増やせるように頑張りたいと思います。

最後になりますが、今回も各地で延べ16人の方にアシスタントとして
運営を手伝っていただきました。出資者からの応援もあり、成果も上々でした。
みなさん、暑い中ご奮闘いただき、厚く御礼申し上げます。
皆さんからのご支援を励みとして、精進します。
本当にありがとうございました。



===============
セキュリテ被災地応援ファンド 5社が募集中です
http://oen.securite.jp/