概 要


ごあいさつ

この度、兵庫県内の加古川市、稲美町、播磨町の1市2町は、セキュリテのふるさと投資の仕組みを活用し、地域活性化に貢献する事業者の新たなプロジェクトを選定・支援し、成長・発展に導くことで地域のブランド化や地方創生の推進を目指します。ファンづくり、新規顧客開拓、PR、資金調達に、ぜひご活用ください。

加古川市長 岡田康裕

加古川市長 岡田康裕

加古川市は、域内(加古川市・稲美町・播磨町)の特色を生かしたビジネスプランやアイデアの実現にチャレンジする事業者を募集しています。
クラウドファンディングによる資金調達を通じて、新たな商品開発、販路拡大、ローカル・ブランディング、新事業創出等の新たな事業展開に取り組み、共に夢と希望に満ちた魅力あふれる元気なまちを実現しませんか。

稲美町長 古谷博

一市二町連携の取り組みとして、稲美町内の事業者の皆さまにおかれましては、ぜひ、この支援事業にご参加いただき、加古川市、播磨町、稲美町の魅力を全国へと発信し、応援をいただくことで、これまで以上に活気ある地域へと発展させてまいりましょう。

稲美町長 古谷博
播磨町長 清水ひろ子

播磨町長 清水ひろ子

地方創生の実現に向けまして、一市二町内において、新たなことにチャレンジしたい志のある事業者の皆さまをお待ちしております。
播磨町内の事業者さまにおかれましても、自由な発想とふるさと愛をもって、この東播磨地域の魅力を一緒になって発信していけたらと思っています。

ふるさと投資とは


仕組み図

「ふるさと投資」は、地方創生につながる事業に対する小口投資で、地方公共団体や金融機関等との連携・調和を重視していることが特徴です。政府は2014年10月、内閣府地方創生推進室内に「ふるさと投資連絡会議」を設置。法制度や先進事例をまとめたガイドラインを2015年5月に策定するなど、都市から地方へ、さらには地域内での新たな資金循環を促す仕組みとして早期普及を目指しています。現在、「ふるさと納税」の投資版として注目が集まっています。

本プロジェクトでは企画コンペを通じて、セキュリテを運営するミュージックセキュリティーズ株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)が「クラウドソーシング等導入支援業務」の受託事業者として加古川市から選定されています。

特徴
  • 投資された資金は、事業計画に基づき、加古川市・稲美町・播磨町の地方創生の推進に使用されます。
  • ファンド期間中(ファンド毎に設定。1-5年度程度)の対象事業の売上に応じて分配金が戻ります。
  • ファンドを活用した事業者から域内の特産品、サービスの招待券などを特典としてお届けします。

近畿エリアのファンド事例

ファンド


ふるさと「はりま」応援ファンド

あなたが選ぶ美味しい米農家ファンド  受付終了

米は、品種でも産地でもなく、「農家」で選ぶ時代! 米コンテストの審査員になって、自分好みの米農家と出会うファンド

一口金額 ¥21,600
総額 ¥8,400,000
ふるさと「はりま」応援ファンド

大浦ミートの志方牛ファンド3  運用中

大浦ミートのファンド第2弾は、加古川市志方町の地域ブランド「志方牛」。目利きの選ぶ牛肉をジューシーなローストビーフやハンバーグに焼き上げて全国へお届けします!

一口金額 ¥32,400
総額 ¥4,200,000
ふるさと「はりま」応援ファンド

大浦ミートの志方牛ファンド2  運用中

大浦ミートのファンド第2弾は、加古川市志方町の地域ブランド「志方牛」。目利きの選ぶ牛肉をジューシーなローストビーフやハンバーグに焼き上げて全国へお届けします!

一口金額 ¥32,400
総額 ¥4,200,000
ふるさと「はりま」応援ファンド

別亭志方亭 志方牛ファンド  運用中

安心安全健康な牛をお召し上がりいただくため、子牛の仕入れ・肥育監督・解体・調理、提供までを一手に行う事業に挑戦します。

一口金額 ¥32,400
総額 ¥1,050,000
ふるさと「はりま」応援ファンド

ネオ・ニッセイ 自然栽培生鮮野菜ファンド  運用中

昨年から自然栽培に取り組みはじめた(有)ネオ・ニッセイ。野菜の栄養価や風味を残したいという想いから、今回の加工品開発を機に設備費用をファンドで募集します。

一口金額 ¥16,200
総額 ¥1,050,000
ふるさと「はりま」応援ファンド

加古川 うらいの黒毛和牛ファンド  運用中

創業70年以来一度しか広告を打っていないにも関わらず、口コミで人が集まるお肉屋さん『うらい』。今回はファンドで集めた資金で牛を購入し、特典は熟成ローストビーフをお届け。

一口金額 ¥21,600
総額 ¥3,000,000
ふるさと「はりま」応援ファンド

鉄板焼割烹りんどう レストランファンド  運用中

加古川の隠れた魅力って、どこで入手したらいい?加古川の魅力を教えてくれる日本料理店PRファンド

一口金額 ¥10,800
総額 ¥3,100,000
ふるさと「はりま」応援ファンド

漁師が育む 一番摘み海苔ファンド  運用中

1年に1度しか収穫されない極上一番摘みの海苔をお届け

一口金額 ¥16,200
総額 ¥2,100,000
ふるさと「はりま」応援ファンド

大浦ミートの志方牛ファンド1  運用中

大浦ミートのファンド第2弾は、加古川市志方町の地域ブランド「志方牛」。目利きの選ぶ牛肉をジューシーなローストビーフやハンバーグに焼き上げて全国へお届けします!

一口金額 ¥32,400
総額 ¥4,200,000

募集要項


応募資格
域内に主な事業所を有する事業者※、または域内における地⽅創⽣に資するプロジェクトの展開を予定している事業者
※事業者とは、中⼩企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項に規定する中小機業者を指します。なお、特定⾮営利活動法⼈、ボランティア団体、財団法⼈、社団法⼈等は対象外となります。ただし、購⼊型クラウドファンディングによる資⾦調達を⽬指す場合は、法⼈格を問わず対象となります。
対象となるプロジェクト
域内において地⽅創⽣に資するプロジェクトで、次の要件を満たすもの。

(1)域内の特⾊を⽣かしたプロジェクトであるとともに、地域経済の活性化や地域のブランド化、ひいては希望と活⼒に満ちた魅⼒あふれる地域の実現に寄与するもの。
(2)クラウドファンディングによる資⾦調達を図り、プロジェクトの認知度の向上やファンづくりに取り組むことで、応援者とのつながりを深め、地域に対する愛着や誇りの醸成に寄与するもの。
(3)調達を⽬指す資⾦規模が、概ね300万円以上(購⼊型の場合は50万円以上)であり、かつ当該プロジェクトにおいて新たに発⽣する経費を資⾦使途とするもの。
【事業分野の例示】
漁業・水産加工、食品製造、酒、農業・畜産・林業、製造、広告・出版、ファッション・工芸、化粧品、小売り、音楽、観光・宿泊、スポーツ、飲食店 など
支援内容
(1)クラウドファンディングによる資⾦調達の実現に向けた⽀援を受けることができます。
(2)域内外から出資者を募ることでプロジェクトの認知度の向上やファンづくりを実現することができます。
(3)プロジェクトに係るコンサルティングやPR活動など幅広い⽀援を受けることができます。
採択予定企業数
8社程度
受付期間
随時募集中
申請書類
申請様式は加古川市ホームページもしくは特設サイトからダウンロードしてください。
・事業計画申請書(様式1)
・事業計画書(様式2)
・個⼈情報の取り扱いに関する同意書(様式3)
・企画書(任意提出)
・会社概要書(パンフレット等)
・商業登記簿謄本⼜は履歴事項全部証明書(原本)【法⼈の場合】
・申請者本⼈であることが確認できる書類の写し(運転免許証等)【個⼈の場合】
・事業計画の内容が分かる資料(任意提出)
・許認可を伴う業種であれば許可書の写し
・最近3ヵ年の決算書類写し(税務申告書、決算書及び勘定科⽬明細、税務署受付印のあるもの)【法⼈の場合】
・最近3ヵ年の⻘⾊税務申告書(収⽀内訳書含む、税務署受付印のあるもの)【個⼈の場合】
提出先
〒675-8501
加古川市加古川町北在家2000
加古川市役所 企画部 政策企画課
※申請に必要な書類を持参または郵送にて提出ください。郵送の場合、封筒の表⾯に「ふるさと『はりま』応援ファンド 事業計画申請書在中」と朱書きしてください。なお、提出された書類は、返却いたしません。
選考結果
申請者へ選定結果を通知します。


募集に関するお問い合わせはこちら
お申込みの詳細・申請書のダウンロード

地域の特色


加古川市

加古川市

加古川市は兵庫県南部の播磨灘に面し、播磨平野を貫流する一級河川加古川の河口に広がる豊かな自然に囲まれた地域に発展してきました。 古来より受け継がれてきた自然・歴史・文化を大切にしながら、都市的な利便性をも兼ね備えたまちづくりに取り組み、「いつまでも住み続けたいウェルネス都市 加古川」の実現を目指しています。

加古川観光協会

稲美町

稲美町

稲美町は、88ヵ所のため池と、田園広がる緑豊かな自然に囲まれたまちです。また、神戸市、加古川市、明石市、三木市に隣接しており、都市に近いということで、ベッドタウンとして発展してきました。自然環境が豊かで子育て施策なども充実しており、住む人の夢と希望をかなえるまちをめざしています。

稲美町HP

播磨町

播磨町

播磨町の面積は、兵庫県下で一番小さいまちですが、現在も人口が増え続けており、県下のまちでは一番多い3万4700人が住んでいます。福祉、教育の施策に重きを置き、子どもから高齢者まで、すべての世代にとって住みやすく、誰もがいきいきと生活し、きらきらと輝いていられるようなまちを目指しています。

播磨町HP