お知らせ 老舗工具箱メーカーが挑む越境ECファンド2021年12月

お知らせ2021年12月7日 13:42

インスタ1.2万人フォロワー様突破

こんにちは、東洋スチールです。2020年8月にフォロワー0からはじめた東洋スチールのInstagram。定期的なブランド発信・新商品情報の提供・新たな工具箱のご用途提案などを行っており、2021年5月には5,000人→6月には6,000人→7月には7,000人…と月1,000人ペースでフォロワー様が増え続けており、12月は遂に12,000人に到達しました!

TOYO STEELインスタグラム:東洋スチール(株) TOYO STEEL Co., Ltd.(@toyosteel) • Instagram写真と動画

この記事だけを表示

お知らせ2021年12月7日 13:20

事業の進捗

東洋スチールは2021年2月、自社ホームページに越境EC機能を盛り込み、リニューアルしました。
https://www.toyosteel.jp 開設から約10か月の経過を、ご報告いたします。

・・・
 
 
▲自社ECとオンラインモールの売上高推移
2021年2月に自社ECをオープン以降、順調に売上高は増えており、4月にはオンラインモールの月間売上高の3分の1に到達、7月以降は2分の1を突破し、11月末時点ではその差わずかに迫っています。オンラインモールの売上高は、約10年の積み重ねによる数値ですが、初年度から早くも自社ECがその数値を追いかけていることが確認できます。

 
▲自社ECの売上高割合 
上記の円グラフは、自社ECの売上を日本と、それ以外で比較したものです。海外の売上構成は、主にアメリカ。続いてイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、スウェーデン、イタリア、南アフリカ共和国となっています。開始10か月、既に海外8か国への越境販売実績を作りました。



▲平均注文個数の比較
自社ECサイトで越境販売をしている中で感じる、顧客特性の違いは、平均注文個数です。海外からの平均注文個数は3.2個。日本国内の1.6個と比較し2倍もの開きがあります。海外ユーザーはおまとめ買い需要が高いことがわかってきたため、海外向け施策の中ではこの特性を加味しています。

・・・

ブランドコミュニケーションと、デジタルマーケティング、戦略的な広報活動が、効果的に新規チャネルの売上成長を支える。
順調に自社ECの売上が伸びている理由を、企画・マーケティング・広報担当の君岡からお伝えします。
 


▲東洋スチール 企画・マーケティング・広報担当 君岡茜

「大きくは2点あります。1つ目は、心を込めた戦略的なグローバルなブランド・コミュニケーションの実施。2つ目は、効果的なWEB広告・LPの構築・メールマーケティングなどデジタルマーケティング施策の実践です。東洋スチールのEC事業では、2021年の2月以降、勢力的に毎月様々な施策を実行しました。

EC限定色の商品化や、国内外のデザイナーズコラボ商品の販売、B2Cのお客様と共に企画したブランドステッカーのプレゼントキャンペーンも大変ご盛況でしたし、米国向けにローカライズした内容でのメルマガ配信も沢山の東洋スチールファンの方々と繋がるきっかけになりました。また今年初の取り組みで海外向けブラックフライデー・ホリデー施策も大きな効果を生みました。インダストリアル・プロユースの市場のみならず、新たな雑貨市場開拓のためのコンテンツ構築やクリエイティブな商品ご用途提案、Instagramでの継続的なコミュニティ作りなど、継続的に世界へ発信していました。

これらは施策の一部ですが、様々な取り組みが複合的に作用し、相乗効果を以ってEC事業の成長を支えたと考えます。会社全体でみるとこれらの施策はまた、月ごとの法人インバウンドセールス問い合わせ件数を大きく増加させ(以前の月10倍)、2021年2月のHPの開設以来東洋スチールは毎月、新聞・雑誌・大学・政府系金融機関・商工会議所など、各方面のメディアにご取材戴くなどの機会にも恵まれました。高い商品力の工具箱と、魅力あふれる東洋スチールの、100年企業に向けた更なる飛躍を支えるプロジェクト「ブランディングとITを用いた経営戦略」。2021年は自社ECの成長があり、また会社全体のPRを飛躍的に行うことができました。これからも、東洋スチールが世界に向けて、100年企業に向けて成長していけるよう、是非応援して戴けますと嬉しいです。」

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2022 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.