お知らせ 骨盤底筋トレーニング機器の開発ファンド2021年01月

お知らせ2021年1月30日 09:00

(株)TOLIMS 事業紹介

こんにちは、(株)TOLIMS統括マネージャーの片野友貴と申します。
本記事では弊社の事業についてご紹介をさせていただきます。

(株)TOLIMSは、東北地域の優れたライフサイエンス製品を海外に展開するマーケティングソリューション企業として、2016年3月1日に岩手県盛岡市にて設立しました。

TOLIMSウェブサイト

岩手県は自動車や半導体のイメージがありますが、現在「新しく」「優れた」「価値のある」製品の開発・製造を行う地元企業を中心としてTOLIC (Tohoku Life science Instruments Cluster)というコンソーシアムを組んで、企業間連携や産学官金連携を通して新たなライフサイエンスの産業集積を形成する取り組みを進めています。

TOLICウェブサイト

弊社はその中で、先日の記事でご紹介させて頂きました(株)アイカムス・ラボのグループ企業、そしてTOLIC発第1号のベンチャー企業として、主にライフサイエンス製品の横断的な海外展開を行っております。

具体的には、
新規顧客を獲得するための海外展示会出展
展示会出展を通して得た顧客情報へのアプローチ・契約提案・受注獲得
受注製品の海外輸出
納品後の代理店やエンドユーザへのアフターフォロー・市場調査
が主な業務となっており、全世界のお客様と日々コンタクトしています。



現在はコロナウイルス感染症の拡大により、海外渡航をすることは難しくなってしまいましたが、中国とインドのコンサルティングパートナーと連携して現場ベースの市場開拓に取り組んでおります。

また、実はTOLIMSは製造業としての一面も持っています。
TOLIC企業間の技術を融合して新たな製品の開発も行っており、その成果の一つが「液滴計測システム」です。従来は液体も重さを測定して量を測っているのですが、この技術は北上市にある(有)イグノスという会社の独自画像処理アルゴリズムと(株)アイカムス・ラボのメカ技術を融合して、画像処理で液体の体積を測定するものです。



医療の研究の世界やコロナウイルス感染症のPCR検査において、1uL〜10uLという微量の液体を取り扱っているのですが、微量が故に相当な手技が必要で、さらに温度湿度の影響により液体が蒸発してしまいます。この技術では液滴が落ちた瞬間を高速カメラで撮影し、リアルタイムで体積を計算するため手技や環境に因われず高精度な測定できるようになります。現在この技術は、JISやISOといった測定方法の標準化に向けて経済産業省の事業を活用して取り組みを進めています。

岩手から直接海外に販売できる強味を活かし、高度な研究や様々なユーザのニーズに応えるマーケティングソリューション企業として事業を行って参ります。皆様の引き続きのご支援をよろしくお願い申し上げます。

この記事だけを表示

お知らせ2021年1月25日 19:00

㈱アイカムス・ラボのご紹介

こんにちは、㈱TOLIMSと㈱アイカムス・ラボ代表取締役を兼務しております片野圭二と申します。

本事業は㈱TOLIMSが商品化致しますが、親会社である㈱アイカムス・ラボが開発と量産をサポート致しますので、当社も少しご紹介させていただきたいと思います。https://www.icomes.co.jp/
㈱アイカムス・ラボは2003年5月「岩手大学発ベンチャー」として、産学官連携をベースに世界に秀でるものづくり開発会社を目指して設立されました。
当社のコア技術は、岩手大学の精密金型技術と共同開発した、一つの歯の大きさが約0.1mmの世界最小のプラスチップ歯車減速機の技術で「マイクロアクチュエータ」という小型精密機械装置を製品化致しました。
本装置は、一眼レフカメラや計測器等の各種精密機器に搭載されておりますが、近年は医療・バイオ分野の各種ライフサイエンス機器にも搭載されております。
/data/blog/archive/original/50986.jpg
また、当社は世界最小・最軽量で高精度を特徴とした電動ピペット「pipetty」を開発して、6年前から販売しております。
最近は、新型コロナの重大な問題により、海外の販売が増えておりますが、㈱TOLIMSはその海外の販売とマーケティングを担当しております。
/data/blog/archive/original/50987.jpg
本事業の「骨盤底筋トレーニング機器」も㈱アイカムス・ラボの技術で開発・量産の協力を得て、㈱TOLIMSが製品化して国内外に販売することにより、連携して排便機能障害の医療課題を早期に解決して参りたいと思います。

 

この記事だけを表示

2021年1月18日 15:20

募集開始のご挨拶

皆様
 
この度、「骨盤底筋トレーニング機器の開発ファンド」の募集を開始致しました。
株式会社TOLIMS、代表取締役の 片野圭二と申します。

当社は、2016年岩手県盛岡市に設立した、東北のライフサイエンス機器を海外に展開するマーケティングとソリューションする会社です。
また、電動ピペットの吐出する液滴をカメラで撮影して、画像処理により液量を計測する装置を開発し、製造・販売もしております。
 
本事業は、肛門疾患の治療を行っている大阪中央病院の錦織英知医師からの提案に基づき、便秘や便失禁等の排便機能障害に苦しんでいる医療課題に対して、大阪工業大学名誉教授の小山先生の骨盤底筋計測技術を活用することで課題解決する、正に「医工連携」の製品開発になります。
 
 排便機能障害は誰にでも現れる可能性がありますが、現状は患者さんが通院や治療に強い羞恥心を伴うため、治療を受けている方が少ない症例です。
そこで、自宅で手軽に骨盤底筋トレーニングを行うことで、排便機能障害に悩む患者さんの悩みを改善する製品を開発するために、皆さまからご出資を活用させていただきます。
 また、開発した製品は、国内はもちろん当社の強みを生かして海外にも展開して、世界の医療課題にも貢献することを目指します。 


株式会社 TOLIMS
代表取締役社長 片野圭二

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.